おしゃれなたき火台13選!他人と被らないモデルを探そう | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2024.04.25

    おしゃれなたき火台13選!他人と被らないモデルを探そう

    現在使っているたき火台に物足りなさを感じたら、おしゃれなものを探してみましょう。他人とかぶりにくい、おしゃれなたき火台を13個厳選して紹介します。初めて買う人にもおすすめなので、たき火台を探している人はぜひチェックしましょう。

    シンプルながらおしゃれなたき火台

    シンプルながら、洗練されたデザインでおしゃれなたき火台を二つ紹介します。どちらもメーカーを代表する商品なので、持っておくと他のキャンパーの目を引くはずです。

    Snow Peak「焚火台」

    じか火禁止のエリアでもたき火を楽しめる、Snow Peakの定番アイテムです。逆四角錐のスタイリッシュな形状で、シンプルな開閉機構を備えており、設営と撤収は開閉するだけで簡単です。

    耐久性の高いステンレス素材を使用しており、高温にも負けず長く使えます。燃焼を促す空気穴が開いており、たき火に必要な機能は十分です。

    たき火だけでなく、炭火料理の幅を広げる多彩なオプションが用意されているため、アウトドアでの食事がより豊かなものになるでしょう。

    サイズは1~2人用のSサイズから大人数用のLLサイズまで4種類あり、シーンや人数に応じて選べます。収納ケースも用意されており、持ち運びも簡単です。

    スノーピーク
    焚火台

    【Lモデル】サイズ:w455×d455×h315mm 収納サイズ:560×645×32mm 重量:5.5kg


    Coleman「ファイアーディスク マックス」

    手軽さと機能性を兼ね備えたたき火台です。Colemanのたき火台といえば、このファイアーディスクを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

    ファイアーディスク マックスは、従来モデルよりも約77%もたき火スペースが広くなり、パワーアップして帰ってきました。大きさは直径約60cmあり、最短約3秒で設営できる簡単さは引き継いでいます。

    広くなったスペースは、自由な薪の組み立てを可能にし、バーベキュー用の炭を使用する際にも便利な焼き網が付属しています。耐荷重は約30kgと頑丈で、さまざまなサイズのダッチオーブンに対応しているのも魅力です。

    ダッチオーブンを使うときは、別売りのダッチオーブンスタンドを購入しましょう。収納も簡単で、付属のケースに約10cmの厚さで収まります。

    • 商品名:Coleman「ファイアーディスク マックス」
    • 公式サイト:商品はこちら

    コールマン
    ファイアーディスク マックス

    使用サイズ:約直径30×16(高さ)cm 収納サイズ:約直径32X 10(高さ)cm 重量:約 620 g(網込み約800g) 耐荷重:約25kg


    ユニークな形状のおしゃれなたき火台

    ユニークな形状が特徴的なたき火台を三つ紹介します。たき火台で個性を出したい人は、ぜひチェックしましょう。

    TOKYO CRAFTS「焚火台マクライト」

    自然の中でたき火を楽しむのに、ぴったりのアイテムです。わずか約0.794kgの軽量さで、バックパックに収まるスリムな設計にもかかわらず、30〜40cmの大きな薪を組めるサイズの火床を持っています。

    五徳の位置は2段階で調整でき、収納時はフラットに折り畳み可能なので、組み立てや灰の処理も簡単です。1人でも、仲間や家族と一緒でも、忘れられないたき火の思い出を作れます。

    囲みやすいスクエア形状で、自然とのつながりを深める非日常を提供します。別売りの煉鉄板やたき火シートを追加すれば、たき火調理の幅をさらに広げられるでしょう。

    • 商品名:TOKYO CRAFTS「焚火台マクライト」
    • 公式サイト:商品はこちら

    TOKYO CRAFTS
    焚火台マクライト

    組み立てサイズ(ゴトク除く):W36×D40×H32cm 収納サイズ(収納ケース除く、折り畳み可能です):W21×D40×H2.5cm。重量:794g  ゴトク重量:135g


    ハンゴーコンロ研究所「ファイヤーピットKIKYO-L」

    サッカーボールのような見た目のたき火台です。六角形のパネルで構成され、ジグソーパズルのように組み立てて楽しみながら設営ができます。

    収納時は約21×24×4cmとコンパクトながら、組み立てると約48×29cmのラージサイズになり、しっかりとたき火が可能です。材質は耐久性に優れたステンレスを使用しており、約2.5kgと持ち運びやすい重量です。

    他にはない独特な形状は、キャンプ場で注目の的になること間違いないでしょう。収納袋も付属しており、持ち運びや保管も簡単です。

    • 商品名:ハンゴーコンロ研究所「ファイヤーピットKIKYO-L」
    • 公式サイト:商品はこちら

    ハンゴーコンロ研究所
    ファイヤーピットKIKYO-L

    サイズ:φ300xH185(mm) 重量:約465g(基本キット)+約85g(ハーフ凹パネル)


