キャンプギアおすすめ34選|No.1アウトドア雑誌が厳選&調査!初心者向けも紹介 | 道具・ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    道具・ギア

    2024.05.08

    キャンプギアおすすめ34選|No.1アウトドア雑誌が厳選&調査!初心者向けも紹介

    数多くのキャンプギアの中から、全国アウトドアショップの人気バイヤーのイチ推しほか、BE-PAL編集部員が買って良かったアイテムを一挙紹介。どんなキャンプギアを選べばいいのかわからないビギナーはもちろん、新しくギアを手に入れたいキャンパーも要チェックだ。初心者におすすめの定番人気ギアも種類別に紹介。

    キャンプに必要なギアとは?

    キャンプ初心者の場合にそろえたいギア

    キャンプ初心者の場合は、キャンプに必ず持っていくべきギアからそろえよう。キャンプのギアは挙げればきりがなく、高価なものも多いため、最初から全てをそろえようとすると大きな出費になってしまう。

    キャンプに最低限必要なギアには、以下が挙げられる。

    • テント
    • シュラフ
    • 調理道具(バーナーやクッカー、ナイフ、皿など)
    • テーブル
    • チェア

    友人とキャンプに行く場合は友人からギアを借りる、またはキャンプ場のレンタルサービスを利用するのもおすすめだ。キャンプをする中で必要に感じたものを少しずつ購入すれば、やがて一式そろっていく。

    ▼参考記事
    キャンプに必要な道具とは?初心者におすすめのキャンプギア16選

    2024年おすすめのキャンプギア5選!人気バイヤーが大注目

    日ごろからユーザーの意見を聞き、売れ筋を体感しているショップのスタッフに、イチ推しのキャンプギアを教えてもらった。 この中から2024年のヒット商品が生まれるかも!


    鎌倉天幕(カマクラテンマク)
    GLチェア

    フレームのクランク部分に施された特許構造で耐久性を高め、収束性もスムーズに。生地は贅沢に二重構造にすることで、なかなかヘタレず、交換(有料)も可能。

     

    「秀岳荘 白石店」(北海道札幌市)の鳥海 信さん

    「人気のローチェアのなかでも圧倒的な収束性を持ち、木製アームの感触と質感の良い伸びにくい生地でキャンプチェアの逸品。」


    キャプテンスタッグ×コロナ
    石油ストーブ SZ-32CS

    赤熱式の燃焼筒が、まるでランタンのような温かみを醸し出す。同ブランドの専用テント内や、ガレージに置いても格好いいレトロデザイン。燃料は灯油。ライターで着火する。

     

    「アウトドアライフストア WEST三条店」(新潟県三条市)の加藤 俊さん

    「ベースとなるSZ-32CSはコロナ社がアウトドア向けに新開発した小型石油ストーブ。三条ブランドのコラボモデル第2弾です!」


    EMBER DESIGN(エンバーデザイン)
    ACOダッチオーブン

    アルミダッチオーブンに独自のリアルセラミックコーティングを施し、汚れが落ちやすく、耐久性もUP。約1.3kgと軽量で携帯性も抜群。

     

    「ナムチェバザール 水戸店」(茨城県水戸市)の平岡 忠さん

    「ガスメーター製造会社がクラウドファンディングで作った異色のダッチ! すべて国内生産の安心安全モデルです。」


    tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)
    モノポールインナーテントメッシュ

    シェルターやタープの下で就寝するための自立式テント。設営が簡単で、コンパクトなのでコットの上でも使用できる優れモノ。

     

    スタンダードタイプもあり。両タイプとも1か所のみ。

    「WILD-1 市川コルトンプラザ店」(千葉県市川市)の前川陽司さん

    「虫の苦手な方も安心なメッシュタイプ。小ぶりなのでシェルター内に仲間と数個並べることができます。」


    イワタニ
    ホットサンドグリル

    同社のカセットこんろのゴトクにハマるよう安全設計されたホットサンドグリル。分割でき、ソロ用フライパンとしても活用できる。

     

