バーベキューは肉の量が重要!ゲスト満足度を高めるポイント | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2024.06.20

    バーベキューは肉の量が重要!ゲスト満足度を高めるポイント

    バーベキューの幹事を任されたら、まず考えなければいけないのが用意する肉の量です。必要な肉の量の見積もり方から、おすすめの肉の種類を紹介します。ゲストみんなに楽しんでもらうための、準備ポイントも参考にしてみましょう。

    バーベキュー用の肉の量を決める要素

    バーベキューでどれくらいの肉を用意すればよいか、悩むことは多いでしょう。肉の量は、参加者の内訳や用意する食材の種類によって異なります。

    人数・年齢など参加者の内訳

    バーベキューの準備をする際、最も重要なのは参加者の人数とその内訳です。具体的には、年齢・性別・お酒の有無などを把握しておく必要があります。

    肉の量の目安は、以下の通りです。

    • 男性:約300g
    • 女性:約200g
    • 小学生:約150~250g

    「また開催してほしい!」と感じてもらうには、腹八分目になるちょうど良い量を用意するのがポイントです。大人数のバーベキューでは、肉をこの8~9割程度の量にしてもよいでしょう。

    用意する食材ごとの割合

    バーベキューで提供する肉の種類は、主に牛肉・豚肉・鶏肉です。バランスよく楽しむためには、3種類の割合を考えることが大切となります。

    一般的な割合は、『牛肉:豚肉:鶏肉=6:2:2』です。例えば、夫婦と小学生の子どもの計3人なら、牛肉420g・豚肉140g・鶏肉140gくらいが目安になります。

    魚介類も加えたい場合は、肉の量を50~100gほど控えめにするとよいでしょう。各々が好みの食材を楽しむことができ、無駄なく食べ切れます。

    バーベキューにおすすめな肉の種類

    バーベキューで用意する肉の種類は、とても重要です。さまざまな種類の肉がありますが、その中でも特におすすめの肉を紹介します。

    BBQの王道!牛肉の部位

    バーベキューといえば、やはり牛肉です。特にカルビ・リブロース・モモの部位は人気が高く、それぞれ異なる特徴があります。

    カルビは薄く切られているため、火が通りやすく、すぐに食べられるのが魅力です。柔らかくてかみ切りやすいので、未就学児もパクパク食べられるでしょう。

    リブロースは霜降りの入りやすい部位で、とろけるようにジューシーな味わいが楽しめます。モモは脂肪が少なめなので、脂っこいものが苦手な人でも食べやすい部位です。

    子どもに大人気!フランクフルト

    フランクフルトやソーセージは人気が高く、ファミリーバーベキューではぜひメニューに加えたい食材です。ときどき転がしながら遠火でじっくりと焼き上げることで、外はカリッと、中はジューシーに仕上がります。

    串付きのフランクフルトは、箸をうまく使えない子どもでも食べやすく、お祭り気分を盛り上げてくれます。

    串が喉に刺さらないか心配な場合は、大きな渦巻き型になったトルネードソーセージがおすすめです。見た目の迫力があり、調理中から注目を集めるに違いありません。

    豪快に食べる!骨付き肉

    骨付き肉は骨からうま味がしみ出すので、シンプルな調味料でも格別な味に仕上がります。手づかみで豪快に食べ進める、まさにアウトドア向きの肉といえます。

    おすすめは、豚スペアリブやラムチョップです。スペアリブを塊で購入した場合は、前日に1人分ずつに切り分けておくとよいでしょう。

    ラムチョップは、中がうっすら赤いくらいが理想の焼き加減です。ハーブソルトをふってなじませておけば、香りが付くことで独特なにおいが軽減されます。

    骨付き肉は、お酒との相性も抜群です。いつものバーベキューがマンネリ化してきたら、メニューに加えてみてはいかがでしょうか。

    バーベキューを盛り上げる3つのポイント

    より楽しいバーベキューにする秘訣は、準備段階でちょっとした工夫をしておくことです。知っておくと得する、バーベキューのアイデアを紹介します。

    下ごしらえを前日に済ませておく

    バーベキューの下ごしらえは、前日に完了させておくのが理想的です。特に、野菜のカット・肉の筋切り・マリネ処理などは時間がかかる作業なので、前もって済ませておきましょう。

    当日はグリルに火を起こし、食材を網に乗せるだけの簡単な作業になり、調理時間の短縮につながります。一晩寝かせることでしっかり下味が付くので、肉のおいしさもアップします。

