おしゃれなテントで気分を上げよう。種類別の特徴と選び方を紹介 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

おしゃれなテントで気分を上げよう。種類別の特徴と選び方を紹介

2022.01.02

キャンプをするとき欠かせないアイテムの一つに、テントがあります。「せっかくテントを買うならおしゃれなものを選びたい」という人も多いのではないでしょうか。今回は、おしゃれなテントを種類別に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

おしゃれなテントの種類

ティピーテント

現在はさまざまな種類のテントが販売されており、その種類ごとに特徴も異なります。まずは、どのような種類のテントが存在するのか見ていきましょう。 

とんがり屋根の「ティピー型」

ティピー型は、アウトドア雑誌のおしゃれキャンパーを紹介する記事で目にすることが多いテントです。横から見ると三角形、真上から見ると丸型という、円錐型の構造になっています。

もともとは、アメリカの先住民が住居用として草原に立てていました。そのため、インディアンテントと呼ばれることもあります。

ティピー型テントの特徴として挙げられるのは、組み立てが簡単なことです。『ワンポールテント』とも呼ばれる通り、ポール1本で設営可能なため、キャンプ初心者やソロキャンパーにも向いているでしょう。周囲をぐるりとペグで打ち付けることで突風や強い風にも耐えることができ、風を受け流しやすいことも利点の一つです。

スタンダードな「ドーム型」

ドーム型は天井に丸みを持たせた形の、最もオーソドックスな形状のテントです。柱となるポールをまっすぐに立てるのではなく、湾曲に反らせることでテントの居住空間を広げています。大人1人が立っていられるほど頭上にゆとりのあるタイプもあるほど、窮屈感を感じにくい作りになっています。中で簡単な作業や着替えも可能なところが、使い勝手の良いテントであると言えるでしょう。

ドーム型は設営も簡単で、メインポールを2本クロスさせてスリーブに差し込むことで立ち上げることができます。慣れると1人でも設営できるため、ソロキャンパーからの人気も高いのです。

丸みを帯びた形は四方からの風を受け流し、山間部の変わりやすい天候にも耐えることができます。ただし、初心者から上級者まで選びがちな定番のテントなので、個性を出すにはちょっとした工夫が必要になります。カラフルなペグやかわいい形のデコレーションフラッグなどで他と差を持たせましょう。

室内が広い「トンネル型」

トンネル型は、フレームをアーチ状に並べて設置するのが特徴のテントです。独特な形状をしていることから、『イモムシ型』『カマボコ型』と呼ばれることもあります。

大人数用のテントとイメージされがちですが、最近では2~3人で快適に利用できるコンパクトなサイズも多く販売されるようになりました。

トンネル型テントの特徴としては、タープが必要ないことが挙げられます。多くのトンネル型テントは『前室』『寝室』の2部屋を確保できるため、テント一つだけでリビングと寝室両面の役割を備えています。もし雨が降っても、テントの開口部を閉じてしまえば中に吹き込むことがないため、天気が変わりやすい山の中でも快適に過ごせるでしょう。

山小屋のような「ロッジ型」

ロッジ型は、山小屋のようなフォルムをしたテントです。1970年代に流行したデザインですが、InstagramやTwitterなどのSNSで取り上げられることが増え、再度人気が高まってきています。デザイン性が高く、まるで絵本の世界から飛び出してきたようなフォルムは、写真映えすることでしょう。

切り妻屋根のような形状で、正面から見ると縦に長い五角形になっているテントが多いようです。普段生活している住宅のように、壁と天井が分かれているので、他のテントよりも居住スペースが広く感じるのも特徴です。ソファやテーブルなどの大きな家具も置きやすく、リビングルームをまるごと外に持ってきたような配置にもできます。家族やグループでのキャンプに向いているでしょう。

テント選びのポイント

テント

写真提供;DOD

テントにはいくつかの種類が存在するため、用途に合わせて最適なテントを選ぶことが大切です。ここからは、テントを選ぶときに着目すべきポイントについて詳しく見ていきましょう。 

利用人数に合ったサイズを選ぶ

テント選びにおいて最も重要といっても過言ではないのが、サイズです。利用人数に合ったテントを選ばなければ、快適に過ごせなくなる恐れもあります。

そのため、テントを選ぶときは必ず『何人用のテントなのか』をチェックするようにしましょう。ただし、ここで記載されている人数は、あくまでも『最大収容可能人数』です。

たとえば45人用』と表記されているテントを5人で使用すると、少し窮屈に感じられるかもしれません。ゆったりと過ごしたいときは、利用する人数プラス12人のテントを選ぶと良いでしょう。

耐水圧や通気性を確認する

テントごとに機能性は大きく異なるため、しっかりとチェックしておくことが大切です。特に注目すべきポイントとしては、耐水圧や通気性が挙げられるでしょう。耐水圧が高いテントほど、テントの裏に水が染み出しにくくなります。

たとえば、山にキャンプに行く場合は急に天候が変わる可能性も高いため、耐水圧の高いテントを準備しておくと安心です。耐水圧が1500mm以上のものをおすすめします。商品購入の際、スペックや表示をしっかりと確認しておくことが大切です。

また、夏場のキャンプでは熱が内部にこもりやすくなるため、通気性の良いものを選ぶと快適に過ごせるでしょう。

ティピー型のおすすめテント

ティピーテント

おしゃれ度の高いティピー型テントの人気商品を紹介します。価格や使い勝手などを比較し、実際に利用するシーンを想像しながら、自分にとってぴったりのテントを探してみてはいかがでしょうか。

フィールドア「ワンポールテント500

ティピーテント

フィールドアが販売している『ワンポールテント500』は、片側4人、両側合わせると8人が寝られる大型ワンポールテントです。家族やグループでの利用に向いています。ペグを打ち、ポールを立てるだけで設営できるので、キャンプ初心者にもおすすめです。