    「アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア柏店」(千葉県柏市)の平山智之さん

    「人気のホットサンドメーカーは’23年も健在でした。フラット面では炒め物、波型面は肉のグリルなどに最適。」

    ▼参考記事
    2024年にイチ推ししたいキャンプギア7選!全国のアウトドアショップ人気バイヤーが大注目

    BE-PAL編集部員おすすめ!買って良かったキャンプギア19選

    新製品情報をいち早くキャッチしたり、アウトドアの達人たちが使用しているギアに触れる機会が多かったり。BE-PAL編集スタッフは日々、たくさんのギアやアイテムと出会い、物欲と闘っている。

    でもやっぱり買っちゃう…。そんな中「これは本当に買って良かった!」と思ったものを各スタッフが悩みながらもセレクト!


    セレクトしたのは…
    BE-PAL編集長
    沢木

    ついつい買っちゃう。

     

    THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
    エバカーゴ2

    トンネル形状の2人用テント。吊り下げ式のインナーをはずせば、シェルターとして使用することができる。「本誌イベントのときは、私の"家"になります」(沢木)

     


    BAREBONES(ベアボーンズ)
    オールインワン キャストアイアン スキレット6インチ

    ひとり飯やデザートにちょうどいいサイズ。直火での使用を想定してつくられたモデルだけあって、焚き火料理は得意。底面が厚い焚き火使用で使い勝手◎「ハンドルの持ちやすさにびっくり!」

     


    ogawa(オガワ)
    3ハイ&ローテーブル タフメッシュ

    熱い鍋が置けて火器類も使用可能なタフ&メッシュ仕様。高さが3段階に変えられるので、スタイルに合わせて使用可能。ダッチやスキレットも置ける。「ハードに使えて超便利」

     


    MSR
    ランデブーサンシールド 200ウィング

    ピンと張ったときの美しいシルエットが特徴的なタープ。天候やスタイルに合わせてアレンジすることもできる。「紫外線防止機能付きだから、夏でも快適~」

     


    セレクトしたのは…
    BE-PAL.NET 編集長
    町田

    物欲がとまらない!

     

    ogawa(オガワ)
    グラムチェア

    スタイリッシュかつ、重さ約640gという軽さが魅力。持ち運びしやすすく、使い勝手◎。「外でも家でも使いたくなるチェアが欲しかったんです」(町田)

     


    セレクトしたのは…
    BE-PAL 編集
    おがちん

    散財王は俺だ!

     

    Snow Peak(スノーピーク)
    エントリーIGT

    同社「アイアングリルテーブル」の低価格モデルながら、拡張性の高さはそのまま。「焼き肉テーブルにしたくて買いました」(おがちん)

     

    ▼関連記事
    snow peak(スノーピーク)/エントリーIGT


    Helinox(ヘリノックス)
    グラウンドチェア

    シリーズのなかで、もっとも座面位置が低いモデル。「ぼくのなかでベスト・オブ・ローチェア!春の自転車キャンプに向けて、携帯性と利便性で選びました」

     

    ▼関連記事
    Helinox(ヘリノックス)/グラウンドチェア


    EVERNEW(エバニュー)
    Alu Table/Fire

    すぐ使えるワンアクションソロテーブル。ソロキャンプや登山などに便利。軽く、手軽なのが魅力。「上に熱いものを載せられるので調理もできますよ」

     

    ▼関連記事
    EVERNEW(エバニュー)/Alu Table/Fire


    プランディ
    キャンプハチェット 鶯

    柄長330mmの片手斧で、焚き付けを作るなどのちょっとした薪割りに便利。「鶯(うぐいす)色のハンドルもお気に入りです!」

     


    BioLite(バイオライト)
    アルペングローランタン250

    本体をシェイクすることでモードやカラーを変えられる。マルチカラー花火モードが魅力。「ひとりでもパーティー気分を味わいたくて」。ソロで大活躍だ。

     


    セレクトしたのは…
    BE-PAL 編集
    ブッシュ早坂

    買ったはいいけどまだ使えてない。

     

    tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)
    青空タープ2

    4.9m四方のスクエアタープ。BE-PALでも撮影するカメラマン山田真人さんモデルで「タープの下でも明るく撮れますよ」(早坂)

