極北ラップランドでウインターアクティビティー【第1弾】夕闇のスノーシューinルカ』 | BE-PAL

極北ラップランドでウインターアクティビティー【第1弾】夕闇のスノーシューinルカ』

2015.12.18

日本から一番近いヨーロッパといえば、オーロラとムーミンの国・フィンランド!
成田・セントレア・関空の国内の各国際空港(2016年春からは福岡も!)から、フィンエアーの直行便に乗れば、
首都ヘルシンキまでわずか9時間半という、まさかの10時間切りでヨーロッパに辿り着いちゃうこの事実。
知ってる人はとっくに知ってるとは思いますが、フィンランド行三回目にしてワタクシ、この事実をますます心に強くしたのでしつこく書いてます。

飛行機乗って酒食らって眠って起きるとヘルシンキって感じでいっつも着くぜよフィンエアー

飛行機乗って酒食らって眠って起きるとヘルシンキって感じでいっつも着くぜよフィンエアー

そんな“隣のヨーロッパ”フィンランド。ヘルシンキから北へ1時間15分飛ぶとクーサモという街の空港に着く。
ここはすでに“サーミ人の土地”を意味する、北極圏にも近い“ラップランド”。ヘルシンキからは、ラップランド地方のいくつかの土地へ飛行機が飛んでるけれど、実はヘルシンキに一番近いのがこのクーサモ。ってことは、日本から一番近いラップランドがこのクーサモなのだ。
そこからさらに車で30分! スキーのジャンプやフリースタイルのW杯会場にもなるフィンランド屈指のスキーリゾート・ルカの街がある。
ま、しつこいようですが、日本から一番近いラップランドのスキーリゾートが、このルカの街ってことっすね。

スキーの為の街って空気感(寒いから乾燥してるぞ)プンプンのルカの中心地

スキーの為の街って空気感(寒いから乾燥してるぞ)プンプンのルカの中心地

そしてルカはスキーだけじゃなく、ウインターアクティビティーのメッカでもあったのだ!
ここでやっと前書き終わったぜ! ってことで、今回はウインターアクティビティーの定番スノーシュー
を、このルカでやってきた。

まずはスノーシューツアーを主催する『テイルロードアドベンチャーズ サファリハウス』に行ってウインターギアを借りる!
この取材をしたのは11月中旬だったので、北欧フィンランドといっても温度は氷点下4℃ほど。でもこれから冬本番ともなるとマイナス10℃、20℃当たり前の世界っすからね、そんな時でも安心して行動できるような防寒のつなぎウェア、防寒ブーツ、そしてもちろんスノーシューをここで借りてくワケだ。
そんな用具一式混みで、スノーシューツアーの料金は39ユーロでございます!

『テイルロードアドベンチャーズ サファリハウス』。ルカの街の中心にごぜぇます!

『テイルロードアドベンチャーズ サファリハウス』。ルカの街の中心にごぜぇます!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。