また、インナーテントは使用せずフライシートだけで設営すれば、シェルターとして利用することも可能です。フロアの有効面積も500cm×500cmと非常に広いので、ゆったりとして空間で快適に過ごせるでしょう。

  • 商品名:フィールドア「ワンポールテント500」
  • Amazon:商品ページ

ノルディスク「アルフェイム19.6

ティピーテント

ノルディスクが販売している『アルフェイム19.6』は、クラシカルなティピー型テントです。センターポール1本だけで設営できるので、キャンプ初心者でも利用できるでしょう。

また、トップにベンチレーションが搭載されているのも特徴の一つです。フロアを外せば、中で料理をしたり、小さな焚き火を楽しんだりすることもできます。

定員は2~7人なので、デュオキャンプやファミリーキャンプに最適なテントといえるでしょう。

  • 商品名:ノルディスク「アルフェイム19.6」
  • Amazon:商品ページ

ドーム型のおすすめテント

テント

(出典) unsplash.com

オーソドックスな形状のドーム型テントにも、魅力的な商品が多く販売されています。特におすすめのテントを二つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スノーピーク「アメニティドームL

スノーピークが販売している『アメニティ ドームL』は、入門用テントとして高い人気を誇るドーム型テントです。弾力性に優れた軽量のフレームを採用しているため、初心者でも簡単に設営できます。

スノーピークのテントシリーズの魅力は、地上高を最低レベルまで抑えていることです。また、シルエットも丸みを持つ部分が多いため、風がテントの上を通過しやすくなっています。つまり、風に強い構造が実現されているということです。

  • 商品名:スノーピーク「アメニティドームL」
  • 楽天:商品ページ

ロゴス「Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ

テント

ロゴスが販売している『Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ』 は、空気注入式構造が採用されたドーム型テントです。専用のポンプを使用して、空気を一箇所に入れるだけで設営できます。約100秒で完了するので、テント設営が苦手な人にとっては大きな魅力といえるでしょう。

また、別売りの電動ポンプを利用すれば、1人でも簡単に設営を行えます。電動ポンプを利用するときは、円滑に空気を注入できるよう、チューブを動かしながら空気の導線を確保するのがポイントです。

  • 商品名:ロゴス「Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ」
  • 楽天:商品ページ

トンネル型のおすすめテント

テント

(出典) unsplash.com

 独特な形状が特徴のトンネル型テントには、個性的な商品が多く存在します。おすすめのトンネル型テントを二つ紹介しますので、自分で利用する姿をイメージしてみてはいかがでしょうか。

ノルディスク「オップランド 3LW SI

テント

ノルディスクが販売している『オップランド 3LW SI』 は、非常に軽量な点が特徴の3~4人用トンネル型テントです。空気力学的なトンネル型ということもあり、通気性に優れている点が魅力といえます。

また、個性的な形状ではあるものの、構造自体はシンプルなので設営も簡単です。軽さを重視したい人、ゆったりとしたスペースでくつろぎたい人におすすめのテントといえるでしょう。

  • 商品名:ノルディスク「オップランド 3LW SI」
  • 楽天:商品ページ

ロゴス「グランベーシック 3ルームトンネルドーム WXL-BJ

テント

ロゴスが販売している『グランベーシック 3ルームトンネルドーム WXL-BJ』は、グランベーシックシリーズの第一弾として高い人気を誇るトンネルドームの進化系です。美しいフォルムを維持しながらも、3ルームに進化しました。

特徴としては、簡単にテントを設営できる点が挙げられるでしょう。2本のキャノピーポールを使って支えるだけで、タープとして自立するため、より居住空間をゆったりとさせることが可能です。

  • 商品名:ロゴス「グランベーシック 3ルームトンネルドーム WXL-BJ」
  • amazon:商品ページ

ロッジ型のおすすめテント

テントとキャンプ家族

写真提供:DOD

最後に、山小屋のようなフォルムをしたロッジ型テントのおすすめ商品を紹介していきます。居住スペースの広さが特徴のテントなので、ぜひテント内での過ごし方をイメージしてみてはいかがでしょうか。

S’moreHommi コットンテント」

S’moreが販売している『Hommi コットンテント』は、あたたかみのあるコットン素材の生地を使用したロッジ型テントです。ナチュラルなデザインなので、どんな場所に設置しても違和感なく馴染みます。

また、コットン生地には撥水加工が施されているので、突然雨が降り出しても心配はいりません。同梱物がすっぽりと収まる収納袋も付属しているので、紛失しがちな細かなパーツもきっちり保管できるでしょう。

  • 商品名:S’more「Hommi コットンテント」
  • 楽天:商品ページ

DOD「エイテント」

テント

DODが販売している『エイテント』 は、クラシカルな外観が特徴のロッジ型テントです。メインポール2本、サイドポール4本を使用するだけなので、少ない面積でも設営できます。

クラシックな外観ではあるものの、素材にはアルミ合金やポリコットンといった現代の技術が用いられており、機能性も良好です。また、全ての方向に大型メッシュ窓が付いているので、夏場の熱がこもりやすい環境でも快適に過ごせるでしょう。

まとめ

テントは、ティピー型・ドーム型・トンネル型・ロッジ型といった種類に分けることができ、それぞれに異なる特徴があります。テントを選ぶ際は、『利用人数』『耐水圧』『通気性』の3点をチェックすることが大切です。

これら3つのポイントを押さえた上で好みのテントを選択すれば、より快適な環境でキャンプを楽しむことができるでしょう。ぜひ、自分にぴったりのおしゃれなテントで、快適なキャンプ環境を手に入れてみてください。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。