キャンプで熱燗を飲みたい!作り方や楽しみ方、おすすめグッズを紹介 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドア雑貨・小物

    2023.12.23

    キャンプで熱燗を飲みたい!作り方や楽しみ方、おすすめグッズを紹介

    「キャンプで熱燗が飲みたい!」そんな人に向けて、キャンプで熱燗を作る方法と、キャンプにおすすめの熱燗グリルや雰囲気をアップさせる容器を紹介します。自分だけの楽しみ方を見つけるヒントも解説するので、この冬は熱燗で温まりましょう。

    キャンプで熱燗を作る方法

    早速キャンプで熱燗を作る方法を見ていきましょう。用意する道具から実際の作り方を解説します。

    道具・アイテムを用意する

    キャンプで熱燗を作るのに必要なアイテムは、以下の通りです。

    • 日本酒
    • クッカーやメスティンなど湯せんをするための容器
    • 徳利またはちろり
    • おちょこ
    • 焚き火台または熱燗グリル
    • 温度計

    湯せん用の容器は深型のシェラカップやメスティンでも代用できます。他の道具はありものでまかなっても、新たに購入してもよいでしょう。

    温度計は熱燗を作る上で、あると便利なアイテムです。安価に手に入るので、温度調節による味の変化も楽しみたい人はそろえてみましょう。

    徳利を熱燗グリルにセットする

    まずはクッカーやメスティンに水を入れ、熱燗グリルや焚き火台で加熱しましょう。温度の目安は80~85度です。

    お湯ができたら、徳利やちろりに日本酒を入れ、熱燗グリルにセットします。もしワンカップなど小瓶に入っているものを持ってきているなら、そのまま湯せんするのもありです。その場合、急な温度変化によって瓶が割れる可能性があるので、温度調節には注意しましょう。

    グリルにセットしたら、加熱します。お湯を作るのが先か、日本酒をセットするのが先かは好みによって変えても問題ありません。

    泡が出るまで熱する

    湯せん中のお湯が泡立ってきたら、およそ60度の状態です。一般的に熱燗と呼ばれるのは50~55度ですが、味が変わる温度は日本酒の種類によってさまざまなので、どのくらいの温度で取り出すかは好みによって調整してもよいでしょう。

    途中で少し味見しながら、好みの味になるまで熱するのも一つの手です。

    なお、アルコールの沸点は約78.3度といわれています。あまり熱しすぎるとアルコールが飛んで風味を損なってしまうので注意が必要です。

    キャンプにおすすめの熱燗グリル

    せっかく熱燗を作るなら、焚き火台もよいけれど専用のグリルを使いたいものです。キャンプで熱燗を作るためのグリルを三つ紹介します。

    笑’s 「コンパクト焚き火グリル B-6君」

    折りたたむと1.8cmになる薄型の焚き火台です。重量約500gと軽量で、ソロキャンプやツーリングをするときには持ち運びやすいでしょう。

    本体は焚き火台ですが、オプションの『B-6君専用 ステンレスメッシュ カン(燗)グリル』と併せて使うと熱燗を作るのに便利です。メッシュグリルに湯せん用のカップが付いており、熱燗を作ったりやコーヒーを温めたりするのに使えます。

    グリルでは調理も可能なので、セットで持っておくと料理から晩酌までできる便利なアイテムです。

      • 商品名:笑’s「コンパクト焚き火グリル B-6君」
      • 公式サイト:商品はこちら

    笑’s
    コンパクト焚き火グリル B-6君

    サイズ:12.2D x 21.5W x 16.5H cm 重量:500g


    • 商品名:笑’s「B-6君専用 ステンレスメッシュ カン(燗)グリル」
    • 公式サイト:商品はこちら

    笑’s
    B-6君専用 ステンレスメッシュ カン(燗)グリル

    サイズ:14D x 18.5W x 11.5H cm 重量:240g


    JIPANG WORKS「野燗炉プレミアム」

    日本の伝統的な調理器具である野燗炉を、現代で使いやすいようにパワーアップさせた熱燗グリルです。正面向かって右側では、徳利やちろりをそのまま入れて湯せんができます。

    向かって左側は多目的で使えるグリルで、釜めしを炊いたり網を敷いて簡単なバーベキューができたりします。雰囲気が抜群によいので、お気に入りのボトルやおしゃれなおちょこと一緒にテーブルを飾りましょう。

    • 商品名:JIPANG WORKS「野燗炉プレミアム」
    • 公式サイト:商品はこちら

    市川商店「蓋付き錫ちろり ミニかんすけ・匠」

    湯せん用の陶器・木枠とちろりがセットになった熱燗グリルです。お湯を入れるだけで簡単に熱燗を作れるので、初心者にもおすすめです。お湯だけといっても、燗温度を15分程度キープしてくれる保温性も優れています。

    錫でできたちろりは、日本酒の香りや芳醇さをアップさせ、口当たりをよくする効果が期待できます。サビに強いので長く使えるだけでなく、夏は冷酒用容器としても使える万能アイテムです。

