失敗しない焚き火台選び!ユニフレーム「ファイアグリル」がコスパ最強! | 焚き火道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

失敗しない焚き火台選び!ユニフレーム「ファイアグリル」がコスパ最強!

2020.01.17

今や「キャンプといえば焚き火!」というほど、キャンプでの焚き火は欠かせない存在。各メーカーよりさまざまな焚き火台が発売されており、大きさや形状、構造など、バラエティーに富んでいます。ですが、市販されている焚き火台があまりにも数が多く、キャンプを始めたばかりだとどれを買ったらいいのか分からないのでは!?

焚き火台選びのポイントその1:大きさ

焚き火台選びのポイントはまず大きさ。ソロ(ひとり)やデュオ(ふたり)用の焚き火台だと、ファミリーやグループに不向きです。小さな焚き火台をみんなで囲んでも暖かくなく、焚き火台を使っていざ調理をするときもスペースが足りない…ということになりがち。ファミリーやグループでの使用は、4人以上が囲めるサイズの焚き火台がベストです。

逆にソロやデュオキャンプで大きな焚き火台を使うのも十分アリですが、これはオートキャンプなどで積載条件が許せばの話。オートバイや自転車、はたまた徒歩でのキャンプだと、大きな焚き火台は持ち運びに不便です。こんなときはやっぱり、ソロ用の焚き火台ですね。

焚き火台選びのポイントその2:形状

次に形状です。焚き火台のなかには火床に耐熱生地を用いたものや、メッシュ状になっているもの、焚き火台全体がお皿のようなディスク形状をしているものなどがあります。どれも使いようによってはとても便利なアイテムですが、もし、最初の焚き火台を選ぶとしたら、一般的な焚き火台がオススメ。十分なスペースと強度を持った火床があって、それを支えるしっかりとした脚があり、焼き網や五徳が付いていれば、BBQや焚き火調理なども楽しめます。

焚き火台選びのポイントその3:価格

最後に価格です。焚き火台は数千円で買えるものから数万円するものまでさまざまですが、最初から高いものを手にする必要はありません。高価な焚き火台は確かに機能面で優れています。ですがその機能を引き出すのもキャンパーの腕次第。「買ったはいいけど扱いづらい…」ということにならないためにも、最初の一台は無理ない価格帯のものを選びましょう。

ただ、いくら安いからといって、ネット通販でたたき売りされているような、格安(過ぎる)焚き火台は要注意です。耐久性に問題があることが多いので、長く使えるとは到底思えません。なので、きちんとしたアウトドアメーカーが販売しているものを選ぶようにしましょう。

最初の一台に最適なユニフレーム「ファイアグリル」

そこでオススメなのがユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」。BE-PAL本誌で何度も取り上げてきた製品だけあって、焚き火台の定番とも言えるアイテムです。

ファイアグリルの素晴らしい点は、まずコスパに優れていること。他メーカーの焚き火台に比べても値段が安く、手に取りやすい価格設定です。それでいて最初から焼き網が付いているので、焚き火やBBQの両方が楽しめます。耐荷重(分散耐荷重)約20kgもあり、ダッチオーブンも置けて便利です。

火熾ししやすい形状もファイアグリルが持つ魅力のひとつです。430×430mmの正方形は薪を起きやすく(組みやすく)、全方向から空気を取り入れることができます。これにより火の回りが早く、着火が容易です。火床(ロストル)にも無数の穴が付いているので、空気の流れを巡回します。

ユニフレームのファイアグリルでよくあるのが「ロストルが変形した」という話し。ロストルが変形しても使用になんら問題ありません。逆に使い込まれて風合いが出るほど。

ファイアグリルは片付けも簡単です。ハンドルが付いているので、使用後の灰を灰捨場まで持っていくのに便利。平らな面積が広いので洗いも容易です。ガシガシ洗ったら日光で乾かしてその間にテントのお片付け、というスムーズな撤収が行なえます。最後に本体(炉)に脚部と網を仕舞えばお片付け終了です。

リーズナブルかつ取り扱いが容易。焚き火もBBQもできる。ダッチオーブンも置ける。片付けも楽ちんなユニフレームのファイヤグリル。もし、初めて買う焚き火台に悩んでいる人がいるとしたら、迷うことなくオススメします。

SPEC:

サイズ:使用時約430×430×330(網高)mm、収納時約380×380×70mm
材質:炉・ロストル:ステンレス鋼、スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
重量:約2.7kg
分散耐荷重:約20kg

ファイアグリル | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー : https://www.uniflame.co.jp/product/683040

※構成、文、写真/早坂英之

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火道具 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。