英国領インド時代の夏の首都シムラーに、サルが主役の寺院がある? | BE-PAL

英国領インド時代の夏の首都シムラーに、サルが主役の寺院がある?

2017.10.18

キナウル・スピティの旅3

インド北部、ヒマーチャル・プラデーシュ州の州都シムラーは、標高約2200メートルの高原地帯に位置し、人口は約17万人にも達する大きな街です。インドが英国に統治されていた頃、この街は夏の首都として位置付けられていて、夏になると冬の首都カルカッタ(現コルカタ)からこの街に首都機能が移されていたそうです。

英国領インドの夏の首都だっただけあって、街には当時の様式で建てられた古い建物が数多く残っていて、どこかヨーロッパの街のような雰囲気を醸し出しています。

急峻な尾根に沿って広がっているシムラーは、坂道が非常に多い街です。そのため、写真のようなエレベーターが設置されている場所もあり、大勢の人々が利用しています。

地元の人々でにぎわう食堂に、ボリウッドの最新作をかけている映画館。インドの街らしい風景もあちこちで見られます。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。