【2024年】コールマンの2ルームテントおすすめ6選|小型からファミリー向けサイズまで | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    テント

    2024.05.03

    【2024年】コールマンの2ルームテントおすすめ6選|小型からファミリー向けサイズまで

    寝室とリビングが一体化した2ルームテントは、内部スペースが広く、1張りで設営が完成するなど、魅力がいっぱい。今回は、大人気アウトドアブランド「コールマン(Coleman)」が手がけるテントの中から、そんな2ルームテントに注目。初心者でも設営しやすいモデルや、グループ・ファミリー向けの大型サイズ、2~3人向けの小型サイズ、真夏も快適に過ごせるものや4シーズン対応のものなど、コールマンのおすすめ2ルームテントを一挙紹介する。

    貸しランプ業から世界的ブランドとなった「コールマン」


    1899年、創設者のウィリアム・コフィン・コールマンは、偶然通りかかったある店の窓に光り輝くランプを発見する。そのランプは、圧力をかけたガソリンがマントルという発光体に送り込まれて白い光を放っていた。それは、当時主流だった灯芯に燃料を染み込ませるランプとは比べものにならない明るさだった。その「エフィシェント」という名のランプにすっかり魅了された彼は、「機能しなければ代金不要」という貸しランプ業を始めた。

    そして1901年、地元ウイチタに本拠を構え会社としてスタートし、米国随一の古豪アウトドアブランドが誕生した。やがてランタンの加圧構造を応用したストーブのほか、ツーバーナーやクーラーボックスなどキャンプギアメーカーとしての地位を確立。現在は、ファミリーからソロ用までラインアップしているテントやシェード、バッグ&パック、アパレル製品まで展開する世界的総合ブランドに成長している。

    ▼参考記事
    アルトラ、バイオライト、コトパクシ…アウトドア大国・北米の14ブランドを一気に紹介!【A~C編】

    2ルームテントとは?

    2ルームテントとは、寝室とリビングが一体化したテントのこと。フライシートの内部にインナーテントと前室がまとまっているのが特徴だ。

    キャンプではドーム型やティピー型などのテントを寝るスペースとし、ヘキサ&レクタタープやスクリーンタープをリビングスペースとして、連結させて設営するのが一般的。その場合、2張り分の設営が必要だが、2ルームテントなら1つで済む。その分、見た目は大きく、キャンプ場でも存在感がある。

    2ルームテントの選び方

    サイズ

    2ルームテントには、ソロキャンプや少人数向けの2人~3人用の小型のものから、グループやファミリー向けの5人~6人用の大型のものまで、さまざまなサイズがある。

    例えば、大人2人、小学校低学年以下の子ども2人の計4人の家族で使用する場合、2人~3人用でもギリギリ寝られるが、5~6人用のものにすれば、テント内でよりゆったり過ごせる。人数だけでなく、どんな使い方をしたいかも考えてサイズを決めよう。

    天井の高さ

    天井が高いと、腰を屈めることなく立ったまま着替えや移動ができるため、テント内で快適に過ごせる。しかし、高さがあると横風の影響を受けやすいため、使用する場所に合った高さを考える必要がある。強風に危険性があるところでは、天井が低めのものを選ぼう。

    設営のしやすさ

    テントは細部の違いで、設営のしやすさが変わる。メーカーによっては、イラスト付きの丁寧な説明書があったり、ポールとスリーブを色分けしてどこに通せばいいかわかるようにしてあったりと、初心者でも安心して組み立てられるような工夫がある場合も。自分で組み立てられるかどうか、事前にチェックしておこう。

    耐水性・通気性

    屋外で使用する以上、急な雨に見舞われる可能性は十分にある。ある程度の雨でも安心してテント内で過ごせるよう、耐水圧は2,000mm以上のものを選ぼう。数値が高ければ耐水性は高まるが、その分通気性が悪くなり、結露の原因になるため、バランスが大切だ。

    テントの通気性は、暑い夏でなくても重要なポイント。ベンチレーション(通気口)やD型ドア、メッシュ窓などがあるとテント内の通気性が上がり、結露も抑えられる。出入り口やサイドを跳ね上げキャノピーにできるものなら、開放感もありテント内の換気もしやすくなる。

    その他のディテール

    フライシートの裾と地面の隙間を埋めるカーテン状のスカートが付いたタイプなら寒い冬にも外気の侵入が防げるため、オールシーズン使える。リビング部分にランタンを吊るすフックがあれば、暗くなってからランタンの置き場所に困らない。遮光性やUVカット性能のあるものなら、夏場の利用が快適になる。

