静岡県の絶対行きたいキャンプ場8選!「次世代」のイチ推しを厳選 | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプ場

    2023.06.25

    静岡県の絶対行きたいキャンプ場8選!「次世代」のイチ推しを厳選

    静岡県のおすすめキャンプ場

    No.1アウトドア情報誌『BE-PAL』スタッフが現地調査した静岡県でイチ推しのキャンプ場を一挙に紹介!クラフトビールの飲み比べなどができる「異業種参入型」、女性専用もあったりと個性派ぞろいの「個人が開業したキャンプ場」など、今年はぜひ「次世代」のキャンプ場でアウトドアライフを満喫してほしい。

    オーナーのこだわりが満載!個人開業のキャンプ場

    キャンプスタイルの多様化に伴い、急増中なのが自分で買った山や借りた土地、支援者から募った資金でのキャンプ場の開設。小規模ながら、オーナーの独創性が光る唯一無二の存在となっている。

    【1】伊豆市|CAMP BEAN

    住所:静岡県伊豆市大平1499-2
    メール:info@campbean.jp
    営業:通年
    予約:随時 
    テントサイト:約18 

    モデル料金(ソロ)2,000円

    image

    右:CAMP BEANオーナー 斉藤勇介さん 15年ほど前から焚き火にハマり、本当は家を買う予定だったのに、気付いたら山を買っていたという焚き火好き。1年半かけて開拓し、2020年にCAMP BEANをオープン。 左:『BE-PAL』本誌編集 早坂

    購入した山を1年半かけて開拓&大開放!野営できるキャンプ場

    ここ本当にキャンプ場なの? 案内されたのは、伊豆半島の北端に位置する、ナラが生い茂る美しい山。ところどころ平坦な場所があるけど、区画割りの線はないし、電源や水道、炊事場などといった人工物は見渡す限り存在しない。いわゆるイマドキのキャンプ場にあるべきものがない。山の中でひたすら焚き火に向き合えそうな、そんな空間。

    4年ほど前に、山を丸ごと購入して、自らの手でコツコツ開拓。2020年の2月にオープンさせた場所。もちろん、オーナーである斉藤さんも相当な焚き火マニア。ひたすら焚き火だけに特化したキャンプを15年ほど続けているという。

    「大昔、焚き火が嫌いで火のそばにいられなかった原始人は、野生動物に食べられたりしやすいから淘汰されたはず。だからいま生き残っている現代人は全員、焚き火好きがDNAに刻まれているのだ!」という、強烈な持論の持ち主でもある。そんな斉藤さんが作ったキャンプビーンには、類は友を呼ぶ状態で、焚き火やブッシュクラフトがDNAに刻まれたマニアックな常連たちが集まってくる。

    「お客さんからの要望があれば、基本的になんでも対応しますよ」
    というようにルールはヒジョーにユルい。

    オーナーの手ほどきで『BE-PAL』本誌編集・早坂がブッシュクラフト体験

    image

    ブッシュクラフトに使用する材料は、キャンプ場で譲ってもらうことも可能。

    image

    最初は恐る恐る斧を振るっていた早坂。地面に打ち込む杭をせっせと製作中。

    image

    穴を掘ってファイヤーピットを造成。石を敷き詰めておくと後始末がラク。

    image

    販売されている薪は広葉樹で1束500円という安さ。心置きなく燃やしまくれる。

    image

    使う道具は手斧とノコギリ、そして斉藤さんのお手製のウッドハンマー。必要最低限の道具だから、知恵と工夫がモノをいうのだ。「いやぁ〜 痩せちゃう!」

    相談すれば、本来サイトじゃないところに泊まることもできるというし、ブッシュクラフト用の丸太なんかも自由に持ち出し可能。もちろん直火もOKだ。
    リピーターが圧倒的多数で、サイト作りから手伝ってくれた長年の常連さんもいるし、なかには毎週来てコツコツとシェルターを作り、半分住んじゃってるような猛者もいるらしい。

    「山に簡易トイレを置いただけですし、飲み水もクルマの人は持参してもらうのが基本。Wi-Fi?それって焚き火するのに必要でしたっけ?」という斉藤さんのスタンスだから、不便さを理解してくれる人限定だ。

    ものの1時間で極上焚き火場完成!

