悪路も余裕❗スノーピークIGTを車内に組み込んだ本格オフローダーのキャンピングカー

2019.09.27 (閲覧数) 597

ランドローバー ディフェンダーを所有して16年。1年前までははルーフテントを積んで海や山へ出かけていました。

3年程前にWebで見つけた南アフリカ製のポップアップルーフがどうしても欲しくなり、輸入方法を調べたり、代行業者を探したり・・
1年半が経過した頃やっと取り扱いをしてくれる専門店が見つかり、すくにオーダーしました。
そしてディフェンダー110も年式の新しいものに買い替えすることに。

契約から輸入、取り付けまで半年かかり、1年前にやっと念願のルーフコンバージョンができました。
それから、スノーピークのIGTを使ったキッチンシステムや自分で輸入したパーツやガルウイングの窓を付けたりと手を加え、理想のキャンパーになってきました。

スノーピークのIGTを使ったキッチンは車内でそのまま使うのはもちろん、簡単に取り外して屋外で使えます。
アレンジもいろいろできるので、本格料理をするときは、高くセッティングして立って作ったり、またロータイプにして食べながらのんびり料理したり、時間の無いときはコンロは車の中そのままでテーブルだけ外に出したりと使い勝手も抜群です。
一見普通のSUVですが、キャンプ道具は全て積載済なので思い立ったらすぐに出かけることができます。

設営、撤収にほとんど時間がかからないので、海や山のアクティビティに使う時間も増え、のんびりする時間も十分に取れます。
またオーニングは270度サイドからリアまで展開できて風が弱ければ支柱無しでもOKです。

眺めの良いところがあれば車を止めてコーヒータイムを楽しんだり、時にはそのまま昼寝をしたり、悪路も気にならないのも最高です。


ochi110さん

ランドローバー ディフェンダー110を所有して16年。昨年、念願のルーフコンバージョンをしました。 パーツを輸入して取り付けしたり、市販で無いものは自分で作り、快適なキャンパー仕様にしています。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

ochi110さんの新着ユーザー投稿写真

新着ユーザー投稿写真

『 キャンピングカー 』新着編集部記事

おすすめ記事