    他にも、電気コードの取り込み口があるか、ダブルファスナーかどうかなど、ちょっとしたことで居住性の良さが変わってくる。購入の際には細かいところまでチェックしてみよう。

    ▼参考記事
    2ルームテントのおすすめ22選!設営の手間を省いて雨でも広々快適

    2024年新作!シンプルで設営簡単「トンネルシェルター/240」

    Coleman(コールマン)
    トンネルシェルター/240

    2~3人使用に最適なコンパクトな、シェルターにもなるトンネル型2ルームテント。3本のアーチポール&センターリッジポールのシンプルなフレーム構造で設営が簡単だ。

     

    ▼参考記事
    コールマンの2024年新作第1弾!ロングセラーテントの発売20周年を記念したリミテッドモデルが登場

    ファミリーやグループにおすすめ「タフスクリーン2ルーム TX/MDX」

    Coleman(コールマン)
    タフスクリーン2ルーム TX/MDX

    コットンのような風合いを持つ、耐久撥水加工済みのポリエステル生地「テックスファイバー」を使用した2ルームテント。広々としたリビング、4~5人が寝ることができる寝室と、ファミリーキャンプにおすすめ。

    ●設営サイズ:約560×340×H210cm
    ●収納サイズ:直径約35×74cm
    ●重量:約20.5kg
    ●耐水圧:約2,000mm(フライ・ルーフ・フロア)
    ●素材:【フライ】【ルーフ】75Dポリエステルタフタ(TexFiber、UVPRO、PU防水、シームシール、テフロン撥水) 【インナー】68Dポリエステルタフタ 【フロア】210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール) 【ポール】(リビング)アルミ合金 直径約16mm (寝室)アルミ合金 直径約14.5mm (リッジ)アルミ合金 直径約11mm (キャノピー)スチール 直径約19mm(180cm)
    ●付属品:ルーフフライ、キャノピーポール x 2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

     

    リビングスペースは、オープン・クローズ・メッシュなど、天候や気温に合わせてセッティングできる。写真はフルクローズ時。

    速乾性に優れ、カビの発生を軽減する高機能素材「テックスファイバー」を採用した4~5人用の2ルームテント。広々としたリビングスペースはレイアウトを考えるのも楽しい。付属のルーフライをかけることで、天井部の結露を軽減することができる。日差しの強い日には温度上昇を抑えてくれる役割も。

    冷気や虫の侵入を防ぐフルスカート、空気を効率的に循環させる大型サークルベンチレーションも装備。快適なキャンプのための機能が満載だ。

    吊り下げ式インナーテント。サイズは約300×250×H175cm。

    暑い時期はフルスカートを巻き上げて外気を取り入れることも可能。

    キャンプビギナーの『BE-PAL』編集部員が「タフスクリーン2ルーム TX/MDX」をレビュー!

    テントを試したのは…
    『BE-PAL』編集部
    カジハラ

    新卒入社で本誌配属となった。キャンパーとしても1年生。

     

    リビングの天井が寝室より高い!設営時間は2人で33:00。

    「TexFiber」というコットンのような風合いの新素材を幕体に使ったニューモデル。重くて車から取り出すのは大変だが、設営してみたら広いリビングと、高さ173cmの寝室があって、ゆったり団らんできる快適さ満点のスペースのでき上がり。

    封筒型寝袋を4つ並べられる。

    足を引っ掛ける心配のあるグランドテープは、設営後に片側をはずしてポケットに収納可能。

    フライ裾のスカートは、季節や天候などの状況に応じてトグルで留めておくことができる。

    スリーブ先端の色に合わせてポールを挿入すれば間違える心配なし。親切な工夫がありがたい。

    ▼関連記事
    Coleman (コールマン) / タフスクリーン2ルーム TX/MDX

    ▼参考記事
    ビギナー女性が設営に挑戦してわかった!おすすめ大型テント6選

    ビギナーにもおすすめ!スタイル自在な「タフスクリーン2ルームハウス/MDX」

    Coleman(コールマン)
    タフスクリーン2ルームハウス/MDX

    設営が簡単で、寝室もリビングスペースも広く、しかも手頃な価格であることから、ビギナーキャンパーに人気の2ルームテント。リビングの出入口が3面あるので、どのような形のキャンプサイトでも設営しやすい。

