みんな持ってる!スノーピークの名品「ペグハンマー PRO.C」 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

みんな持ってる!スノーピークの名品「ペグハンマー PRO.C」

2019.11.16

テントやタープの設営に必要なペグハンマー。逆に言えばそれだけにしか使わないギアですが、多くのキャンパーから信頼を得ているペグハンマーがあります。それが、スノーピーク(Snow Peak)の「ペグハンマー PRO.C」です。

たかがハンマー、されどハンマーな理由

前述のとおり、ペグハンマーの用途は設営時にペグを打ち込むか、撤収時にペグを抜くときがほとんど。なので、「テントを購入すると付属してくるような、プラスチック製のペグハンマーでダメなの?」と、思う人も少なくないはず。もちろん、付属品のペグハンマーでも基本的には使えます。ただ、地面が固いロケーションでは、ペグが地面に入らず、設営がとても困難になります。

そもそもプラスチックのペグハンマーは軽いので、ペグを地面の奥まで打ち込むには何度も叩く必要があります。また、強度もないので叩き過ぎて壊れる(ペグハンマーが割れる)という事態にもなりかねません。プラスチックのペグハンマーは、あくまで簡易的なものと捉えたほうが賢明。なので、年に何回もキャンプに行くようなベテランキャンパーさんほど、ペグハンマーを新たに買い足しているのです。

打撃部の銅パーツが衝撃を緩和する

ペグハンマーはアウトドアメーカー各社から発売されていますが、スノーピークのペグハンマー PRO.Cは、とくに人気が高い製品です。木製(樫の木)の持ち手に鍛造仕上げのハンマーヘッド。打撃部が銅パーツでできており、ペグを強く打ち込んだときの衝撃を緩和してくれます。

鍛造仕上げのハンマーヘッド。打撃部は銅パーツを採用している。ヘッドが重いので、振り上げて下ろすときにチカラがハンマーに加わりやすい。

ハンマーヘッドの後部にはペグ抜きを備える。丸い穴は、ソリッドステークに合わせたサイズ。

握りやすい樫の木の持ち手。表面に凹凸で滑り止め加工が施されている。丸みを帯びた八角形のカタチは、握ったときに手の中でフィットしやすい。

長めのループストラップが付いており、手首に通して利用する。意図せずグリップから手を離してしまったときも、ストラップがあればすっぽ抜けることはない。

同社から発売されている頑強なペグ「ソリッドステーク」と同じ鍛造仕上げ。ヘッド後部のペグ抜き(フック)も、ソリッドステークのような穴付きのペグに効果を発揮します。

プラスチックハンマーで延々とカンカン…していた人がこのペグハンマー PRO.Cを使うと、少しのチカラで気持ちよくペグが打ち込めることが実感できるはずです。使い続ければ使い続けるほど、ペグハンマー PRO.Cがほどよく手に馴染みます。人によっては、銅ヘッドが変形するほど使い込んでしまうことも。それでも大丈夫。交換用パーツとして銅ヘッドだけを購入することができます。

使い込まれたペグハンマー PRO.C。銅ヘッドが潰れているのが分かる。

余談ですが、BE-PAL編集部は撮影で一日にテントやタープを何張りもたてることがあります。いくつものペグを叩くうちに腕がパンパン…そんな状態になりがちですが、少しでも腕の疲労度を軽減するために、ペグハンマー PRO.Cを使うスタッフが多いんです。

銅ヘッドがつぶれたペグハンマー PRO.Cは、BE-PALスタッフの愛用品。このペグハンマーで、何張りものテントやタープを設営してきた。それだけに愛着もひとしお。

ペグハンマー PRO.Cをハンマーだと考えると、決して安い買い物ではありません。ですが、パーツを交換しながら長く使う“一生モノ”と思えば、決して高くないはず。テントに付いてくるプラスチックのペグハンマーより、断然楽に設営できますよ。

仕様

サイズ:φ35×120×290mm
重量:670g
材質:ヘッド/銅、スチール(黒電着塗装)、柄/かしの木

https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja#
※サイトの商品カテゴリから、「テントペグ・ハンマー・ロープ・ポール」にアクセス。同ページ上から製品情報を見ることができます。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。