日本発のおすすめアウトドアブランド12選。ジャンル別に紹介 | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 日本発のおすすめアウトドアブランド12選。ジャンル別に紹介

    2022.08.07

    日本、海外を問わず多くのアウトドアブランドがありますが、国内ブランドでギアをそろえたいと考える人もいるでしょう。日本発のアウトドアブランドをジャンル別に12個紹介します。ぜひ自分の趣味に合うブランドを探してみましょう。

    日本発のアウトドアブランドはなぜ人気?

    日本発のアウトドアブランドは、日本人だけでなく海外からも高い人気を得ています。そんな日本のブランドならではの魅力を解説します。

    きめ細かい配慮や使いやすさが魅力

    日本の夏は湿度が高く、冬は乾燥しているなど独特の気候をしています。日本のアウトドアブランドは、日本ならではの気候に合った商品を展開しており、使いやすいように配慮されていることが特徴です。

    またユーザー目線で商品が開発されており、品質が高いことも人気の理由です。

    海外のブランドでは趣味が合わないと思っていた人も、日本のブランドならきっとお気に入りが見つかるでしょう。

    おすすめの総合アウトドアブランド

    キャンプギア全般を取り扱う、おすすめの総合アウトドアブランドを3つ紹介します。どれもキャンプ場で一度は見たことのあるブランドでしょう。

    スノーピーク

    新潟に本社を置く総合アウトドアブランドで、金物屋をルーツとしており、物作りの技術が高いことが特徴です。

    『人生に、野遊びを。』をモットーに、創業者自身が本当にほしいと思うオリジナルの登山用品を開発してきました。

    少々値が張るものの、アフターサービスも手厚く、一生物のアイテムを見つけることも可能です。スタイリッシュなデザインがかっこよく、家庭でも使いたくなるアイテムばかりです。

    長きにわたって根強いファンが多く、スノーピークのアイテムを持っていればおしゃれキャンパーの仲間入りができるでしょう。

    スノーピーク * Snow Peak

    キャプテンスタッグ

    リーズナブルな価格で、幅広い商品ラインアップが特徴のブランドです新潟で創業し、もともとは家庭用の金物を販売していました。

    創業者がアメリカに市場調査に赴いた際、大きなグリルでバーベキューをする家族を見たことをきっかけに、日本の需要に合ったバーベキューコンロの開発に取り掛かったことから、アウトドアブランドとしてのスタートを切りました。

    その後はキャンプ用品全般を販売するブランドに成長し、今ではキャプテンスタッグで全てのギアをそろえることも可能です。

    シンプルでクセのないデザインが評価されています。リーズナブルで使い勝手のよいアイテムを探している人におすすめです。

    キャプテンスタッグ|アウトドア用品総合ブランド

    モンベル

    海外でも人気の有名ブランドで、キャンプ用品からアパレルまで販売しています。

    テントやシュラフの品質に定評があり、初心者ならモンベルで一式をそろえるのもよいでしょう。高品質ながら、比較的リーズナブルな価格で手に入ることもうれしいポイントです。

    アウトドアウェアは繊維メーカーなどと共同で開発していることもあり、おしゃれなものが多く販売されています。初心者だけでなく、上級のファンも多いブランドです。

    モンベル – アウトドア総合ブランド

    テントがおすすめ!日本のアウトドアブランド

    テントが人気の日本のアウトドアブランドを3つ紹介します。テントはキャンプの必需品のため、こだわる価値があるでしょう。

    ロゴス

    カラフルでおしゃれなテントが特徴的なブランドです。もともとは船舶用品の卸売業を営んでいましたが、1983年からアウトドア用品の販売を開始しています。

    『Enjoy Outing!』を合い言葉に、屋外と人をつなぐ架け橋になることをコンセプトにしています。

    アウトドア初心者でも手に取りやすいキャッチーなデザインと、リーズナブルな価格が魅力的です。他のブランドでは見られないようなデザインのテントも販売しているので、ぜひチェックしてみましょう。

    Enjoy Outing! ロゴス:LOGOS

    オガワ

    テント専門として発足した、創業100年を超えるブランドです。その高い品質によって100年以上選ばれ続けた自負があり、確かにキャンプ上級者からも高い評価を得ています。

    もともとは軍用テントを開発していたこともあり、テントの品質は業界随一といえるでしょう。日本初のブランドだからこそ、日本の気候に合った商品を開発できるというポリシーを持っています。

    既に廃盤となったモデルでも可能な限り修理対応してくれるところも、日本のブランドならではのきめ細かいサービスです。

    ogawa | テントはogawa

    DOD

    自転車のブランドとしても有名です。自らをクレイジーなアウトドアブラントと呼んでおり、キャンパーが楽しめるギアを販売しています。

    広告を出さず、商品の企画から製造、販売まで全て自社で行うことで、高品質ながらコストを省いたリーズナブルな価格を実現しています。

    『普通のモノは作らない』と宣言している通り、個性的なデザインが魅力で、きっと気に入るデザインのテントが見つかるでしょう。

    品質が高く、かつ手に取りやすい価格帯のテントを探している人におすすめです。

    DOD(ディーオーディー):キャンプ用品ブランド – アウトドアをワクワクするソト遊びに。キャンプ用品ブランド「DOD(ディーオーディー)」の公式サイトです。

      ギアがおすすめ!日本のアウトドアブランド

      シュラフや調理用品などのギアをそろえるのにおすすめのアウトドアブランドを3つ紹介します。それぞれに強みを持つブランドでギアをそろえるのもよいでしょう。

      SOTO

      工業用バーナーのメーカーが立ち上げたアウトドアブランドです。バーナーを軸に、キッチン用品を中心に販売しています。

      一般的にはアウトドアブランドとして認知されていますが、今でも事業の約半分は工業用バーナーが占めています。

      安全性と耐久性に優れており、高品質で使いやすいバーナーを探している人にはおすすめです。HPにはキャンプ料理のレシピも掲載されているので、興味のある人はのぞいてみてはいかがでしょうか。