    image

    ファイヤーリフレクターと、常連さんが教えくれた、変わり種焚き火に挑戦。

    image

    縦に半分に切った丸太をV字に組み、その上で薪を燃やす。炎が高く上がるのが特徴。

    image

    山の起伏を活かしたサイトになっているので、さまざまなロケーションから自由に選べる。ハンモックも吊り放題。「作業したら 疲れちゃった」

    本来のキャンプとはその不便さを楽しむものであったはずだ。いま失われつつあるそんな野営スタイルのキャンプがしたいなら、キャンプビーンに来るしかない。サイト間のスペースも儲けを度外視した広さだから、夜がふけると、まるで山奥にひとりきりになったような隔世感と静けさがある。そこには限りなくプリミティブで自由な焚き火世界が待っている――。

    他のキャンパーの作品が点在

    image

    作ったものは、基本そのままに。次に来た人が使ってもいいし、解体して作り直すのもアリ。ブッシュクラフトのヒントがそこかしこに。

    image

    お客さん同士の交流の場

    image

    もしも人恋しくなったらキャンパーズサロンに顔を出せばいい。そこはまさに好き者たちの溜まり場。マニアックな焚き火談義に花を咲かせるのだ。

    自分好みにこんなサイトまで作り上げられる!

    image

    なんと竪穴式住居(要相談)をブッシュクラフトした猛者もいるらしい。写真左は週末はほぼ住んでいるという常連さんのシェルター。自由だ。

    image

    image

    このキャンプ場のこだわり3か条

    1 焚き火で遊び尽くせるよう全サイト直火OKに!
    2 区画間スペースが広いから孤独に酔いしれられる
    3 常連さんになれば住んじゃうことも可能!

     

    ▶詳しく見る

    焚き火ストたちが集う極上の野営地があるらしい

     

    【2】田方郡|negura campground

    住所:静岡県田方郡函南町平井1689-55
    HP:https://linktr.ee/negura
    営業:通年(日・月曜休)
    予約:2か月前より*予約はオンラインのみ
    テントサイト:約30

    モデル料金(ソロ) 3,000円

    image

    negura campgroundオーナーの 渡部竜矢さん 。都内の金融系IT企業に13年間勤め’21年に退社。半年後の12月にはキャンプ場を開設。釣りとキャンプが好きで、フロンティア精神は北海道の開拓者である祖父譲り。「毎日変わる景色に 感無量です」

    クラファン支援の達成でスタートアップ!

    坂道を登りきった先に広がる絶景に思わず感嘆の声が漏れる。富士山に沼津アルプス、駿河湾まで一望できる、絶好のロケーション。ここは、伊豆の入口に位置する函南町に、2021年12月にオープンした「negura campground」だ。

    「1年かけてこの場所を探し当てました。毎日同じ場所に立ってみると、夕日の落ちる場所が日々変わることに気づく。都会で暮らしていたらこんな感動には出会えないんじゃないかな」
     
    オーナーの渡部さんは、7年前に東京からここ函南町に移住したが、新幹線で都内に通いIT関係の仕事をしていた。

    「もともと釣りやキャンプが好きで移住したんですけど、こっちで出会った友達は、デザインの仕事をやっていたり、木工で作品を作っていたりと自由業の人が多くて。自分も好きなことを仕事にしたい、と思いキャンプ場を作ることを決めました」
     

    開拓中も含めたら、総面積は2.1ヘクタールと広大!

    image

    展望抜群の草原エリア「tsudoi」「mujina」が2段に分かれ、その後ろの高台に林間の「komichi」「kokage」の2サイトが開放されている。

    image

    開拓前は雑草だらけ。

    image

    トイレの建設は地元の大工さんが協力者。

    image

    4日ほどかけて5〜6人でスコップを使って区画作り。重機に替えたら半日で完成。

    場所を探し当てたはいいが、当初の貯金は10万円。そこで、SNSを通してクラウドファンディングで資金を募ったところ、約1か月半で、1200万円の資金調達に成功(’21年9月)。しかも、集まったのはお金だけじゃなく、渡部さんの思いに共感した地域の人や技術者などの開拓仲間。すべての作業は極力DIYで、と公言していた渡部さんにとって、心強い味方だった。

    「大学生から50代後半の人まで。職業も地元の園芸屋さんや大工さん、重機会社の人もいたりして。わからないことがあってTwitterで呟くと、みんなが答えてくれる。クラファンとTwitterがなければ、こんなに早く夢を実現できませんでしたね」
     

    管理棟!? がキャンパーとの団欒場所

    image

    開拓作業後に焚き火を囲み、みんなでダラダラとコーヒーを飲みながら談笑するのが至福の時。

    直火ピットを囲んで豪快な焚き火も

    image

    草原エリアは石で囲まれたピットなら直火もOK。薪(ナラ、クヌギ、スギ)は、1㎏100円で販売。

    image

    そんな夢のキャンプ場だが、完成度は40%。現在も週末になると有志が集い、開拓を続ける。

    「僕はキャンプ場はロケーションが8割だと思っています。なので、ほぼすべてのサイトから富士山が見えるようにしたい。それでいて林間サイトには野趣を残し、トイレなどのインフラも高規格で快適に。今後は管理棟も建てたいですね」
     