    木枠に陶器とちろりをセットすれば、コンパクトな状態での持ち運びも可能です。

    • 商品名:市川商店「蓋付き錫ちろり ミニかんすけ・匠」
    • 公式サイト:商品はこちら

    市川商店
    蓋付き錫ちろり ミニかんすけ・匠

    サイズ:巾160×奥140×高210mm 重量:2kg


    キャンプでの熱燗の雰囲気を上げる容器

    実は、アウトドアブランドからも日本酒用のおちょこが販売されています。キャンプでも使いやすいように設計された熱燗用の容器を見ていきましょう。

    ロゴス「携帯・アウトドア熱燗セット」

    燗ポットと徳利、二つのおちょこが入っている熱燗セットです。徳利を使ってスタンダードな作り方もよし、約660mLの燗ポットでそのまま熱燗を作るもよしです。

    それぞれのアイテムはアルミでできており、網に乗せて加熱もできます。おちょこは二つあるので、二人で熱燗を楽しむのにもぴったりです。

    持ち運びに便利な巾着袋が付いており、総重量は約440gと軽量なので荷物にもなりません。

    • 商品名:ロゴス「携帯・アウトドア熱燗セット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ロゴス
    携帯・アウトドア熱燗セット

    重量:(約)440g 容量:[徳利](約)300ml [燗ポット](約)660ml [御猪口](約)15ml×2pcs サイズ:[徳利](約) 直径7.3×高さ15.5cm [燗ポット](約)幅8.5×奥行14×高さ13cm [御猪口](約)直径5.5×高さ2.6×1.8cm 収納サイズ:幅10×奥行14.5×高さ19cm


    スノーピーク「お猪口 Titanium」

    チタン製の高級感あふれるおちょこです。二重構造になっており、燗の温度を適温に保てます。チタンは金属独特の臭いがなく、臭い移りもないことで知られており、熱燗本来の味を楽しむにはもってこいの素材です。

    別売りの『酒筒(さかづつ)Titanium』とのスタッキングが可能で、荷物を増やさずに持ち運べる点も便利です。ワンランク上の晩酌を楽しみたい人はぜひ手に取ってみましょう。

    • 商品名:スノーピーク「お猪口 Titanium」
    • 公式サイト:商品はこちら

    スノーピーク
    お猪口 Titanium

    サイズ:直径58×43hmm 重量:25g


    キャンプで自分の熱燗の楽しみ方を探そう

    キャンプで飲む熱燗は普段とは一味違うものです。そんな熱燗を楽しむためのアイデアを三つ紹介します。

    温度を変えてみる

    日本酒の熱燗とは数ある飲み方の一つであり、温度によって呼び方が変わることをご存じでしょうか。日本酒の温度と呼び方の種類は、以下の通りです。

    • 30度付近:日向燗(ひなたかん)
    • 35度付近:人肌燗(ひとはだかん)
    • 40度付近:ぬる燗
    • 45度付近:上燗(じょうかん)
    • 50度付近:熱燗
    • 55度付近:とびきり燗

    温度によって日本酒の味が変わるのもポイントです。例えば、温度が低めな日向燗や人肌燗では、軽い口当たりで、酸味やうまみがはっきりと現れてきます。熱燗やとびきり燗のように温度が高くなると、キレのあるシャープな味を楽しめます。

    さまざまな温度を試しながら、自分の好みの燗を見つけてみましょう。

    キャンプギアで飲んでみる

    熱燗といえば、徳利やちろりとおちょこで飲むものです。家からいつも使っている容器を持ってくるのもよいですが、せっかくのキャンプならあえてキャンプギアで飲んでみましょう。

    例えば、おちょこの代わりに小さいシェラカップで飲めば、本来は屋内で飲むことの多い日本酒をアウトドアで飲む雰囲気のギャップをより楽しめます。アウトドアを感じるには、チタンやアルミ、錫製の容器を使うのがおすすめです。

    いろいろなおつまみを試してみる

    おつまみは晩酌に欠かせません。するめや柿ピーなどの定番のおつまみもよいですが、キャンプ飯を酒のアテにしてみてはいかがでしょうか。

    例えば、カレーはキャンプ飯の定番です。普段なら思いつかないようなもの同士でも、いざ組み合わせると新たな発見があるかもしれません。もちろんおでんのような和食は外れがないでしょう。

    自分だけの秘密の組み合わせを見つけてみるのも、キャンプでの熱燗の楽しみ方です。

    まとめ

    アウトドアメーカーからも熱燗グリルやおちょこが販売されており、キャンプで熱燗を楽しみやすくなっています。作り方もお湯を沸かして温めるだけとシンプルなので、ぜひ挑戦してみましょう。

    日本酒は温度によって呼び方が変わり、味も変化します。温度計を持っていき、異なる温度での味の違いを楽しむのがおすすめです。他にはキャンプギアで飲んだり、キャンプ飯をアテにしたりと、とことん非日常を突き詰めるのもよいでしょう。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    オイルレザー製の財布は薄さと軽さが自慢! アウトドアにも最適なのだ

    2024.03.02

    PFC Freeの生地を採用!マタドールの「ポケットブランケット」がバージョンアップしたぞ

    2024.03.02

    キャンプで活躍しそうな蚊取りアイテム2選!虫除け機能付きガーデンライト&蚊取りファンが発売

    2024.03.01

    スヌーピーたちとアウトドアへ!てぬぐい、風呂敷など「PEANUTS」のかまわぬ限定シリーズ第5弾がかわいいぞ

    2024.02.29

    高機能な小型の防振双眼鏡「FUJINON TECHNO-STABI」に防水機能もついたアイテムが!

    2024.02.27

    カメラバッグメーカー「マウス」のメトロハットがアウトドア遊びにおすすめな理由

    2024.02.26

    登山ガイドが超絶おすすめ!Nrucのポケットティッシュケース「PT-10+」を徹底レビュー

    2024.02.26

    ダイソーのホイッスルライトは使いやすい防災グッズだ!備えておいて間違いなし

    2024.02.23