100年以上継承する伝統の技!「肥後守ナイフ」とロゴスのコラボナイフが新発売

2020.06.27

抜群の切れ味と長く愛用できる肥後守(ひごのかみ)ナイフは、まさにアウトドアマンにオススメのアイテム。今夏、LOGOS(ロゴス)とのコラボレーションで新しく発売された商品に注目しつつ、肥後守ナイフの魅力を紹介する。

明治中期に考案された、匠の技

美しい刃文は手作り鋳造の証。

肥後守を作る日本唯一の工房となった「永尾かね駒製作所」は、金物の町として知られる兵庫県三木市にある。火床で赤めた鋼を打ち延ばし、日本刀と同じ製法で鍛錬した「特別手作り鋳造」は、美しい刃文が浮かび上がる、匠の技が光る逸品。

そっと刻まれたロゴスの「メープルリーフ」の刻印。ここが現行品とコラボ商品の違い。

シンプルながらちょっぴり手間のかかるこのナイフは、かつては野山を駆け回る少年たちの良き相棒だったそうな。それだけ、誰でも扱いやすいナイフだったのである。

ロックがない、シンプルな構造のナイフ

持ち手(さや)には工房の名が刻まれている「ロゴス×肥後守 ナイフ 青紙大」¥3,900+税

よくあるアウトドア用のナイフなどと違い、肥後守には刃のロックがついていない。使用する際には、刃の付け根にある「チキリ」と呼ばれる部分を親指で抑え、削るようにして使う仕様だ。

そのシンプルな構造は、竹とんぼを削ったり鉛筆を削ったりといった、日常生活に欠かせない身近な刃物として、長い間愛用されてきたのである。

手間がかかる分、育てる楽しさがある

刃渡りが一番短い「ロゴス ×肥後守ナイフ 青紙小」¥2,900+税

肥後守は、使用後のメンテナンスが欠かせない。サビを防止するために、刃全体に椿油を薄く塗り込み、切れ味が鈍った時には研ぐ必要がある。

手間がかかる故に、日常から姿を消してしまった経緯はあるが、道具好きのアウトドアマンには、むしろその手間さえも、自分だけのナイフを育てていく至福のひとときとなるのではないだろうか。

鋭い切れ味と刃もちの良い、4種のナイフを発売

座金部分のデザインも華やか「ロゴス ×肥後守ナイフ 特別手作り鍛造」¥9,900+税

今回、ロゴス とのコラボで製造されたのは、鋼材の異なる4つのナイフ。「特別手作り鋳造」「青紙大」「青紙小」の3種は、日本刀とルーツを同じくする青紙を使用。鋭い切れ味と刃もちの良さに定評がある鋼材だ。

錆に強い高級素材VG10を使用「LOGOS×肥後守ナイフ VG10」¥6,700+税

持ち手部分(さや)の色が他と異なる「VG10」には、高級洋包丁にも用いられる鋼材VG10を使用。鋭い切れ味で刃持ちが良く、青紙よりもサビに強いのが特徴だ。

肥後守ナイフで懐かしさに想いを馳せつつ、これまでとはひと味違ったキャンプを味わってみるのはいかがだろうか。

商品情報

「ロゴス×肥後守 ナイフ 青紙大」

価格:¥3,900+税
全体サイズ(約):17.×2×0.9cm
収納サイズ(約):11×2×0.9cm
重量(約):47g
刃渡り(約):7cm

「ロゴス ×肥後守 ナイフ 青紙小」

価格:¥2,900+税
全体サイズ(約):12.5×2×0.9cm

収納サイズ(約):8.5×2×0.9cm
重量(約):35g
刃渡り(約):5cm

「ロゴス ×肥後守 ナイフ 特別手作り鍛造」

価格:¥9,900+税
全体サイズ(約):17.5×2×1.1cm
収納サイズ(約):11.5×2.5×1.1cm
重量(約):60g
刃渡り(約):7.5cm

「LOGOS×肥後守 ナイフ VG10」

価格:¥6,700+税
全体サイズ(約):17×2×0.9cm
収納サイズ(約):11×2×0.9cm
重量(約):44g
刃渡り(約):7cm

ロゴスの公式ホームページ
https://www.logos.ne.jp

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事