MANASLU(マナスル)/マナスル96 | バーナー・燃焼器具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • タンク、バーナーヘッド、ゴトクに分解でき、コンパクトに収納可能。

    専用ナイロンケース付きで持ち運びにも便利。

    MANASLU(マナスル)/マナスル96

    まさに機能美。光り輝く真鍮製のクラシックストーブ。タンクは手のひらに収まる大きさなので軽量コンパクトなのもうれしい。マナスルには「96」「121」「126」の3種があり、96はもっとも小型。バーナーヘッドは、121/126と同じだが、中間パイプが短いのでセッティング時の高さが低め。

    MANASLU(マナスル)/マナスル96の詳細

    今から66年前、1957年に生産開始された日本ブランドのケロシン(灯油)ストーブ。発売前年に今西壽雄がマナスル世界初登頂という快挙を成し遂げ、その山名がモデル名として冠された。もともとはプリムスなどが手がけていたストーブを模したものだが、タンク内の無用な圧力を逃がす独自の安全弁を持つなど、機能性はアップしている。「マナスル 96」は最もコンパクトでソロキャンに最適。

    仕様スペック

    商品名 マナスル96
    ブランド名 MANASLU(マナスル)
    本体サイズ 直径160×高さ170㎜
    本体重量 660g(タンク本体・バーナー・三脚)
    使用燃料 灯油
    タンク容量 0.2L
    燃焼時間 約1.5 時間 

    問い合わせ先

    スター商事 03(3805)2651

    MANASLU(マナスル)/マナスル96 の関連記事

    ガソリンストーブ(ケロシンストーブ)なら寒冷地でも安定燃焼する

    20年間死蔵していたマナスル121の復活(パッキン交換)[読者投稿記事]

    キャンプに必要なグッズの選び方。定番や便利なもの、季節別に紹介

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 バーナー・燃焼器具 』新着編集部記事

    SOTO「ポケトーチ」を解説!使い捨てライターが強力バーナーに変身する優秀ギア

    2024.07.15

    ジェットボイル「ミニモ」の魅力を解説!気になる使い勝手もレビュー

    2024.07.13

    スノーピークの名品シングルバーナー5選。軽量シンプルで使いやすい!

    2024.07.10

    PRIMUS(プリムス)/2243AWクラシックトレイルストーブ 

    2024.07.01

    SOTO(ソト)/マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-331

    2024.07.01

    SOTO(ソト)/レギュレーター2バーナー GRID ST-526

    2024.07.01

    Montagna(モンターナ)/チャージ式スパークマン

    2024.07.01

    【ロングセラー】ユニフレームのツーバーナーが人気の理由!グループやファミリーにおすすめ

    2024.06.29