     


    Coleman(コールマン)
    TCパーティーシェードライト/300サイドウォール付

    サッと立てられて居住性も抜群、火の粉にも強い。クラフト作家の真島辰也さんも愛用しているシェード。「もちろんウォールも4面そろえました」

     


    PAAGO WORKS(パーゴワークス)
    ニンジャタープ

    アレンジ多彩な張り方ができるタープ。「ライトグレーは限定版で、思わず飛びついた」。通勤バッグに忍ばせている、らしい。(※リンク先は通常カラー)

     

    ▼関連記事
    PAAGO WORKS (パーゴワークス) / ニンジャタープ


    MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)
    シェルターG

    ピンと張った形がとてもきれいなシェルター。しかも簡単にテンションよく張れるのがすごい。「ずっと狙っていたものをついにゲット」

     

    ▼関連記事
    MINIMAL WORKS (ミニマルワークス) / シェルターG


    セレクトしたのは…
    BE-PAL 編集
    ハラボー

    お給料が…。

     

    finetrack(ファイントラック)
    カミナドーム2

    軽量コンパクト、シンプルで立てやすい構造の山岳テント。「人生初テント!ずっと使う一生モノ。撮影時に映えるオレンジ×グレーのカラーリングもお気に入り」(ハラボー)

     

    ▼関連記事
    finetrack (ファイントラック) / カミナドーム2


    セレクトしたのは…
    BE-PAL 編集
    高瀬

    本当に買いましたって!

     

    patagonia(パタゴニア)
    メンズ・フーディニ・ジャケット

    携帯性に優れたアウトドアフーディで、リサイクルナイロン100%なのも特徴。「ホーボージュンさんが着てるのを見て買いました」(高瀬)

     


    SOTO(ソト)
    アミカス

    手のひらサイズに収まる、軽量ストーブ。すり鉢状のヘッドで、風にも強い。「編集長に聞いたらこれが良いっておすすめされて」

     


    セレクトしたのは…
    BE-PAL 編集
    大下

    家族には内緒ね。

     

    NANGA(ナンガ)
    オーロラ ライト 450 DX

    快適使用温度0度C、下限温度‐5度Cのスリーシーズンモデル。760FPの高品質ダウンを使用。「これひとつあれば車中泊も快適!」

     


    セレクトしたのは…
    BE-PAL 編集
    住川

    普段使いしてます!

     

    THERMOS(サーモス)
    ソフトクーラー ROC-002

    5層断熱構造で、優れた保冷力を持つソフトクーラー。「容量26Lのサイズは、1泊2日のファミキャンにぴったり!」

     

    ▼関連記事
    THERMOS(サーモス)/ソフトクーラー ROC-002 ミッドナイトブルー

    ▼参考記事
    BE-PAL編集部員の自腹ギア大公開!買って良かったキャンプギア&アウトドア用品30選

    キャンプの必須ギア!【テント】の大定番おすすめモデル

    Coleman(コールマン)
    ツーリングドーム/ST

    1人用ながら前後どちらにも出入り口があり、使い勝手の良さに定評のあるツーリングテント。ひとりでも設営しやすいポールポケット式で、荷物を置くのに十分な広さの前室を装備。ソロキャンプやツーリング用途向き。懐にやさしい価格帯も大きな魅力。

    ●対応人数:1人
    ●サイズ(フライ装着時):約210×265×H100cm
    ●収納サイズ:直径約19×49cm
    ●重量:4kg
    ●素材:フライシート/ポリエステル約1,500mm、インナーテント/ポリエステル、フロア/ポリエステル約1,500mm、フレーム/FRP

     

    インナーテントの後ろ側2か所にポール先端を受け止める袋状のポールポケットがあり、ひとりでも簡単スムーズに設営できるように工夫されている。クロスポールに加え、フライ前面の出入り口を大きく前にせり出すサブポールがあり、広い前室が確保されている。

