キャンプにおすすめの車46選!ギアの収納&積みやすさも徹底検証 | クルマ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 5
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • クルマ

    2024.02.09

    キャンプにおすすめの車46選!ギアの収納&積みやすさも徹底検証

    キャンプの強い味方になってくれる「積める車」を、No.1アウトドア情報誌『BE-PAL』が厳選した。アウトドアの達人たちによるギアの積みやすさの徹底検証ほか、しっかり積めて走りも軽快なアウトドア向きの車をたっぷり紹介する。自分に合った車を見つけて、キャンプに出かけよう。

    ミニマムで経済的なキャンプを!軽自動車&コンパクトカーおすすめ7選

    コスパに優れ、取り回しが楽なだけじゃない。最近の"小さなクルマ"は、荷物だって積める!

    ホンダ|N-BOX

    ¥1,648,900~2,362,800

    人気トップの常連が大変身

    クルマ旅やアウトドアユースとしても人気が高い「ホンダN-BOX」が、2023年秋に6年ぶりの大変身を遂げて発売。丸目の表情や向上した居住性、アイデアたっぷりの収納など、人気はさらに加速しそうだ。

    【N-BOX 予想スペック】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,790mm
    ●WLTC燃料消費率:21.0km/L~

    室内各部の材質も上質に進化している。

    上下に薄いヘッドライトの顔もある。

    問い合わせ先:ホンダ TEL:0120-112-010
    https://www.honda.co.jp/

    スズキ|ハスラー

    ¥1,365,100~1,817,200

    外遊びで使い倒すハイトワゴンならこれ!

    ハイトワゴンの機能性とSUVテイストの遊び心を1台で表現したクロスオーバー。全車速追従機能付きのACC(アダプティブクルーズコントロール)と車線逸脱抑制機能を130万円台からの全グレードに標準装備する充実ぶり。

    【HYBRID X/FF】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,680mm
    ●車両重量:820kg
    ●最低地上高:180mm
    ●最小回転半径:4.6m
    ●WLTC燃料消費率:25.0km/L

    大きな特徴である丸目の表情もヒットの要因。荷室には長物なども楽々と収納できる。

    問い合わせ先:スズキ TEL:0120-402-253
    https://www.suzuki.co.jp/

    ダイハツ|タフト

    ¥1,320,000~1,644,500

    ゴツさと可愛らしさが絶妙にマッチしたエクステリア

    ボクシィでスクエアな外観デザインは、一見するだけで優れた居住性や積載性を想起させる。事実、ラゲッジの床下に装備した収納スペースは想像以上に広く確保され、利便性が高い。また大径タイヤのおかげで悪路もたくましく走る。

    【G/FF】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,630mm
    ●車両重量:830kg
    ●最低地上高:190mm
    ●最小回転半径:4.8m
    ●WLTC燃料消費率:21.km/L

    フロアボードには、汚れが付きにくい加工も施されている。

    問い合わせ先:ダイハツ  TEL:0800-500-0182
    https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

    日産|キックス

    ¥2,998,600~3,670,700

    モーターの上質で力強い走りが癖になる

    日本導入から3年あまり、途中で4WDモデルが追加され、e-POWERのパワートレインが改善。さらにはインテリアの質感が向上したりと、確実に進化している。コンパクトなSUVボディーに日産の安全快適装備がぎっしり。なお’24年、新型登場の情報あり。

    【X スタイルエディション/FF】
    ●ボディーサイズ:全長4,290×全幅1,760×全高1,605mm
    ●車両重量:1,360kg
    ●最低地上高:170mm
    ●最小回転半径:5.1m
    ●WLTC燃料消費率:23km/L

    力強く個性的な表情が魅力。荷室の広さや使い勝手に不満を感じることがない仕上がり。

    問い合わせ先:日産自動車 TEL:0120-315-232
    https://www.nissan.co.jp/

    トヨタ|ヤリスクロス

    ¥1,896,000~2,936,000

    俊足を活かして都市からフィールドへ、快適移動

    燃費の良さで人気のヤリスをベースに全長や全幅を拡大し、ボディーをひと回り大きくしたコンパクトSUV。変更はホイールベース、トレッドの拡大だけでなく、最低地上高のアップでは170mmを確保。

    【ハイブリッド Z/FF】
    ●ボディーサイズ:全長4,180×全幅1,765×全高1,590mm
    ●車両重量:1,190kg
    ●最低地上高:170mm
    ●最小回転半径:5.3m
    ●WLTC燃料消費率:27.8km/L

    通常時の荷室奥行きは820mm、幅は1,400mmで使い勝手抜群。

    問い合わせ先:トヨタ自動車  TEL:0800-700-7700
    https://toyota.jp/index.html

    ホンダ|N-VAN

    ¥1,337,600~1,959,100

    アイデアが詰まった遊べる商用バン

    運転席以外のシートを床下に収納できるため、遊び道具をたくさん積むことができる。また、多彩なシートアレンジで、車中泊は快適そのもの! 全グレードに先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備しているのもうれしい。

    【+STYLE FUN/FF】
    ●ボディーサイズ:全長3,395×全幅1,475×全高1,945mm
    ●車両重量:960kg
    ●最低地上高:155mm
    ●最小回転半径:4.6m
    ●WLTC燃料消費率:19.2km/L

    選べるボディーカラーは8色。フィールドで映えるものも!

    問い合わせ先:ホンダ TEL:0120-112-010
    https://www.honda.co.jp/

    VW|T-ROC

    ¥4,172,000~6,644,000

    スポーツ心にあふれた専用装備がいっぱい

    VWブランドとして初のコンパクトSUV。ゴルフをベースにした仕上がりの良さで輸入SUVとしては高い人気を誇る。ガソリンエンジン2種、ディーゼルエンジン1種のラインアップで、走りを支える。

    【TSI Style/FF】
    ●ボディーサイズ:全長4,250×全幅1,825×全高1,590mm
    ●車両重量:1,320kg
    ●最小回転半径:5.0m
    ●WLTC燃料消費率:15.5km/L

    荷室の容量はVDA計測で445L。床面の高さは2段階調整可。

    問い合わせ先:フォルクスワーゲン TEL:0120-993-199
    https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

    ▼参考記事
    ミニマムで経済的なキャンプを叶えるならコレ!軽自動車&コンパクトカー7選

    NEW ARTICLES

    『 クルマ 』新着編集部記事

    三菱「トライトン」を激坂凸凹道で試乗!パジェロの遺伝子を受け継ぐ本格4WDの実力をチェックしてみたぞ

    2024.04.10

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02

    小型車に革命をもたらした名車「ミニ」の2024年最新型・クーパーが登場!BMW版「MINI」の魅力とは?

    2024.03.26

    BYDの電気自動車「ドルフィン」登場!秀逸デザインかつコスパ抜群で災害時給電もできるぞ

    2024.03.25

    日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー!

    2024.03.24

    アウトドア目線でレビュー!スズキのハコ車「スペーシア」「スペーシア カスタム」なら軽自動車でも遠出が楽ちん

    2024.03.21

    試乗レポ!クラウンスポーツは小回りが利いて荷物も積める高級SUVだ

    2024.03.14

    キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ!

    2024.03.13