    ●設営サイズ:(約)約560×340×H215cm
    ●収納サイズ:直径約32×74cm
    ●重量:約17kg
    ●耐水圧:約2,000mm(フロア:約2,000mm)
    ●素材:【フライ】75Dポリエステルタフタ 【インナー】68Dポリエステルタフタ 【フロア】210Dポリエステルオックスフォード 【ポール】アルミ合金 スチール
    ●付属品:フライシート、インナーシート、リビングポール、寝室ポール、リッジポール、キャノピーポール、自在ロープ、スチールペグ、プラスチックペグ、ハンマー

     

    フルクローズした状態。

    ポールには耐久性に優れたアルミ合金を使用。クロスフレーム構造とアシスト機能のクリップで1人でも設営しやすい。メッシュ・オープン・クローズが選べるワイドなリビングスペースが備わっているため、天候や気温に合わせてスタイルを変えられる。キャノピーポール2本も付属。

    暑い季節は、リビングスペースの3面とインナー部分をメッシュやフルオープンにすれば風通しが良くなる。寝室とリビングの両方に、バッテリーランタン用のフックが付いているのもうれしいポイントだ。4~5人用で、広々としたリビングスペースはファミリーでもゆったり過ごせる。

    リビング側には虫の侵入を抑えるスカート付。

    ファスナーで開閉できる電源コード引き込み口も便利だ。

    ▼関連記事
    Coleman (コールマン) / タフスクリーン2ルームハウス/MDX

    真夏も快適なキャンプを「タフスクリーン2ルームエアー/MDX+」

    Coleman(コールマン)
    タフスクリーン2ルームエアー/MDX+

    涼しさにおいては実績のある、遮光生地を採用したダークルームエアーシリーズ。通気性能がアップして夏のキャンプがより快適になった4~5人用ファミリーテント。暑い季節のキャンプをより快適に過ごせるようにアップデートされている。LDX+とMDX+の2サイズの展開。

    ●サイズ:約560×340×高さ215cm、インナー/約300×250×高さ175cm
    ●収納サイズ:直径約34cm×74cm
    ●重量:約20kg
    ●付属品:ルーフフライ、キャノピーポール× 2、ハンマー、ペグ、ロープ、メッシュハンガー、収納ケース

     

    真夏でも涼しく過ごせるファミリーテント。操作性も抜群で初心者でも立てやすい。

    アシストクリップを使用してポールを固定しながら建てるので、設営が簡単。前室だけでなく寝室にも「クロスフレーム構造」を採用し、高い天井と広い室内空間を確保するとともに、強風にも負けない剛性を持たせる構造になっている。


    遮光性に優れた素材を使用し、光を90%以上ブロックするダークルームテクノロジーを、インナーのフライ部分とルーフフライに採用。真夏でも強い日射しをしっかりブロックしてくれる。さらにワイドエアメッシュを使用することで通気性は1.5倍に。


    大きな窓に加え、地面近くにも換気窓が付き、さらに天井にも! 外気を取り入れ、上部に淀んだ空気を速やかに排出してくれる。

    別売りの電動ファンを利用することで体感温度-5.0℃を実現する。

    仕様スペックインナーテント上部には別売りの電動ファンが取り付け可能。スイッチ操作で、換気、送風の切り替えが簡単にできる。

    ▼関連記事
    Coleman(コールマン)/タフスクリーン2ルームエアー/MDX+

    ▼参考記事
    夏のアウトドアを快適に!コールマンのファミキャン向けテントがリニューアル

    4シーズンに対応する最高峰シリーズ「4Sワイド2ルームコクーンⅢ」

    Coleman(コールマン)
    4Sワイド2ルームコクーンⅢ

    3世代目となる同製品と従来品との大きな違いは、両サイドのパネル(サイドキャノピー)がタープとして使用できるようになったこと。まるでキャンピングカーのサイドオーニングのように、広く日除けができ、テントの有効面積が上がってより広々と過ごせるようになった。キャノピーポールも付属する。

     

    インナーテントには、夏も快適なコットンポリエステルを採用。

    リビングのサイズは約405×400×220cmで、従来品と変わらず高い居住性がある。写真では奥にインナーテントが付いているが、反対側にもう1部屋をつけることができ、寝室を2部屋に拡張することも可能で、2家族や三世代でのキャンプも楽しめる。なお、1部屋目は付属するが、2部屋目は別売り。

