「冬キャンプにはこれを持つべし」防寒対策アイテム5選と快適に泊まるコツ | アウトドアの知識 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 「冬キャンプにはこれを持つべし」防寒対策アイテム5選と快適に泊まるコツ

    2023.01.16 おおしま はな

    冬キャンプの防寒アイテム。

    写真は全て著者私物です。

    寒い季節もキャンプを楽しみたい

    冬キャンプは、寒い季節にしか味わえない魅力が満載です。しかし寒さがネックになり、キャンプ自体を諦めている人も多いのではないでしょうか。特に小さなお子さんがいる場合は、なかなか行くという決断ができないもの。

    そこで今回は寒い冬に体を温めるアイテムや、寒さが苦手な人でも冬キャンプを楽しめる泊まり方を紹介します。

    冬のキャンプにおすすめ!防寒対策アイテム5選

    冬のキャンプは、防寒対策が命!温かく快適に過ごすための、ホカホカアイテムを5つ紹介します。

    1.電気毛布

    電気毛布

    火を使う必要がなく、温度調整ができます。

    標高の低いキャンプ場でも、冬の夜は底冷えします。快適に眠るためには電気毛布を使って、布団の中を温めるのがおすすめ。電気毛布は火を使う必要がないので、眠っているときでも安全に使えます。

    中にはタイマーや温度調節機能が付いている電気毛布もあるので、使い方や好みに合わせて選んでみてください。

    2.湯たんぽ

    トタンの湯たんぽ。

    火にかけられるタイプがおすすめ。

    湯たんぽは沸かしたお湯を容器に入れて、体の近くに置いておくことで暖をとることができるアイテムです。さまざまな種類がありますが、キャンプには直火にかけられるタイプの湯たんぽがおすすめ。直接コンロにかけられるので、やかんでお湯を沸かして注ぐ手間が省けます。

    便利で手軽に使える湯たんぽですが、低温やけどには気をつけてください。必ず商品の注意書きを読んでから使うようにしましょう。

    3.靴下に貼るカイロ

    靴下用貼るカイロ

    靴下の裏に貼るタイプは靴を履いて使います。

    足先が冷える人には、靴下に貼るカイロがおすすめです。靴下に貼るカイロは貼っているのを忘れてしまうほど薄型なので、アウトドアでも活躍します。

    足先に貼るものや足裏全体を温めるもの、足の甲部分に貼るものなど、さまざまな種類があります。

    ただし足裏に貼るタイプは室内で使うと熱くなりすぎてしまうこともあるため、注意が必要です。基本的に靴を履く際に使うものなので、室内では使わないようにしましょう。

    4.保温力の高いシュラフ

    ダウンシュラフ

    気温を確認して、キャンプ地に合ったシュラフを選びましょう。

    冬のキャンプには、寒さに耐えられるような保温力の高いシュラフがあると安心です。シュラフは限界温度や快適温度、形状や素材などをふまえて選んでください。

    一般的に最低気温から5度Cを引いた数値を、快適温度と考えて購入するといいと言われています。キャンプへ行く前に、現地の気温をチェックしておきましょう。

    シュラフには以下の2種類があります。

    • マミー型:人型のシュラフ。体に密着しやすい。
    • 封筒型:通常の布団のような形。

    保温性が高いのはマミー型です。商品によってスペックが異なるため、自分の体調や好み、使う環境等に合わせてシュラフを選ぶといいでしょう。

    5.裏起毛のゴム手袋

    裏起毛のゴム手袋

    冷たい水から手を守る、裏起毛付きのゴム手袋。

    お湯が使えないキャンプ場場合、冬の洗い物は手がしびれるほど冷たいもの。ゴム手袋をしていても、普通のゴム手袋では冷たさが伝わってきてしまいます。

    そのため、作業用品店などで売られている、裏起毛加工が施されたタイプのゴム手袋の使用がおすすめです。

    また油汚れは冷たい水で洗っても落ちにくいので、あらかじめウエスなどで拭い取っておくといいでしょう。どうしても汚れが落ちない場合は、家に持ち帰って洗うのも一つの方法です。

    電源が使えるようにしておこう

    電源付きサイトなら、電気毛布やヒーターなどの電化製品が使えます。寒さが苦手な人は電源付きサイトを選びましょう。

    ポータブル電源

    ポータブル電源があると便利です。

    筆者は電源付きサイトがないキャンプ場を利用する場合、ポータブル電源を持ち込んでいます。「弱」で電気毛布を一晩中使い続けられるため、快適に眠れています。

    ポータブル電源は、災害で電気が使えなくなったときなどの非常用にも使えるため、一台あると便利ですよ。

    温かい部屋で眠りたいならコテージ泊に

    コテージ

    コテージなら快適に泊まれます。

    冬キャンプを楽しみたいけれど、寒いのは絶対にイヤ!という人もいるかもしれません。寒さをとことん避けたいなら、コテージ泊はいかがでしょうか?

    コテージは通常のサイトと比べて値段は高めですが、ベッドやお風呂、エアコンやトイレなどの設備が完備されています。どんなに寒くても、凍えることはまずありません。

    コテージはホテルに泊まるような、快適なキャンプ体験が楽しめますよ。初めて冬キャンプをしてみたいと思っている人にもおすすめです。

    まとめ

    焚き火

    焚き火も冬のキャンプには欠かせませんね。

    冬キャンプで使える防寒対策を紹介しました。寒さ対策を万全にしておくことで、快適なキャンプを楽しめるようになります。

    また冬の間は、陽が出ているデイキャンプから始めてみてもいいかもしれません。

    夏にはない魅力がある冬キャンプ。寒さ対策をして、あなたもぜひ冬キャンプを楽しんでくださいね!

    私が書きました!
    フリーライター
    おおしまはな
    愛知県在住。ファミリーデイキャンプが中心のフリーライター。昔はインドア派でしたが、外で食べるご飯のおいしさに目覚めました。最初は組み立て方もわからないギアが多かったのですが、経験を積むうちにできるように。これからキャンプを始めよう!と思う人が、参考になるような記事を書いていきます。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアの知識 』新着編集部記事

    高機能素材「ゴアテックス」とは?優れた機能性とおすすめウェアを合わせて紹介

    2023.02.04

    ラインの上に立つだけなのに…超楽しい!スラックラインを知っていますか?

    2023.02.01

    料理家が教える「いつまでもホカホカなキャンプ飯を楽しむ」ための3つのポイント

    2023.01.31

    あなたはまだ焚き火を十分に楽しめてない!? ナイフを利用した「バトニング」と「フェザリング」に挑戦しよう

    2023.01.30

    キャンプ中の「困った…」がことごとく解決!アルミホイルの便利な活用法7選

    2023.01.28

    隠し味に塩がいい…!? 「煮出しコーヒー」はワイルドな味が癖になる

    2023.01.25

    z