    MONORAL「ワイヤーフレームソリッド」

    金網を使うタイプのたき火台です。軽量で強靭なアルミ合金製で、一体構造のフレームは簡単に開閉が可能です。収納時は長さ約26cmの棒状になり、デイパックにも楽々収まります。

    重量は約1kgと携行性に優れているので、ソロキャンプにもおすすめです。ステンレスリングメッシュを用いた火床は耐久性と耐熱性に富み、バスタブのような形状で薪の落下を防ぎます。

    耐荷重は約10kgで、10インチ程度のダッチオーブンなら載せられます。フレームは分解して別サイズのアームに交換できるため拡張性が高く、五徳アタッチメントやたき火シートの追加も可能です。

    • 商品名:MONORAL「ワイヤーフレームソリッド」
    • 公式サイト:商品はこちら

    モノラル
    ワイヤーフレームソリッド

    火床サイズ:47cm×47cm (正方形) 重量:1,400g(本体+ステンレスメッシュ) 耐荷重:10kg 収納時サイズ:7x9x35cm


    六角形型のおしゃれなたき火台

    たき火台の中には、六角形や八角形のモデルがいくつか販売されています。美しい幾何学的デザインのたき火台を三つ紹介します。

    Mt.SUMI 「バッドボンファイヤー」

    つぼみをモチーフにした、八角形のたき火台です。二次燃焼を促す形状により高い燃焼効率を実現し、炎を安定させます。煙と灰の量を少なく保ち、臭いや煙たさを軽減できるのもメリットです。

    展開時は約49×49×28cm、収納時は約44×41×12cmとコンパクトになり、大きめの薪も使えるキャパシティが特徴です。重量約7kgのステンレス製で、耐久性にも優れています。

    収納用バッグが付属しているため、持ち運びしやすくなっています。二次燃焼構造により火が消えにくく、ビギナーからベテランまでどのキャンパーにもおすすめです。

    • 商品名:Mt.SUMI 「バッドボンファイヤー」
    • 公式サイト:商品はこちら

    Mt.SUMI
    バッドボンファイヤー

    収納時サイズ:W49×D49×H28cm 重量:7kg


    VARGO「メガヘックス スモークレスファイヤーピット」

    横から見ると燃焼炉のようなインダストリアルなデザインで、他のたき火台とは一線を画しています。二次燃焼構造で煙が少なく、たき火中のストレスを軽減してくれます。

    同社の『ヘキサゴンウッドストーブ』からインスピレーションを受け、デザインをたき火台として落とし込みました。サイズは約33.6×40×61cmで、重さは約11.3kgと少々重めです。しかし、ステンレス製で耐久性は抜群なので、長く使えます。

    収納時は厚み約5cmとコンパクトになるため、車で運びやすいでしょう。

    • 商品名:VARGO「メガヘックス スモークレスファイヤーピット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    VARGO
    メガヘックス スモークレスファイヤーピッ

    重量:11.4kg


    Onway「聖火焚火台(M)PLUS」

    オリンピックの聖火台を彷彿とさせるデザインのたき火台です。使用時にはサイドに切り出された乗馬のイメージが炎と共に浮かび上がり、幻想的な雰囲気を演出します。

    丈夫なステンレス製で、たき火台本体の耐荷重は約10kgとタフです。サイズは約38×33.5×28cmで、収納時は厚さ約6cmと驚くほどコンパクトになります。

    重量は約3.2kg、専用収納袋が付属しているため、持ち運びもしやすいでしょう。ワンアクションで開閉可能なため、設置も撤去も簡単です。キャンプの夜を、よりおしゃれに彩りたい人におすすめです。

    オンウェー
    聖火焚火台(M)PLUS

    使用時サイズ:W38 x D33.5 x H36cm 収納時サイズ:W45 x D43 x H6cm 重量:4.0kg


    機能性も高いおしゃれなたき火台

    おしゃれさと機能性を併せ持つたき火台を二つ紹介します。インテリアとして使えるものもあるので、汎用性の高さを重視する人におすすめです。

    Nuuca「Hygge Time」

    心温まる時間を提供するたき火台です。北欧をイメージしたデザインが特徴で、普段は自宅のインテリアとしても活躍するでしょう。

    約500人の利用者のたき火に関する悩みを解決し、『ヒュッゲ』な時間を演出します。ヒュッゲとは、デンマーク語で『居心地がよい空間』を意味する言葉です。

    セットアップは約10秒で完了し、火消しカバーやほうき・ちりとりが付属しているため、片付けも簡単です。付属の天板を乗せればミニテーブルとしても使え、活躍の幅は広いでしょう。

    語らいのひとときや、ゆらめく炎をただ眺める静かな時間を、さらに特別なものに変えてくれます。

    Nuuca
    Hygge Time

    使用時サイズ:直径38cm×高さ33cm 重量:約3.3kg

    LOGOS「the ピラミッドTAKIBI」

    オプションパーツとの相性がよく、持ち主次第で変幻自在に形を変えるたき火台です。『囲炉裏テーブル』や『クワトロポッド』などの別売りアイテムと組み合わせれば、つり鍋料理や囲炉裏スタイルのたき火を楽しめます。

