旅の始まりの地、霧雨にけぶるアラスカの州都ジュノー

2017.01.04

夏の間、南東アラスカでは、複雑な海岸線と多数の島々の間を巡る「インサイド・パッセージ」(内海航路)を、巨大なクルーズ船が航行しています。ジュノーの街もそうしたクルーズ船の寄港地の一つ。2000人以上もの乗客を乗せた船が、多い日には数隻も寄港するので、そのときの街は、船から降りてきた大勢の観光客で一気ににぎやかになります。

クルーズ船で街に立ち寄った観光客が大勢訪れる、街のみやげ物屋さん。この地に古くから住むネイティブの人々ゆかりの品々が、ショーウインドーにたくさんディスプレイされています。みやげ物屋さんでほかに目立って多いのは、宝飾品を扱っているお店。豪華なクルーズ船に乗るくらいですから、お金持ちの人が多いんでしょうね。

夕食は、ジュノーの港口のデッキにある人気店「トレーシーズ・キング・クラブ・シャック」へ。大きなキングクラブの足をゆでたものが紙に包まれて、どーん!と出てきます。殻をむくと現れるむっちりした白い身は、食べごたえ十分。中央上のカニのビスクも、濃厚なカニの風味がたまりません。ジュノーの代表的な地ビール「アラスカン・アンバー」とともに、おいしくいただきました。

■トレーシーズ・キング・クラブ・シャック
http://www.kingcrabshack.com/

■アラスカン・ブリューイング・デポ
https://alaskanbeer.com/

【南東アラスカの旅2】
【南東アラスカの旅3】
【南東アラスカの旅4】
【南東アラスカの旅5】
【南東アラスカの旅6】
【南東アラスカの旅7】
【南東アラスカの旅8】
【南東アラスカの旅9】

◎文/写真=山本高樹 Takaki Yamamoto
著述家・編集者・写真家。インド北部のラダック地方の取材がライフワーク。著書『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』(雷鳥社)ほか多数。
http://ymtk.jp/ladakh/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事