人気ブランド「スノーピーク」の基礎知識。もとは何の会社だったか知っていますか? | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

人気ブランド「スノーピーク」の基礎知識。もとは何の会社だったか知っていますか?

2022.05.09

スノーピークの出展ブース。ORショーにて

2015年のORショー出展時のブースは、米国でも高く評価されているアパレルがキャンプ用品より目立っている印象があった。

日本品質を世界に示したグローバルブランド「スノーピーク」

「スノーピーク」の前身は、1958年に大工道具の卸問屋として、山井幸雄氏が創業した「山井商店」だ。山が好きな彼は、1963年に登山用品ブランドとして「スノーピーク」を立ち上げた。

その後、1986年に入社した長男・太氏は、当時まだ盛んとはいえなかったオートキャンプというレジャーに着目する。

「キャンプが野遊びのスタンダードになるかも……」という彼の予感は的中。つぎつぎに繰り出す使い勝手の良い機能的なスノーピーク製品は、あっという間に多くのキャンプ好きのハートを射止めた。

さらには、1999年に米国メディアのアワードを受賞したのを機に、海外へも積極的に進出。2000年代には日本のスタイルを海外に発信するほどにまで躍進する。

そして2014年に山井太氏の娘・梨沙氏が主導して立ち上げたアパレル事業も、大成功をおさめて順調そのもの。野遊びのあらゆるカテゴリーをカバーするスノーピークは、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長し続けている。

山井梨沙

2014年に立ち上げたアパレル部門を成功させ、昨年、父・太さんの跡を引き継いで3代目社長に就任した梨沙さん。

スノーピークを代表する山道具・キャンプギア

ギガパワーストーブ 地 

スノーピークのガスストーブ

1998年に登場。コンパクトストーブの軽量化競争の火付け役となったストーブだ。

ペグハンマー PRO.C 

スノーピークのペグハンマー

交換可能な銅製ヘッドのハンマー。柔らかな銅ヘッドが打撃の衝撃を吸収してくれる。

ソリッドステーク 
スノーピークのペグ

硬い地面でもグイグイ食い込む頼もしい鍛造製ペグ。

焚火台 

スノーピークの焚火台

1996年に発売されて以来変わらぬ人気を誇る焚き火台の決定版。

グランベルク

スノーピークのシェルター

様々な張り方ができる2021年登場のシェルター。

問い合わせ先:スノーピーク 0120-010-660
https://www.snowpeak.co.jp/

※構成/坂本りえ(BE-PAL 2021年8月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。