スノーピーク「ソリッドステーク」特集!大人気ペグの魅力を解説 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドア雑貨・小物

    2024.06.04

    スノーピーク「ソリッドステーク」特集!大人気ペグの魅力を解説

    「ソリッドステーク」は、大人気アウトドアブランド「スノーピーク(Snow Peak)」が手がけるペグ。頑丈な鍛造ペグの代表格であり、スノーピークのシンボル的ギアでもある銘品・ソリッドステークの魅力やスペックを解説する。ソリッドステークにあわせて使いたいギアも要チェックだ。

    日本品質を世界に示す「スノーピーク(Snow Peak)」

    「スノーピーク」の前身は、1958年に大工道具の卸問屋として、山井幸雄氏が創業した「山井商店」だ。山が好きな彼は、1963年に登山用品ブランドとして「スノーピーク」を立ち上げた。その後、1986年に入社した長男・太氏は、当時まだ盛んとはいえなかったオートキャンプというレジャーに着目する。

    「キャンプが野遊びのスタンダードになるかも……」という彼の予感は的中。つぎつぎに繰り出す使い勝手の良い機能的なスノーピーク製品は、あっという間に多くのキャンプ好きのハートを射止めた。

    さらには、1999年に米国メディアのアワードを受賞したのを機に、海外へも積極的に進出。2000年代には日本のスタイルを海外に発信するほどにまで躍進する。2014年に立ち上げたアパレル事業も、大成功をおさめて順調そのもの。野遊びのあらゆるカテゴリーをカバーするスノーピークは、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けている。

    ▼参考記事
    人気ブランド「スノーピーク」の基礎知識。もとは何の会社だったか知っていますか?

    消耗品という概念を覆した「ソリッドステーク」

    教えてくれたのは…
    WEBライター
    女子キャンえぬ さん

    アウトドアとスパイスカレー、美味しいものを愛するアラサー女子キャンパー。コーヒー好き歴十年、カフェバリスタの学校に通いカフェで働いていた経験を活かし、美味しいコーヒーの淹れ方を伝授予定。そのほか幼児連れのファミキャンやキャンプ飯、ソロキャンプにおすすめアイテムをご紹介します!

     

    鍛造ペグとは

    鍛造ペグは鍛造で作られているため、頑丈だ。そもそも、鍛造ペグの“鍛造”とは、金属の成形方法の一つ。金属を叩いて圧力を加えることで、内部の空隙(くうげき)をつぶし、強度を高める。

    テントやタープを購入した際に付属されているペグなどは、何度か使うとゆがんだり折れてしまったりすることも多いが、鍛造ペグは頑丈なので長持ちする。

    スノーピークのシンボル的ギア「ソリッドステーク」

    ソリッドステーク20cm

    スノーピークで1995年から販売されている「ソリッドステーク」。カラーバリエーションは黒のみ。長さは20cm・30cm・40cm・50cmまでの4サイズがラインナップされている。

    ソリッドステークはその頑丈さから、従来の「ペグは消耗品」という概念を覆した。今では、スノーピークのシンボル的な商品となっている。

    ソリッドステークは、一般的に販売されているピンペグなどとくらべると値段は少し高めだが、一度購入すれば長く使える。今後キャンプを鍛造ペグで行なっていこうと考えている人にはおすすめの一品だ。

    ソリッドステークのヘッド部分。丸く平らになっているので打ち込みやすい。

    用途にあわせて長さを選べる

    ソリッドステーク30cm(左)と20cm(右)。10cm違うだけでかなり大きさが変わる。

    タープやテントを支える場合のメイン使いに40cm程度のものを、サブ使いに30cm程度のものを、不安定な地面には50cm程度のものを、といった具合に用途にあわせて長さを選んで使用することができる。

    4サイズのラインナップがあるのは、そのような点でキャンパーには嬉しいポイントだ。

    複数本セットになったセット売りもあり、少しだけ割安になっている。もちろん1本ずつでも販売されているため、手持ちのテントやキャンプ予定地にあわせてペグの数を揃えることが可能だ。

    ▼参考記事
    「エリステ」と「ソリステ」って何が違う?最強の鍛造ペグ2種を比較してみた

    スノーピーク「ソリッドステーク」のスペックを解説

    Snow Peak(スノーピーク)
    ソリッドステーク

    鍛造ペグの代表的製品。小石の多い硬い地面にも確実に刺さり、もし曲がっても叩いて直せる強度がある。ハンマーが滑りにくい形状のヘッド、フック用の穴など、使いやすさも抜群。(リンク先は「30」モデル)