    ▼参考記事
    【速報】コールマンの2020年新作は「テントの拡張性」に注目

    アレンジも便利なサイドウォール付き「4Sワイド2ルームカーブ」

    Coleman(コールマン)
    4Sワイド2ルームカーブ

    寝室部とリビング部を持つ4~5人用2ルームテント。風に負けない剛性、雨や雪に対応する素材や作り、盛夏でも快適に過ごせる換気&通気性能を併せ持つコールマンの最高峰モデル。インナーテントは通気性に優れ、冬には結露しにくいコットン混紡素材を使用。

    ●サイズ:フライ/350×580×H200cm、インナーテント/300×225×H185cm
    ●収納サイズ:83×34cm
    ●総重量:約24kg
    ●対応人数:4~5人

     

    リビングにある天窓は、全開して採光&換気、半開で遮光&換気、全閉で遮光の3段階に調節できる。

    氷点下になる冬から蒸し暑い盛夏まで、4シーズンに対応するモデル。フライ約3,000mm、フロア約10,000mm、ルーフ約3,000mmと、十分な耐水圧を持つ素材が使われ、広さと強度を両立した独自のフレーム構造を採用。

    テフロン防水加工が施されたフライシートの裏には、遮光性のあるポリウレタンコーティングが施されている。フライシートの裾全周にペグ留めできるスカートを装備しているので、冬は冷気の侵入を、夏場は不快害虫の侵入を防ぐことができる。

    前面パネルのサイドウォールを開いて本体と接続すれば、雨や風の吹き込みを防ぐことができる。

    前面の張り出しパネルには、さまざまなアレンジができるサイドウォール付き。張り出し用キャノピーポールは標準装備。

    ▼関連記事
    Coleman (コールマン) / 4Sワイド2ルームカーブ

    あわせて読みたい

    「2ルームテントは初心者向け」というのは本当か?真偽を調べてみた

    ‟設営が楽で広々”が目白押し!アウトドアギアベストバイ2022‐2023 「ファミリーテント編」

    【最新】No.1アウトドア雑誌が選んだ全国のおすすめキャンプ場57選

    【2024年】キャンプで人気のシェルター8選!アウトドアプロの推しを厳選

    2ルームテントのおすすめ22選!設営の手間を省いて雨でも広々快適

    2ルームテントのおすすめ22選!設営の手間を省いて雨でも広々快適

    Coleman (コールマン) / 【WILD-1別注】タフスクリーン2ルームハウス/MDX

    2021年スノーピーク新作情報!ゆったりと楽しむ超大型テントなど注目アイテム7選

    3位はスノーピーク、2位はコールマン、1位は…?いま売れているテント26選【ファミリーテント編】

    5年愛用して分かった!オガワの2ルームテント「アポロン」3つの魅力と難点

    CAPTAIN STAG (キャプテンスタッグ) / モンテ スクリーンツールームドームテント(5~6人用)

    Coleman (コールマン) / タフスクリーン2ルーム TX/MDX

    Coleman(コールマン)/タフスクリーン2ルームエアー/MDX+ 

    snow peak (スノーピーク) / エントリー2ルーム エルフィールド

    mont-bell (モンベル) / ムーンライト キャビン4

    ogawa (オガワ) / ティエラ ラルゴ

    Snow Peak(スノーピーク)/エントリーパックTS

    snow peak (スノーピーク) / ランドロック

    THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス) / ランダー6

    Snow Peak(スノーピーク)/リビングシェルロング Pro

    オガワテントの3つの魅力とは?人数別のおすすめモデル7選も紹介

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    山岳テント最強はどれ?ベストバイアイテムを徹底解析

    2024.05.26

    テントの種類はどのくらい?それぞれの特徴から選び方まで解説

    2024.05.21

    テントファクトリーは初心者に最適!注目のギアを厳選紹介

    2024.05.21

    風に強いテントの特徴は?おすすめの形状から風対策まで解説!

    2024.05.20

    テンマクデザイン「サーカス」テントが人気!おすすめモデルや使用例を紹介

    2024.05.13

    テンティピの魅力とは?おすすめテントほかブランドヒストリーも紹介

    2024.05.12

    【2024年】キャンプで人気のおすすめテント51選!アウトドアプロがレビュー

    2024.05.11

    ホールアースのテントおすすめ3選|ソロ用から大型2ルームまで人気モデルを紹介

    2024.05.11