    本体は五徳付きで、単体でもダッチオーブンや串焼きプレートを使って料理が可能です。約10秒で簡単に組み立てられ、独自の構造により約10kgの優れた耐荷重を実現しています。

    さらに、専用の収納バッグによってフラットにして持ち運べる点も魅力です。

    ロゴス
    the ピラミッドTAKIBI

    総重量:(約)3.1kg サイズ:(約)幅39×奥行38.5×高さ28cm 収納サイズ:(約)縦26.5×横42×高さ7.5cm


    高火力でおしゃれなたき火台

    火力を重視する人におすすめのたき火台を紹介します。たき火だけでなく、料理にも役立つモデルをピックアップしました。

    Coleman「ステンレスファイアープレイスⅢ」

    空気の流れを促進する井桁型の設計で、炎を美しく燃やすたき火台です。伝統的な井桁型は燃焼効率に優れており、力強い火力を発揮するでしょう。

    使用時のサイズは約41.5×46.5×34.5cmで、収納時はきれいに収束しコンパクトになります。重量は約5.7kgあり、ステンレス製なので耐久性にも優れています。

    付属の焼き網を使えば、料理も可能なマルチユース設計です。キャンプファイヤーを楽しみたい人は、ぜひチェックしましょう。

    • 商品名:Coleman「ステンレスファイアープレイスⅢ」
    • 公式サイト:商品はこちら

    コールマン
    ステンレスファイアープレイスⅢ

    使用時サイズ:約41.5×46.5×34.5(h)cm 収納時サイズ:約41.5×30.5×15.5(h)cm 重量:約5.7kg


    mont-bell「フォールディング ファイヤーピット」

    二次燃焼構造により、高い燃焼効率を発揮するたき火台です。簡単に折り畳めるため携帯性にも優れており、ソロキャンプや少人数でのキャンプで重宝します。

    本体とロストルには、耐久性の高さとメンテナンスのしやすさを兼ね備えたステンレス鋼が使用されています。焼き網付きで、バーベキューも楽しめるでしょう。

    より耐久性をアップさせたいときは、別売りのロストルやグリルで強化が可能です。

    • 商品名:mont-bell「フォールディング ファイヤーピット」
    • 公式サイト:商品はこちら

    モンベル
    フォールディング ファイヤーピット

    重量:4.1kg(4.3kg) ※( )内は収納袋を含む総重量です。 サイズ:高さ30×幅42×奥行き22cm 耐荷重(静荷重):約20kg 収納サイズ:30×42×5cm


    ソロストーブ「レンジャー キット 2.0」

    シンプルな円筒状のたき火台です。コンパクトながらも二次燃焼技術を採用し、直径約38cmの大きな燃焼部が炎を燃え上がらせます。

    専用スタンド付きなので、どのような場所でも安定して安全に使用可能です。さらに灰受けとロストルが取り外せるので、手入れも簡単です。

    重量は約7.5kgと少々重めですが、収納袋が付属しているため持ち運びには適しています。自宅の庭でもアウトドアでも少煙で環境に優しく、初心者から上級者まで幅広く使えるアイテムです。

      • 商品名:ソロストーブ「レンジャー キット 2.0」
      • 公式サイト:商品はこちら

    ソロストーブ
    レンジャー キット 2.0

    サイズ:高さ:約41.5cm 直径(幅):約38.0 cm 重量:約7.5kg


    まとめ

    たき火台は、キャンプに欠かせないアイテムなだけに、キャンパーのセンスが光る部分でもあります。人気ギアゆえ、毎年さまざまな形状のたき火台が開発され、しのぎを削っています。中には、初めて目にするデザインのものもあったかもしれません。

    デザインがおしゃれなだけでなく、二次燃焼で高火力を発揮したり、オプションパーツとの相性がよかったりと、使い勝手のよいたき火台も多くあります。他の人とかぶりたくない人は、ぜひこの記事で紹介したたき火台をチェックしましょう。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25

    対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生

    2024.05.20

    焚き火台、焚き火シート、耐熱グローブ、火ばさみの焚き火台4点セットはいかが?

    2024.05.17

    オイルマッチは永久に使える?特徴から使い方まで紹介!

    2024.04.28

    ソロ、ファミリー別のおすすめ焚き火台10選!燃焼効率、超軽量、雰囲気重視モデルまで

    2024.03.31

    六角形の焚き火台ならキャプテンスタッグ!注目のラインナップからおすすめできる理由まで解説

    2024.03.29

    気軽に楽しめるサイズ!LOGOSのスウェーデントーチに、燃焼時間80分の小型バージョンが登場

    2024.03.25

    火打ち石の使い方は?キャンプでの活用方法からおすすめの商品まで解説!

    2024.03.25