    ●サイズ:300mm(ヘッド部/直径15mm、打込み部/直径8mm)
    ●重量:180g
    ●素材:スチール(S55C、黒電着塗装)
    ●形状:鍛造ペグ

     

    鍛造で作られた強靭なペグ。

    ペグを抜くときに便利な、フック用の穴が設けられている。

    河原など、石の多い場所でも問題ない。

    ▼参考記事
    ペグのおすすめ商品を紹介!知っておきたい選び方や使い方も解説

    あわせて使いたい!「ソリッドステーク」に最適なペグハンマー

    Snow Peak(スノーピーク)
    ペグハンマー PRO.C

    「ペグ専用」という新発想のペグハンマー。ヘッド部はペグの概念を変えた銘品「ソリッドステーク」と同じ鍛造仕上げ。銅製ヘッドが打撃の衝撃を吸収し、安全かつ確実に打ち込める。

    ●サイズ:直径35×120×290mm
    ●重量:670g
    ●素材:(ヘッド)銅、スチール(黒電着塗装)、(柄)かしの木

     

    徹底的に打ち込みやすさと叩きやすさにこだわったプロ仕様のハンマー。銅製のヘッド部分は劣化したら交換が可能。グリップには滑り止めのローレット加工を施し、すっぽ抜け防止のベルトも搭載。ハンマー後部に設けたフックとホールを使えばあらゆるペグを簡単に抜くことができる。


    使い込んで減ってしまった銅ヘッドは別売りのヘッドを購入すれば簡単に取り換えが可能。


    ハンマー後部の「フック」で頑丈なペグを、「ホール」でピンタイプのペグを抜くことができる。

    ▼関連記事
    Snow Peak(スノーピーク)/ペグハンマー PRO.C

    あわせて読みたい

    【2024年】キャンプで人気のシェルター8選!アウトドアプロの推しを厳選

    2024年に買うならどのタープがいい? BE-PALベテランライターがヒット予測

    2位はスノーピーク、1位は…?2020年、本当に売れたタープ BEST10

    【新作】スノーピークが全21アイテムを公開!開放感ある大型シェルターも登場

    アメニティドームが初心者におすすめの理由。ラインアップも紹介

    キャンプでふわふわのカフェラテが!snowpeakの「チタンミルクフォーマー」を使ってみた。

    キャンプでふわふわのカフェラテが!snowpeakの「チタンミルクフォーマー」を使ってみた。

    サウナ好きキャンパーの極楽地!?スノーピークが新たに展開した「フィールドスイートスパ」へ行ってきた

    スノーピーク「エントリーパックTT」は高コスパで初心者に最適!使い勝手も抜群だ

    スノーピーク『リゲル Pro. ストーブプラス』はココがスゴかった!【PR】

    スノーピーク『リゲル Pro. ストーブプラス』はココがスゴかった!【PR】

    スノーピーク65周年特別インタビュー「キャンプの力で、世界を変えよう」【PR】

    テントはやっぱりスノーピーク! キャンプデビューには「タープセット」がおすすめですよー【PR】

    レポ!宮崎県に初開業した「スノーピーク都城キャンプフィールド」へ行ってきた

    Snow Peak「ペグハンマー PRO.C」を買うべき理由とは? キャンパーに愛され続ける4つの魅力

    Snow Peak(スノーピーク)/ペグハンマー PRO.C

    みんな持ってる!スノーピークの名品「ペグハンマー PRO.C」

    みんな持ってる!スノーピークの名品「ペグハンマー PRO.C」

    人気ブランド「スノーピーク」の基礎知識。もとは何の会社だったか知っていますか?

    広い!快適!スノーピーク「HDタープ“シールド”・ヘキサ」がファミリーキャンプに超絶オススメな理由

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    L.L.Bean(エル・エル・ビーン)/ウォータープルーフ・アウトドア・ブランケット、エクストララージ プラッド 

    2024.06.20

    LOGOS×Afternoon Tea×PEANUTSのトリプルコラボ!アウトドアで目立つスヌーピーアイテムだっ

    2024.06.17

    釣りから生まれた「どこでもカラビナ」が超おすすめの理由!

    2024.06.14

    パワーアークの“充電しながら使えるネッククーラー”がパワーアップ!冷却プレートの面積も拡大

    2024.06.10

    バッテリーにもランタンスタンドにもなるOD缶…!?

    2024.06.09

    登山向けサングラス7選|紫外線・砂埃対策に必須!おすすめ偏光・調光サングラス

    2024.06.09

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    顔も体も、食器も服も洗える!天然由来成分100%「ドクターブロナー マジックソープ」の限定セットが狙い目

    2024.06.05