フォールディングナイフ特集!折りたたみ可能で便利!編集部のおすすめ12選 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フォールディングナイフ特集!折りたたみ可能で便利!編集部のおすすめ12選

    2018.12.01

    フォールディングナイフとはブレードをハンドルに収納できるタイプのこと。ツールナイフのような多機能性はないが、デザインや素材にこだわった芸術性の高いモデルが多いのが特徴。必需品とはいえないものの、アウトドア愛好家としてのステイタスを高める道具であることは間違いない。

    バックナイフ(BUCK KNIVES)

    110 フォールディングハンター

    アウトドアナイフ界の伝説的モデル。世界初のロック付きフォールディングナイフ「110」の名を継ぐ、バック社のベストセラー。刃長87mm。


    バックナイフ(BUCK KNIVES)

    770 フラッシュポイント

    多目的に使える波刃付きブレード。デザイン性の高いアルミハンドルには、滑り止めのラバーを内蔵。携行が容易なカラビナは栓抜きとしても使用可能。刃長73mm。


    ファルクニーベン(FALLKNIVEN)

    P3G

    ココボロ材ハンドルが超美しい! 高硬度で刃こぼれしにくい独自の3G鋼ブレードには、片手でも開閉しやすいサムスタッド付き。刃長77mm。


    ファルクニーベン(FALLKNIVEN)

    TK3

    切れ味が長続きする3G鋼を使用。ハンドルにココボロ材を使用。ブレードには3G鋼使用を示す「トレ・クノール(三つの王冠)」の刻印付き。刃長70mm。


    ファルクニーベン(FALLKNIVEN)

    GP

    美しすぎるスリムなデザインで使っても飾ってもステキな一品。収納時もスリムで美しい一本。研ぎやすく靱性に優れた鋼材を使用。豪華な木製化粧箱が付き、ギフトとしても最適。刃長78mm。


    ジー・サカイ(G・SAKAI)

    ニューフォールディングハンター ココボロウッド

    希少なココボロ材ハンドルを使用。ブレードには「ATS-34」というやや硬めな鋼材を使用。刃長60mm(S)、73mm(M)、90mm(L)の3サイズが用意されている。


    レザーマン(LEATHERMAN)

    スケルツール ケー・ビー・エックス(SKELETOOL KBX)

    美しくて軽い! スケルトンデザイン。100g超は当たり前のフォールディングナイフにあって42.5gという軽さを実現。波刃付きだから汎用性も高い。刃長66mm。


    スパイダルコ(Spyderco)

    タスマンソルト2(TASMAN SALT 2)

    ロープ切りが得意なブレード形状。登山ロープや漁網などを切断しやすい内側にカーブしたブレードで、山菜採りや園芸用としても便利。ブレード開閉が片手でできる! 刃長74mm


    オピネル(OPINEL)

    ステンレススチールナイフ

    フランスの伝統的ブランドの代表作。1890年に考案されて以来ほぼデザインが変わっていないアウトドアナイフ界のロングセラー。


    オピネル(OPINEL)

    ラウンドティップナイフ No.7

    はじめてナイフを使うならコレ。尖った先端が怖いというナイフ初心者向けの丸い刃先が特徴。子供に持たせる最初の1本としても。刃長75mm。


    オピネル(OPINEL)

    No.8 アウトドア

    汎用性高い半波刃使用。クライミングロープや張り綱など、ロープを切りやすい波刃付き。ハンドルは耐久性が高い樹脂製。刃長85mm。


    武田刃物

    アイアンウッド12

    鍛冶屋の作るフォールディングナイフ。武田刃物は創業80年、岡山県新見市の鍛冶屋。三代目の武田松水氏が和式鍛造で現代的なナイフを作る。ハートマークの銘もポップ。両刃。刃渡り92mm、刃厚3mm。

     

    構成/坂本りえ 撮影/永易量行

     

    関連記事

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06

    夏休みにデビューしよう!子どものファーストナイフの選び方

    2022.08.11

    火おこし愛好家に捧ぐ!意外と珍しい「ファイヤースチール付き」の鉈

    2022.07.23

    3種の「村の鍛冶屋×藤次郎 アウトドア包丁」でキャンプ飯の格上げが叶う!使い勝手を徹底レビュー

    2022.07.21

    マットブラックのタフな逸品!アウトドアショップ「オレンジ」と「サンガ)」のコラボナイフ

    2022.07.13