キャンプにおすすめの車46選!ギアの収納&積みやすさも徹底検証 | クルマ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • クルマ

    2024.02.09

    キャンプにおすすめの車46選!ギアの収納&積みやすさも徹底検証

    キャンプの強い味方になってくれる「積める車」を、No.1アウトドア情報誌『BE-PAL』が厳選した。アウトドアの達人たちによるギアの積みやすさの徹底検証ほか、しっかり積めて走りも軽快なアウトドア向きの車をたっぷり紹介する。自分に合った車を見つけて、キャンプに出かけよう。

    積めて走れてカッコいい!SUVおすすめ8選

    街でもフィールドでも目立ち度抜群。存在が光る最強のアウトドアカーが、外遊びをガッチリとサポートする!

    トヨタ|ランドクルーザー250

    ¥4,200,000~5,100,000(予想)

    ワイルドなゴツゴツ感がたまらない!

    プラド改め「ランドクルーザー250」となった新型。ワイルドな外観には、選択可能な2つの顔を合わせられる。さらに走りを支えるエンジンにはディーゼルターボと、ガソリンターボの2種を用意。発売予定は’24年の前半で価格なども未公表だが、同時に"復活"が発表されたランクル「70」(写真4枚目)共々、注目のSUVだ。

    【プロトタイプ】
    ●ボディーサイズ:全長4,925×全幅1,980×全高1,870mm

    ランクル70

    問い合わせ先:トヨタ自動車 TEL:0800-700-7700
    http://toyota.jp/index.html

    マツダ|CX-60

    ¥3,223,000~6,462,500

    プレミアムSUVの上質な使い心地を堪能

    マツダの「ラージ商品群」の第1弾である「CX-60」。後輪駆動ベースの走りと優れた燃費、そして小回りの良さなど、使い勝手抜群。来年、登場予定の「CX-80」にも通じる上級SUVだ。

    【XD/FR】
    ●ボディーサイズ:全長4,740×全幅1,890×全高1,685mm
    ●車両重量:1,790kg
    ●最低地上高:175mm
    ●最小回転半径:5.4m
    ●WLTC燃料消費率:19.8km/L

    問い合わせ先:マツダ TEL:0120-386-919
    https://www.mazda.co.jp/

    スバル|クロストレック

    ¥2,662,000~3,289,000

    軽快コンパクトなボディーにたっぷりと詰まった「本格」

    取り回しのしやすいボディーの中に、スバルならではのアイデアと先進運転支援システム、幅広くフィールドにも対応できる高度な走りをたっぷりと詰め込んだ。コスパの高いSUVだ。

    【ツーリング/4WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,480×全幅1,800×全高1,575mm
    ●車両重量:1,540kg
    ●最低地上高:200mm
    ●最小回転半径:5.4m
    ●WLTC燃料消費率:16.4km/L


    問い合わせ先:スバル TEL:0120-052215
    https://www.subaru.jp/

    スバル|フォレスター

    ¥3,069,000~3,740,000

    使いやすさを真面目に追求するとコイツになる

    充実装備に使い勝手、さらに安定した走りに良好な燃費性能など、さまざまな条件を高いレベルで満足させるミドル級SUV。隅々まで真面目な作りには定番ならではの安心感がある。

    【ツーリング/4WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,640×全幅1,815×全高1,715mm
    ●車両重量:1,620kg
    ●最低地上高:220mm
    ●最小回転半径:5.4m
    ●WLTC燃料消費率:14.0km/L


    問い合わせ先:スバル TEL:0120-052215
    https://www.subaru.jp/

    トヨタ|RAV4

    ¥2,938,000~5,633,000

    つねに「より本格」を目指して止まらない進化

    ボクシィなボディーは運転も楽。さらに使いやすい荷室など基本を押さえている。ガソリンエンジンだけでなく、プラグインハイブリッドモデルなどをラインアップに加えながら進化中。

    【2.5ハイブリッドG/4WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,600×全幅1,855×全高1,685mm
    ●車両重量:1,690kg
    ●最低地上高:190mm
    ●最小回転半径:5.5m
    ●WLTC燃料消費率:20.6km/L


    問い合わせ先:トヨタ自動車 TEL:0800-700-7700
    https://toyota.jp/index.html

    三菱|アウトランダー

    ¥4,841,100~5,705,700

    三菱の技術をすべて体験できる贅沢SUV

    早くからSUVとプラグインハイブリッドとの理想的な組み合わせを追求してきた「アウトランダー」。三菱が持てる技術を詰め込んだ電動車の走りと、その使い易さは熟成の域にある。

    【ブラックエディション/5人乗車/4WD】
    ●ボディーサイズ:全長4,710×全幅1,860×全高1,745mm
    ●車両重量:2,050kg
    ●最低地上高:200mm
    ●最小回転半径:5.5m
    ●WLTC燃料消費率:16.2km/L

    問い合わせ先:三菱自動車 TEL:0120-324-860
    https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

    VW|ID.4

    ¥5,142,000~6,488,000

    目指すは「EV版ゴルフ」という世界戦略車

    フォルクスワーゲン初の電気自動車(BEV)SUVとして日本上陸。専用のシャシーと最長618kmの一充電走行距離、そして広めの荷室は、アウトドアでの使い勝手の良さを期待させる。

    【Pro】
    ●ボディーサイズ:全長4,585×全幅1,850×全高1,640mm
    ●車両重量:2,140kg
    ●最小回転半径:5.4m
    ●WLTC一充電走行距離:618km

    BEVとしてはかなり広い荷室を確保。容量は543~最大1,575Lを確保。

    問い合わせ先:フォルクスワーゲン TEL:0120-993-199
    https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

    ランドローバー|ディフェンダー130

    ¥10,630,000~13,490,000

    走りだけでなく、荷室の広さにもゆとりあり

    クロスカントリーモデルとして人気の「ディフェンダー」に追加された、3列シート8人乗りのロングバージョン。本来の高い悪路走破性に加え、積載能力でもさらに満足できる。

    【X/D300 4WD】
    ●ボディーサイズ:全長5,275×全幅1,995×全高1,970mm
    ●車両重量:2,540kg
    ●最低地上高:218.5mm~
    ●最小回転半径:6.1m
    ●WLTC燃料消費率:9.9km/L

    標準の「110」よりも30cm以上長く、荷室も拡大された。

    問い合わせ先:ランドローバー TEL:0120-18-5568
    https://www.landrover.co.jp/index.html

    ▼参考記事
    積めるし、走るし、何よりカッコいい! 今、注目のアウトドア向きおすすめSUV10選

    NEW ARTICLES

    『 クルマ 』新着編集部記事

    三菱「トライトン」を激坂凸凹道で試乗!パジェロの遺伝子を受け継ぐ本格4WDの実力をチェックしてみたぞ

    2024.04.10

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02

    小型車に革命をもたらした名車「ミニ」の2024年最新型・クーパーが登場!BMW版「MINI」の魅力とは?

    2024.03.26

    BYDの電気自動車「ドルフィン」登場!秀逸デザインかつコスパ抜群で災害時給電もできるぞ

    2024.03.25

    日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー!

    2024.03.24

    アウトドア目線でレビュー!スズキのハコ車「スペーシア」「スペーシア カスタム」なら軽自動車でも遠出が楽ちん

    2024.03.21

    試乗レポ!クラウンスポーツは小回りが利いて荷物も積める高級SUVだ

    2024.03.14

    キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ!

    2024.03.13