車中泊におすすめのエアコン3選!エンジンつけっぱなしの危険性も解説 | クルマの旅・ドライブ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 車中泊におすすめのエアコン3選!エンジンつけっぱなしの危険性も解説

    2022.08.30

    夏の車中泊において、就寝中の空調管理は大きな問題です。クルマのエアコンを使うのは危険だと聞いたことがある人もいるでしょう。車中泊では、ポータブルエアコンを使うのがおすすめです。ポータブルエアコンの魅力や選び方、おすすめの商品を紹介します。

    車中泊で活躍するポータブルエアコンとは?

    車中泊で使えるポータブルエアコンとは、一体どのようなアイテムなのでしょうか。ポータブルエアコンの魅力を解説します。

    エンジンを切っても使える車用エアコン

    『ポータブルエアコン』は『ポータブルクーラー』とも呼ばれ、主にキャンプなどで活躍する持ち運び式のエアコンです。

    普通のエアコンと同じように動くものもあれば、USBにつなげる小型のものもあります。普通のエアコンと比べると冷却力は高くないため、製品選びが重要です。

    ポータブルエアコンは『室外機搭載タイプ』『室外機がないタイプ』『一体型』の大きく3種類に分けられます。

    室外機搭載タイプは一般的なエアコンと同じ仕組みで、冷却力も高い一方、高価な傾向にあります。室外機がないタイプは、水や氷の冷気を送るタイプで、コンパクトなサイズでUSB対応のものが多くなっています。

    一体型の冷却力は室外機なし以上、搭載タイプ未満で、持ち運びに優れています。一体型は車中泊におすすめです。

    車中泊でエアコンのつけっぱなしは危険?

    就寝中はクルマのエアコンをつけっぱなしにするのが一番手っ取り早いと思うかもしれません。しかし、エアコンのつけっぱなしはNGです。理由を解説します。

    バッテリー上がりやマナー違反の恐れがある

    エンジンをかけっぱなしにしていると、ガソリンを大きく消費してしまいます。長距離移動が前提のキャンプでは、ガス欠のリスクが高まるでしょう。

    一方で、エンジンを切ったままエアコンをつけると、バッテリーがすぐ上がってしまう原因になります。

    車のバッテリーは、走行中にオルタネーターが生み出した電気から供給しています。そのため、クルマを動かしていないと給電ができず、すぐにバッテリーが上がってしまうのです。

    夜はエンジン音が響くため、他のキャンパーの迷惑になることからも、車中泊中はエアコンやエンジンを切っておくべきといえます。

    冬は一酸化炭素中毒の危険性

    冬にエンジンをつけっぱなしにすると、一酸化炭素中毒の危険性もあります。雪が降っている場合、マフラーが雪で覆われると、排気ができません。すると車内に排ガスが充満し、一酸化炭素中毒を引き起こします。

    一酸化炭素中毒になると、頭痛や吐き気を催し、最悪の場合は死に至る可能性もあります。

    一酸化炭素は無色無臭なので、気づかないうちに中毒になる恐れがあります。そのため、エアコンのつけっぱなしには注意が必要です。

    車中泊用のポータブルエアコンの選び方

    ポータブルエアコンはクルマのエンジンを使わなくても動くため、安全に使えるアイテムです。車中泊用のポータブルエアコンの選び方を解説します。

    冷却性能で選ぶ

    エアコンを使うからには、冷却力は重視すべき要素です。

    ポータブルエアコンの冷却性能は、本体の大きさや価格と比例します。エアコンの冷却性能は『kW』や『W』で表し、数値が大きいほど冷却力が高いことを意味します。

    目安として、ポータブルクーラーの冷却力は0.3kW〜0.7kWが主流です。家庭用のものなら、2.0kWとパワフルなモデルもあります。

    室外機一体型の場合は排水ホースを室外に出す必要があるので、車内の広さやどこに置くかも考えて選ぶことが重要です。場所を制限されたくない場合は、ホースの長さが1m以上のものを選ぶとよいでしょう。