    キャンプでテントを立てることはいわば巣作り。その巣作りから連想される「寝ぐら」からこのキャンプ場の名は”negura campground”と名付けられた。

    「neguraって、アウトドアの本質を表わす言葉のような気がして。これからも仲間と居心地の良いneguraを作っていきます」

    どこでも直火OKの林間サイトもあり

    image

    草原エリアからさらに上に上がると、木々に囲まれた林間サイトもある。ブッシュクラフトにおすすめで、どこでも直火ができる。

    image

    image

    施設&設備はみんなで手作り

    image

    ホースは樹皮で目隠し。

    image

    アイアン工房が協力して作ってくれた炊事場。

    image

    トイレは地元の大工さんとの共作。支援者の名前が定礎に刻まれている。

    image

    清潔感抜群の水洗トイレ。

     

    このキャンプ場のこだわり3か条

    1 自分だけでできると思わず迷わず周りに協力を仰ぐ
    2 拡散力とシェア能力が強いTwitterがメインツール
    3 景色、野趣、高規格のいいとこ取りがモットー

     

    ▶詳しく見る

    富士山も駿河湾も見え眺望抜群!地元の人も巻き込み作ったキャンプ場「negura campground」

     

    【3】伊豆市|CAMPGARDEN NADESHIKO

    住所:静岡県伊豆市湯ヶ島895-1
    HP:https://camp-nadeshiko.com/
    営業:通年 
    予約:2か月前より※予約はオンラインのみ
    テントサイト:4

    モデル料金(ソロ)5,000円〜

    image

    冷蔵庫からパウダールームまで完備

    古民家のような立派な建物がお出迎え。玄関先からは中の様子がまるで窺えない。まさに、セキュリティー万全とはこのことか(!?)。編集・梶原も「本当にキャンプ場ですか?」
     
    と不思議に思っている感じ。ここは昨年夏にオープンした、女性専用のキャンプ場だ。“テントってどうやって立てるの?” “火はどうおこすの?” “道具をそろえるのが大変”。そんな理由からキャンプに踏み込めない、初心者女性キャンパーのためのキャンプ場だ。

    「4サイトと狭いし、決して眺めがいいわけでもない。でも、こんなキャンプ場があれば、キャンプ自体の裾野は広がるし、練習する気分で来てもらえれば」
     
    と、オーナーの安永さん。たしかにガチキャンパーには物足りないかもしれないが、キレイなシャワールームやミスト完備のメイクルームまであったりして、さすが女性向けとうたうだけある。しかも、道具はすべてレンタルできるので、手ぶらで旅行感覚で行けるのもうれしい。

    「友達と女子会気分でキャンプしてみたい、なんてときにもピッタリですね。まずはここでしっかりと腕を磨いてきます!」

    CAMPGARDEN NADESHIKOオーナー安永正央さん

    image

    骨董品店だったスペースを改装してキャンプ場に。女子に人気が高そうなギアなど、目の付けどころは◎。「ナイフの扱い方や薪の割り方などは教えますよ」

    image

    ハンモックでくつろいだり、火おこしにチャレンジしたり、ひとりBBQを楽しんだりと、キャンプの楽しみをひと通り味わえる。

    image

    image

    手ぶらOK! 公共交通機関で行けちゃう

    image

    ソロテントは1,000円で別料金だが、そのほかのキャンプギアは1,000円で10個まで借りられる。調理道具や燃料、薪は別料金。

    image

    これを借りました!

    image

    ワゴン付きで荷物運びも楽々!

    安心安全、女性がうれしい設備も充実!

    image

    image

    いざという時の設備も!

    image

    お湯を使い室内で調理可能。

    image

    コインロッカーもあり。

    image

    自由に使えるハーブ!

    image

    調理道具は500円で使い放題。

    image

    メイクルームも完備。

    こちらのキャンプ場のこだわり3か条

    1 利用者が喜ぶサービスに特化した施設作り
    2 警備会社にも登録し、とにかく安心安全を徹底
    3 設営時は口を出さず、基本、見守るスタイル

     

    ▶詳しく見る

    初心者女性限定のキャンプ場が伊豆にあった!編集・梶原が早速チャレンジ

     

    【4】静岡市|magichour.camp

    住所:静岡県静岡市清水区由比入山 
    電話:090-9206-5788
    営業:通年(不定休)
    予約:3か月前より 
    テントサイト:5