    下ごしらえをする際は、食材が傷むのを防ぐため、ビニール手袋を使用して食材に直接触れないように注意しましょう。

    現地での調理が驚くほどラクになる。BBQ食材の下ごしらえ方法

    漬け込みスペアリブの簡単レシピとは?絶品タレの作り方や漬け込み・焼き方の手順

    変わり種やデザートも加える

    肉や野菜だけでなく、変わり種のメニューやデザートを加えることで、予想外の楽しみが増えます。

    例えば、餃子の皮を使った一口ピザなら、作るところからみんなで楽しめます。お酒を飲むなら、塩気のあるアヒージョも人気が出るでしょう。

    餃子の皮を使った簡単アレンジレシピ15選!キャンプ飯にも家ごはんにも

    絶品アヒージョの作り方!キャンプでも家でもおすすめのレシピ13選

    デザートに、マシュマロやポップコーンを用意しておくのもおすすめです。どれも簡単に準備できるので、手軽にトライできます。

    マシュマロのアレンジレシピ12選!家でもキャンプでも楽しめるスイーツばかり

    ポップコーンのおすすめレシピ7選!基本の作り方から味アレンジまで

    手作りのタレで新鮮な味付けに

    定番の塩コショウや市販の焼き肉のタレもよいですが、手作りのタレで個性的な味わいを楽しむのもおすすめです。

    アジアンテイストのスイートチリソースや、香りが食欲をそそる和風ガーリックソースなど、何種類かのタレを用意しておくと、食材ごとに異なる味を楽しめます。

    自家製タレは意外と簡単に作れて、材料を混ぜるだけで完成するものも少なくありません。コストを抑えながらも、バーベキューが一層特別なイベントに感じられるでしょう。

    切って混ぜるだけの万能バーべキューソースレシピ9選

    まとめ

    バーベキューで用意する肉の量は、参加者の年齢・性別や、お酒の有無によって変わります。肉の種類の割合は、牛肉・豚肉・鶏肉を6:2:2が基本です。

    当日は飲み物やグリルの準備で忙しくなるので、食材の下準備は前日に済ませておくのがおすすめです。肉や野菜のほかにも、デザートを用意しておくとよいでしょう。

    また、タレを数種類作ると、味に飽きがきません。手作りならコストを抑えられるので、次回のバーベキューで挑戦してみてはいかがでしょうか。

    あわせて読みたい

    【とにかく今、ジビエが熱い!#1】 ジビエ・プロフェッショナルのBBQがヤバすぎた!

    【とにかく今、ジビエが熱い!#1】 ジビエ・プロフェッショナルのBBQがヤバすぎた!

    【レシピ】鉄鍋で豪快に炊き上げるパエリア

    【レシピ】鉄鍋で豪快に炊き上げるパエリア

    BBQで大盛り上がり!「噴水フルーツポンチ」を作って夏のアウトドアを楽しもう!

    BBQにオススメの節約キャンプ飯!やわらか鶏むね肉の塩麹漬けレシピ

    BBQにオススメの節約キャンプ飯!やわらか鶏むね肉の塩麹漬けレシピ

    BBQのマル秘デザートを公開! やみつき「オレオのベーコン巻き」

    BBQのマル秘デザートを公開! やみつき「オレオのベーコン巻き」

    100均(セリア)の焼き鳥台を使って簡単BBQ。7色の夏野菜で「なないろベジ串」レシピ

    100均(セリア)の焼き鳥台を使って簡単BBQ。7色の夏野菜で「なないろベジ串」レシピ

    アウトドアスパイス3大銘柄を徹底比較!キャンプ飯を一番美味しくするのはどれ?

    アウトドアスパイス3大銘柄を徹底比較!キャンプ飯を一番美味しくするのはどれ?

    【アウトドア料理】ブラックポットが最高の肉料理を仕上げてくれる! ~前編~

    【アウトドア料理】ブラックポットが最高の肉料理を仕上げてくれる! ~前編~

    豪快な肉のキャンプ飯23選!肉の種類別に簡単おすすめレシピを紹介

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    食べて夏バテ予防!レモンで作る簡単キャンプ飯レシピ2選

    2024.07.16

    大人気「缶つま」!今すぐ食べたくなるおすすめ缶つま&絶品アレンジレシピを紹介

    2024.07.15

    ソトでも使いやすい!チューブタイプの「ほりにし監修 ぷちぷちレモンマスタード」が出た

    2024.07.14

    キャンプ飯に最適!アイラップを活用した簡単そぼろ丼レシピ

    2024.07.14

    無印良品からキャンプにピッタリの新商品が出た!フリーズドライスープ全6種レビュー

    2024.07.13

    夏キャンプは自作の「クラフトコーラ」でちょっと贅沢な時間を過ごしてみませんか?作り方紹介

    2024.07.12

    簡単おつまみキャンプ飯20選!ビールやワインに合う最強レシピを厳選

    2024.07.10

    ビーフシチューのアレンジ10選!余ったシチューで簡単・美味しいレシピを!

    2024.07.10