    電源の種類で選ぶ

    ポータブルクーラーの電源は、AC電源が主流です。クルマのエンジンが使えない以上、電源設備があるところで車中泊をしたり、ポータブル電源をそろえたりする必要があります。

    モデルによってはUSB給電式やリチウムイオン電池式で、場所を選ばずに使えるタイプもあります。ただし、冷却能力はAC電源タイプには劣る傾向にある点に注意が必要です。

    ポータブル電源までそろえる余裕がない場合や、使う場所を制限されたくない場合は、USBやリチウムイオン電池式がおすすめです。

    消費電力で選ぶ

    ポータブル電源から給電する場合は、消費電力も重要なポイントです。エアコンの消費電力がポータブル電源のスペックを超えていると、十分に性能を発揮できないためです。

    また、消費電力が大きいと、ポータブル電源の容量によってはすぐに電力を使い果たしてしまうこともあります。

    室外機一体型の消費電力の目安は、100〜350W程度です。しかし、中には700Wを超える電力を消費するモデルもあるため、ポータブル電源も一緒にそろえるならスペックを合わせることが大切です。

    静音性の高さで選ぶ

    夜間は他のキャンパーへの配慮が必要です。ポータブルエアコンは少なからず音を発するため、できるだけ静音性が高いものを選びましょう。

    音量は『dB(デシベル)』で表し、ポータブルエアコンの場合は50dB以下がおすすめです。

    音量の目安として、50dBは『静かなオフィス内において小声で会話する程度』といわれています。目覚まし時計の音量は約60dBです。

    ラインナップは50〜60dBが多いため、選ぶときは静音性もチェックしてみましょう。

    おすすめのポータブルエアコン

    おすすめのポータブルエアコンを3つ紹介します。紹介した選び方に沿って、自分に合ったモデルがないか探してみましょう。

    サンコー「ワイルドクーラー」

    室外機一体型のエアコンです。重量は約9.8kgで、片手で持ち上げることもできます。

    消費電力は送風弱で7.2W、冷風強で243Wです。冷却力は2.93kWなので、車内を冷やすのにはちょうどよいでしょう。

    ただし、静音性は最大で72.7dBなので、夜間は出力に配慮した方がよいかもしれません。ドレーン用のホースは約95cmまで伸びるため、取り回しにも便利です。

    LEDライトを搭載しているので、夜間にちょっとした作業であかりがほしい場合も重宝します。

    • 商品名:サンコー「ワイルドクーラー」
    • 公式サイト:商品ページ

    コイズミ「ゼロブリーズ マーク2」

    前モデルに比べて、2倍の冷却力を実現したポータブルクーラーです。

    冷却力は650Wと車中泊で使うには十分なパワーがあります。駆動方式は、AC電源とリチウムバッテリー式の2Wayで、使い勝手も抜群です。

    従来のモデルは持ち上げるとリチウムバッテリーが外れてしまいましたが、本製品はロックができるようになったことで、一緒に持ち運ぶことが可能です。

    フル充電、風量ミディアムで約5時間駆動できます。風の温度を表すディスプレイにLEDライト、USB TypeAとCの端子が搭載されており、スマホの充電もできます。

    コイズミ
    ゼロブリーズ マーク2

    サイズ:48 x 20 x 28 cm 

     

    アイリスオーヤマ「ポータブルクーラー2.2kW IPP-2221G」

    排水ホースがいらない『ノンドレン式』のポータブルクーラーです。冷風・除湿・換気の3機能を搭載しています。

    家庭での使用を想定していることもあり、冷却力は2.0kWとパワフルです。重量は約24kgと重く、本体も大きめのため、ハイエースやキャンピングカーに向いているでしょう。キャスター付きで移動が簡単にできます。

    温度設定を徐々に緩める『おやすみ運転』モードも搭載されており、車中泊を快適にしてくれるでしょう。

    アイリスオーヤマ
    ポータブルクーラー2.2kW IPP-2221G

    商品サイズ(cm):幅約31.5×奥行約39.5×高さ約77 質量:約24kg電源:100V 50/60Hz 冷風能力:2.0/2.2kW消費電力:490/600W 電流:5.2/6.1A冷媒:R410A 冷媒封入量:380g