    モデル料金(ソロ)11,000円〜

    シーズンにはホタルが見られる。完全オフグリッドの循環型キャンプ場

    地図には載らない秘密のキャンプ場。1区画10人までの5区画限定にしている。区画内ならテントは何張りでもOK。水は雨水を利用し、コンポストトイレ、明かりはソーラーライトと完全オフグリッドだ。希望者には10ℓの湧き水を用意。オーナーの打越文彦さんは就農し、自然から学びながら、その偉大さが伝わるキャンプ場を目指す。

    image

    敷地内には電線がなく、マジックアワーの美しさ、天然プラネタリウムが楽しめる。

    image

    富士山、駿河湾、伊豆半島が眺められる。

     

    ▶詳しく見る

    ソロ専用、完全オフグリッド、まるで秘境…オーナーのこだわりを感じるキャンプ場6選

    得意分野でおもてなし!異業種参入型キャンプ場

    アウトドアと親和性のある他業種の企業が、自ら開業したりプロデュースしたりと続々参入。独自のサービスや設備で、ひと味違うキャンプを提供している。

    【1】伊豆市|キャンプベアード

    住所:静岡県伊豆市大平1052-1
    HP:https://www.nap-camp.com/shizuoka/14084
    営業:通年(フリーサイト/火・水曜休、オートサイト/水・木曜休)
    予約:2か月前より *予約はオンラインのみ
    テントサイト:37

    モデル料金 5,500円〜

    image

    クラフトビールをとことん飲める!お酒好き垂涎のキャンプ場

    キャンプベアードは、クラフトビールのブルワリー、ベアードブルーイングが〝いかにクラフトビールを美味しく飲んでもらえるか〟をコンセプトに掲げ、2018年にオープン。

    「’14年にキャンプ場の跡地に醸造所を建て、できたてを飲んでほしいと思い開業しました」
    と、スタッフの神田航平さん。鮎釣りで有名な修善寺・狩野川のほとりに位置し、とにかく水がいいのが特徴。水道水は一滴も使わず、ビールの仕込みもすべて軟水の湧き水を使っている。原料となるホップの一部も敷地内で無農薬栽培され、夏には収穫体験もできる。まさに自然と一体のブルワリーだ。

    チェックイン時にウエルカムビール!?

    image

    受付はブルワリー3階のタップルーム。フリードリンクチケットが1人1枚もらえる。3階から見える醸造工房では、定期的にブルワリーツアーを開催。

    image

    image

    image

    「アウトドア好きやビール好きが宿泊でき、時間を気にせず施設内の自然を楽しめる、そんなビールと自然の楽園を目指したキャンプ場です」
    このキャンプ場の最大の魅力は、なんといってもできたての生クラフトビールをキャンプしながら楽しめること。今回は無類のお酒好き、編集・町田と、ラム酒専門バーに勤める高橋彩子さんが我こそは、と志願。
    まずはブルワリーのタップルームで受け付けを済ませる。ひとり1杯無料のフリードリンクチケットが手渡される。

    「早速、飲んじゃおっかな〜」
    目を輝かせるふたり。常時約20種類のビールが並び、どれひとつとして同じ味のものはない。

    「うちはビールを飲んでもらうことが前提なので、デイキャンプは受け付けてないんです。まずは味わってみてください!」

    できたてのクラフトビールがサイトに直行

    image

    瓶ビールを3本買うとバケツと氷付き。

    image

    4〜10月の土曜日にはサイト内のアウトポストでクラフトビールの量り売りも。

    image

    オリジナル鹿ソーセージも販売!

    image

    サイトは工場前に位置するフリーテントサイトとキャンピングカーサイト、少し離れた川沿いのオートサイト&キャビンサイトのエリアに分かれる。

    「グラウラーのリース(500円)をしているので、サイトへ生ビールを持ち帰ることもできますよ。もちろん、マイボトルをご持参いただいてもOKです」
    生ビールを1ℓ、瓶ビールも買い込み、川沿いのサイトに移動。テントの設営もそこそこに

    「まずは、カンパーイ!」
    「あ、売店で買った鹿のソーセージでも焼きましょうか」
    「あぁ、この香りはヤバイ。ビールが進んでしまう〜〜!!」
    川のせせらぎに身を委ね、否、ビールの川にドップリ漬かり、ご機嫌な一日が過ぎていく。

    3か所のサイトから好みの場所をチョイス

    image

    薪は針葉樹(¥500)と広葉樹(¥800)のほか、お得なミックスの薪ボックス¥1,500も。

    image

    フリーサイト。

    image

    下がオートサイト。

    このキャンプ場のこだわり3か条

    1 ビールをとことん楽しむためデイキャンプは禁止
    2 ビールの奥深さを知るブルワリーツアーを開催
    3 20歳未満のキャンパーのみの利用はNGを徹底

     

    ▶詳しく見る

    外で飲むクラフトビールがとにかくおいしい!お酒好き垂涎のキャンプ場に行ってみた

     

    「グッドロケーション」なおすすめキャンプ場

    全国の絶景が楽しめるキャンセル待ち必至の超人気施設を厳選してご紹介します。新規オープンした注目株を中心におすすめキャップ場をチェック!

