キャンプにおすすめの車46選!ギアの収納&積みやすさも徹底検証 | クルマ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 4
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • クルマ

    2024.02.09

    キャンプにおすすめの車46選!ギアの収納&積みやすさも徹底検証

    キャンプの強い味方になってくれる「積める車」を、No.1アウトドア情報誌『BE-PAL』が厳選した。アウトドアの達人たちによるギアの積みやすさの徹底検証ほか、しっかり積めて走りも軽快なアウトドア向きの車をたっぷり紹介する。自分に合った車を見つけて、キャンプに出かけよう。

    積めて寝られて置き場所にも困らない!ステーションワゴン8選

    優れた積載性と走りの良さを両立するステーションワゴン。立体駐車場に収まる高さも魅力だ!

    マツダ|6ワゴン

    ¥2,962,300~4,662,900

    「美しい」という表現こそふさわしい国産ワゴン

    日本製のステーションワゴンが少なくなった中で頑張っている貴重な存在。広い荷室と燃費のいいディーゼルエンジンは大きな魅力。マツダが提唱する「魂動デザイン」が、美しい流線形のボディーによく映える。

    【XD Lパッケージ/2WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,805×全幅1,840×全高1,480mm
    ●車両重量:1,630kg
    ●最低地上高:160mm
    ●最小回転半径:5.5m
    ●WLTC燃料消費率:17.8km/L


    デッドスペースが少なく使いやすい荷室。リアシートをたたむとかなりの広さを確保できる。

    問い合わせ先:マツダ TEL:0120-386-919
    https://www.mazda.co.jp/

    スバル|レガシィ アウトバック

    ¥4,147,000~旧型価格

    ワゴンとしての歴史が細部に息づく本物の機能美

    スバルのフラッグシップ的モデル。長年にわたるワゴン作りの技が各所に生き、アウトドアでの使い勝手に不満はない。2023年秋には広角単眼カメラとスマートリアビューミラーを新採用した改良モデルが登場した。

    【X-BREAK EX/4WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,870×全幅1,875×全高1,670mm
    ●最低地上高:213mm
    ●最小回転半径:5.5m

    オフロードでの乗り心地の良さや揺れの少なさで、車酔いも少なくなるという。


    問い合わせ先:スバル TEL:0120-052215
    https://www.subaru.jp/

    トヨタ|カローラ・ツーリング

    ¥2,070,000~3,048,000

    ひょっとしたら最高のアウトドアカーかも

    ハイブリッドによる燃費の良さとボディーサイズの中で可能な限り無駄を省いて確保された荷室スペース。その使いやすさと対応力の高さは一度使うと手放せなくなる。スポーティーなデザインの良さも魅力。

    【W×B/ハイブリッド車 2WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,495×全幅1,745×全高1,480mm
    ●車両重量:1,390kg
    ●最低地上高:130mm
    ●最小回転半径:5.3m
    ●WLTC燃料消費率:27.3km/L

    伝統的にワゴン作りが上手い。リアシートを倒せば自転車なども搭載可能。


    問い合わせ先:トヨタ自動車 TEL:0800-700-7700
    https://toyota.jp/index.html

    スバル|レヴォーグ

    ¥3,102,000~4,829,000

    スポーツワゴンにふさわしい走りと上質な室内

    日本の道路事情に最適なツーリングワゴンとして高い支持を得ているスポーツワゴン。4WDによる走破性の高さとワゴンならではのスポーティーな走りが、フィールドをより広げてくれる。

    【GT-H EX/4WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,755×全幅1,795×全高1,500mm
    ●車両重量:1,570kg
    ●最低地上高:145mm
    ●最小回転半径:5.5m
    ●WLTC燃料消費率:13.6km/L


    問い合わせ先:スバル TEL:0120-052215
    https://www.subaru.jp/

    プジョー|308SW

    ¥3,870,000~5,766,000

    バカンスの国で育ったステーションワゴンの実力

    長期の休暇が当たり前のフランスで、使いやすさと走りの両立を考えて仕上げられたワゴン。プラグインハイブリッドモデルも用意され、切れ味のいい走りを披露する。力強いトルクが魅力のディーゼル車もあり。

    【GTハイブリッド/2WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,655×全幅1,850×全高1,485mm
    ●車両重量:1,720kg
    ●最低地上高:130mm
    ●最小回転半径:5.3m
    ●WLTC燃料消費率:17.5km/L

    プジョーならではの上質な外観と独特のデザインのインテリアも魅力。


    問い合わせ先:プジョー TEL:0120-840-240
    https://www.peugeot.co.jp/

    アウディ|A4オールロードクワトロ

    ¥6,720,000~

    スタイリッシュな見た目だが悪路走破性はとても高い!

    170mm確保された最低地上高とクワトロシステムで、悪路走破性も十分。そこに都会的で伸びやかなワゴンデザインが加わることでさり気なさを演出。ゆったりとアウトドアを楽しみたいという人には最適。

    【オールロードクワトロ/4WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,760×全幅1,845×全高1,490mm
    ●車両重量:1,660kg
    ●最低地上高:170mm
    ●最小回転半径:5.5m
    ●WLTC燃料消費率:12.5km/L

    A4アバントがベース。トランク容量(VDA値)は5人乗車で505L。使いやすい広さを確保。

    問い合わせ先:アウディ TEL:0120-598106
    https://www.audi.co.jp/

    BMW|3シリーズ・ツーリング

    ¥6,640,000~11,040,000

    輸入車ステーションワゴンの超安定株!

    エンジンはガソリンとディーゼルを備え、最大容量1,510Lの荷室は抜群に使い勝手がいい。外遊びからビジネスまでどんな使い方にもフレキシブルに対応するワゴンとしての能力の高さは、理想の1台といえる。

    【320iツーリング/2WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,720×全幅1,825×全高1,450mm
    ●車両重量:1,620kg
    ●最低地上高:141mm
    ●最小回転半径:5.4m
    ●WLTC燃料消費率:13.km/L

    日本でも扱いやすいボディーサイズの割に荷室は広く確保され、実用性も高い。

    問い合わせ先:BMW TEL:0120-269437
    https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

    トヨタ|クラウンエステート

    新しいワゴンライフを見せてくれる!

    2024年に発売予定の新型クラウンエステート。デザインはワゴンというよりSUVとのクロスオーバーで実にスタイリッシュ。全長が4930mm、全幅が1880mm、全高は1620mmと、大きめの4WD専用車だ。

    問い合わせ先:トヨタ自動車 TEL:0800-700-770
    https://toyota.jp/index.html

    ▼参考記事
    積めて寝られて置き場所にも困らない! 超便利なステーションワゴン8選

    NEW ARTICLES

    『 クルマ 』新着編集部記事

    三菱「トライトン」を激坂凸凹道で試乗!パジェロの遺伝子を受け継ぐ本格4WDの実力をチェックしてみたぞ

    2024.04.10

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02

    小型車に革命をもたらした名車「ミニ」の2024年最新型・クーパーが登場!BMW版「MINI」の魅力とは?

    2024.03.26

    BYDの電気自動車「ドルフィン」登場!秀逸デザインかつコスパ抜群で災害時給電もできるぞ

    2024.03.25

    日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー!

    2024.03.24

    アウトドア目線でレビュー!スズキのハコ車「スペーシア」「スペーシア カスタム」なら軽自動車でも遠出が楽ちん

    2024.03.21

    試乗レポ!クラウンスポーツは小回りが利いて荷物も積める高級SUVだ

    2024.03.14

    キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ!

    2024.03.13