     

    おすすめのポータブル電源

    AC電源タイプを選ぶ場合は、ポータブル電源があると便利です。ポータブルエアコンと一緒にそろえるのにおすすめのポータブル電源を3つ紹介します。

    BLUETTI「ポータブル電源 AC200P」

    2000Whと圧倒的な容量を誇るポータブル電源です。最大出力は約4800Wなので、使えない家電はほぼないといっても過言ではないでしょう。

    AC出力端子6口を含む計17の出力ポートをそなえているだけでなく、スマホ2台分のワイヤレス充電ポートを搭載しています。

    別売りのソーラーパネルとACアダプタの両方からの『デュアル充電』に対応しており、大容量ながら最短2.5時間でのフル充電が可能です。通常の充電方法でも4.5時間で、他の製品よりも短時間で完了します。

    BLUETTI
    ポータブル電源 AC200P

    サイズ:42 x 28 x 38 cm 重量27 kg

     

    Jackery「ポータブル電源 1500 PTB152」

    容量約1534Wh、スマホが約74回充電できるポータブル電源です。

    ACアダプタを2つ(2つ目は別売り)使用することで、最短4時間で充電が可能です。ソーラーパネルを使えば電力の自給もできるため、災害時にも活躍します。

    定格出力は1800Wのため、大体のポータブルクーラーであれば使えます。また、バッテリー残量などが表示されるディスプレイがついている点も便利です。

    一般社団法人防災安全協会の『防災製品等推奨品認証』を取得しており、安心して使えるでしょう。

    Jackery
    ポータブル電源 1500 PTB152

    サイズ:35.5×26.5×25.3cm 重量:約16kg

     

    JVCKENWOOD「ポータブル電源 BN-RB10-C」

    国内メーカーで『防災製品等推奨品マーク』を取得しており、安全面に定評があるポータブル電源です。

    容量は1002Whで、小型のIH調理器具が約40分間使える程度です。カーチャージャーやソーラーパネルからの充電も可能で、場所を選ばず充電できる点が優れています。

    ハンドルは折りたたんでボックス型にできるため、車載で運ぶときも便利です。あらかじめ充電しておき、使いたいポートのボタンを押してコンセントを挿入するだけで使えるので、操作も簡単でしょう。

    入出力とバッテリー残量がディスプレイで表示されるため、初心者でも使いやすいポータブル電源といえます。

    JVCKENWOOD
    ポータブル電源 BN-RB10-C

    充電池容量 278,400mAh/1,002Wh最大外形寸法(W×H×D) 333mm×244mm×234mm質量 10.9kg

     

    まとめ

    車中泊の暑さ対策には、ポータブルクーラーを使うのがおすすめです。安全面とマナーの観点から、クルマのエアコンを夜通し使うことはおすすめできません。

    ポーターブルクーラーは車の電源がなくても使えるので、役立つアイテムでしょう。

    ただし、ポーターブルクーラーは一般的なエアコンよりも冷却性能が控えめなため、製品選びが重要です。クルマの大きさや冷却方式から、自分に合ったモデルを探す必要があります。

    室外機の有無によって排水の要否が異なるため、使い勝手も重視して選びましょう。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 クルマの旅・ドライブ 』新着編集部記事

    「ホテル・カリフォルニア」でバレーパーキングを15年ぶりに頼んでみたら

    2022.10.04

    必要な旅費は?反省点は?北海道キャンピングカーひとり旅・最終章

    2022.09.24

    ピストン西沢の ハッスル体験 〜新型ランクルを海でワイルドに撮ろう!

    2022.09.21

    話題のアイヌ文化施設「ウポポイ」から函館へ!函館観光のRVパークのおすすめも紹介

    2022.09.13

    展開わずか3秒!「シンシェード」をハイエースに導入してみました

    2022.09.07

    十勝キャンピングカー旅で北海道の原風景に出会う!陸と海の絶景へ

    2022.08.31