    【1】富士宮市|FUJI CAMP VILLAGE

    住所:静岡県富士宮市猪之頭2227-1 
    電話:090-1634-2022
    営業:通年
    予約:3か月前の1日より 
    テントサイト:20

    モデル料金 8,000円

    image

    サイトから富士山が眺められる!

    2022年4月にオープンした個人開拓のキャンプ場。第1サイトは水遊び向きの小川が流れる区画サイト、第2サイトはワイルド系の林間フリーサイトで、富士山を眺められる。お湯の出る炊事場(第1サイト)、水洗トイレなど、管理が行き届き、快適!

     

    【2】伊東市|天城スカイラインキャンプ場

    住所:静岡県伊東市池895-81
    電話:0557-52-3250
    営業:2~12月 
    予約:2か月前の1日より 
    テントサイト:6

    モデル料金 7,000円

    image

    相模湾を一望。星空&朝日も魅力!

    標高800mの高原に2022年12月にオープン。サイトからは相模湾を一望でき、日の出も楽しめる。サイトは区画サイトとRVサイトの2種類。洗い場やトイレは少し離れた事務所内の設備を利用。少々不便だが、お湯の出る炊事場もあり、冬でも快適。

     

    「犬連れ大歓迎」のおすすめキャンプ場

    犬連れ大歓迎の人気キャンプ場を厳選してご紹介します。新規オープンした注目株を中心に犬連れさんにおすすめのキャップ場をチェック!

    【1】富士宮市|グランパパキャンプ

    住所:静岡県富士宮市猪之頭26-1 
    HP:https://www.gran-papa.com
    営業:通年
    予約:3か月前より 
    テントサイト:77

    モデル料金 5,500円〜

    image

    ノーリードで過ごせるドッグランサイトは全4区画。最大8名まで利用できる。

    image

    富士山を眺められるサイトも多い。

    広々! ドッグラン専用サイトも!

    平日は横浜でラーメン店を営むオーナーが、2021年春にオープン。サイトバリエーションが豊富なのが特徴で、柵などで囲まれたドッグラン専用サイトをはじめ、富士山が眺められるビッグサイトやウッドデッキサイト、渓流沿いの区画サイト、ぼっち区画などもある。クルマはサイトへ乗り入れできないが、近くに駐車場が用意されている。

     

    ▶詳しく見る

    BE-PALが厳選する春おすすめのキャンプ場26選!人気につき即予約がベスト

     

    ▶あわせて読みたい

    東海のおすすめキャンプ場15選!愛知県・岐阜県・三重県・静岡県で注目施設を厳選

    【2023年最新】関東のおすすめキャンプ場17選!「次世代」のイチ推しを厳選

    千葉県のおすすめキャンプ場10選!初心者向け、犬連れ歓迎など厳選

    【2023年最新】絶対行きたい全国のおすすめキャンプ場57選

    関西のおすすめキャンプ場13選!温泉付きの人気施設などを厳選

    NEW ARTICLES

    『 キャンプ場 』新着編集部記事

    バーベキューする人必見!おすすめのキャンプ場&準備すべき食材と下ごしらえのコツ

    2024.06.22

    ふもとっぱらキャンプ場の魅力は?『ゆるキャン△』の聖地を徹底解説

    2024.06.03

    レポ!宮崎県に初開業した「スノーピーク都城キャンプフィールド」へ行ってきた

    2024.05.29

    犬連れで思いっきり遊べるドッグフレンドリーなキャンプ場5選

    2024.05.22

    南国風、牧場風、ヨーロッパの片田舎風…まるで海外!な景色の良いキャンプ場8選

    2024.05.14

    標高の高いキャンプ場は?最北端にあるのは?キャンプ場なんでもランキング大発表!

    2024.05.13

    じゅんいちダビッドソン、国井律子ほかアウトドア達人22人が選んだ「忘れられない絶景キャンプ場」

    2024.05.12

    この星空は一生忘れられない! 夜空が美しい絶景キャンプ場15選

    2024.05.11