      SOTO | OutDoor Gear

        ユニフレーム

        バーナーやグリル、チェアが有名なブランドです。

        現在ではアウトドア用品全般を扱っていますが、もともとは工芸用のトーチを販売するところからスタートしています。そのため、バーナーを始めダッチオーブンやフライパンの品質が高く、料理がおいしくなると評判を得ています。

        日本の風土や文化に即したキャンプ用品を作ることをモットーとしており、国内メーカーの用品をそろえたい人にはぴったりといえるでしょう。

        HPのQ&Aページには商品のトラブルシュートや手入れの方法が掲載されている点にも、サービスのきめ細かさが表れています。

        ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

        ナンガ

        シュラフの品質に定評のあるブランドです。敷き布団の製造を請け負う会社としてスタートしており、寝具にルーツを持っています。

        ダウンを使った寝袋の品質が高く評価されており、キャンプ上級者のファンも多くいることが特徴です。

        ダウンの素材である羽毛は成熟した水鳥のものを使っており、国内で洗浄・精製しています。そのため、温度調節機能に優れており、特有の臭いもありません。

        海外進出も果たしていますが、商品は国内製造なことからも、品質へのこだわりが見て取れるでしょう。シュラフは全てにおいて永久保証が付いている点も人気の理由です。

        NANGA | ナンガ

        アパレル商品がおすすめのアウトドアブランド

        キャンプをするときはギアだけでなく、服装にも気を配りたいところです。アウトドア用のアパレル商品で有名なブランドを3つ紹介します。

        デサント

        1935年創業の老舗ブランドです。『すべての人々に、スポーツを遊ぶ楽しさを』を理念に、スポーツに特化したウェアの販売を行なっています。

        スポーツ用品店で一度は目にしたことがある人も多いでしょう。その品質の高さから数多くのスポーツ選手に選ばれており、クオリティは確かなものです。

        その知見を生かして、アウトドア向けブランド『デサントオルテライン』を立ち上げています。

        形は全て機能の後に付いてくるというコンセプト通り、デザインには全て機能面の理由があり、装飾としてのデザインはありません。機能的で無駄のないウェアを探している人におすすめのブランドです。

        DESCENTE LTD.|株式会社デサント

        キャラバン

        アウトドア用のシューズで有名なブランドです。登山靴を始め、ランニングシューズやレインシューズなど幅広い商品を展開しています。

        一番の特徴は、設計時に日本人の足に合った木型を使用している点です。このことから、履き心地がよいと評判を得ています。

        環境が厳しくなるほどキャンプギアの機能性が重視されますが、キャラバンならではの経験と技術に基づいて開発された商品は高い評価を得ています。

        自社に修理工場を構えており、アフターサービスも充実していることも特徴の一つです。HPには靴の手入れ方法が紹介されているので、興味のある人はのぞいてみてはいかがでしょうか。

        登山靴のキャラバン公式サイト 株式会社キャラバン

        ファイントラック

        2004年に創業した、比較的新しいブランドです。『本当のアウトドアウエアとギアを創れるのは、本気で遊べる者だけ。』という言葉通り、社員がアウトドアで経験した内容を元に商品が開発されています。

        創業者が繊維業界出身ということもあり、繊維の技術力に定評があります。世界初のはっ水ドライレイヤーを始め、数々のオンリーワンの技術を生み出しています。

        大量生産と大量消費がトレンドの現在においても、国産にこだわり定番商品に絞った商品開発が信念です。

        長く使い続けられるアウトドアウェアを探している人には、うってつけのブランドでしょう。

        国産アウトドアブランド 株式会社ファイントラック(finetrack)

        まとめ

        アウトドアブランドといえば海外のものを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、日本にも海外ブランドに引けを取らない品質を誇るメーカーが数多く存在します。

        日本のアウトドアブランドの利点は、きめ細かいサービスと日本の風土に合った商品を開発している点です。

        実地での経験に基づいた商品を開発したり、永久保証を付けたりと、日本のモノづくりを象徴するブランドばかりです。

        アウトドア用品全般を扱うブランドから、特定の領域に強みを持つブランドまで、さまざまなブランドがあります。

        お気に入りのブランドで全てをそろえるもよし、ギアごとに有名なブランドを選ぶもよしです。ぜひ自分の好みに合うブランドを見つけてみましょう。

        RELATED ARTICLES

        関連記事

        NEW ARTICLES

        『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

        ネックウェアといえば「Buff」。アウトドアスポーツ別におすすめの使いこなし方を教えます!

        2023.02.05

        スノーピークから発売のエントリーキャンパー向けモデル「ランドネスト」とは

        2023.01.24

        チャムスはなぜ人気?4つの魅力とおすすめ商品を紹介

        2023.01.12

        アメリカ発アウトドアブランド6選!アイテム別のおすすめも紹介

        2023.01.10

        極寒フィールドでも負けない!雪山登山に対応したカリマー秋冬コレクション3アイテム

        2023.01.08

        極寒でも楽しく温かく。カリマー秋冬コレクションは満を持して…キャンプアイテム!

        2022.12.02

        z