    標準装備されているのはグラスファイバーポールだが、別売りのアルミポールセット/STにすれば軽量化も可能だ。

    別売りのキャノピーポールがあればフライシートの前面パネルを張り出せ、日よけ、雨よけスペースを拡張することができる。

    ▼関連記事
    Coleman (コールマン) / ツーリングドーム/ST

    ▼参考記事
    一人用でミニマムに過ごすか二人用でゆったり楽しむか…ソロテントのベストバイはこれだ!


    snow peak(スノーピーク)
    アメニティドーム M

    「高品質=高価」という法則を打ち破る高コスパなロングセラーテント。親子4人で過ごすのに必要十分なサイズと、初心者にやさしい価格設定、そして品質の高さに定評のあるモデル。別売りポールを使って前面を張り出し、開放感を高めることもできる。1~2名用のSサイズ、4~5人用のLサイズもラインナップ。

    ●対応人数:4人
    ●設営サイズ:280×505×H150(室内高)cm
    ●収納サイズ:74×22×25cm
    ●総重量:8kg
    ●素材:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001+A6061(直径12.8mm+直径12mm・前室直径11.8mm+直径12mm)

     

    フライの表面にはテフロン撥水加工とUVカット加工、裏面にはポリウレタン防水加工が施され、雨をしっかりシャットアウト。どこを計測しても耐水圧1,800mmミニマムを確保している(ちなみに一般的な傘の耐水圧は200~500mm、中程度の雨に耐えるレインウェアの耐水圧は2,000mm、テントに関しては、耐水圧1,500mmで強い雨にも耐えられるとされている)。

    フライシートは前面とサイド片側に出入り口があり、使い勝手も上々。テント高が低めになっているので、室内で立ち上がることはできないが、そのぶん風に強く強風下でもテントが歪みにくい。

    前室スペースもたっぷり。荷物置き場としてはもちろん、日差しを避けてくつろぐのにも十分だ。

    ポールスリーブ先端の色に合うポールを差し込むようになっているので、迷わず簡単に設営できる。

    ▼関連記事
    Snow Peak (スノーピーク) / アメニティドーム M

    ▼参考記事
    3位はスノーピーク、2位はコールマン、1位は…?いま売れているテント26選【ファミリーテント編】

    初心者にもおすすめ!便利&使いやすい【シュラフ】

    Coleman(コールマン)
    マルチレイヤースリーピングバッグ

    4シーズン対応のスリーピングバッグ。このシュラフがあれば季節問わずキャンプを楽しむことが可能。3つのレイヤーを組み合わせたり、分割したりして使用することができる。

    ●サイズ:90×200×H20cm
    ●収納サイズ:29×38×52cm
    ●重量:4.9kg
    ●使用温度:-11度Cまで
    ●素材:【中綿】【シェル】【ライニング】ともにポリエステル

     

    アウトレイヤー、ミッドレイヤー、フリースの3層構造。春~夏はそれぞれ単体で使用するほか、気温に応じて組み合わせて使用できるのがユニークだ。

    フリースとミッドレイヤーを重ねれば6度C(快適温度12度C)、全部を重ねると-11度C(快適温度-5度C)に対応するので、夏キャンプから雪中キャンプまで、このセットひとつでまかなえる。

    3つのレイヤーを組み合わせても分割しても使えるので、幅広い温度帯に対応する。

    アウトレイヤー。内部は高い保温性を維持できるフリース素材。

    ミッドレイヤー。しっかりとレイヤーを重ねることで、朝まで暖かく過ごせる。

    ▼関連記事
    Coleman (コールマン) / マルチレイヤースリーピングバッグ


    Snugpak(スナグパック)
    ベースキャンプ スリープシステム

    コストパフォーマンスの高い化繊シュラフで定評のある同ブランドによる、レイヤーシステムのシュラフ。アウターとインナーがセットになっていて、ファスナーでくっつけたりはずしたりすることができる。春と秋はインナーだけ(快適外気温度は-2度C)、夏はアウターだけ(快適外気温度は3度C)、冬はインナーとアウターを重ねて(快適外気温度は-12度C)というような使い方が可能。

     

    リーズナブルな価格で快適温度の違う2つの寝袋が手に入るというのは、なかなかありがたい。これからソロキャンプを始める人はひとまずこれを買って、外気温に対してどれくらいの厚さの寝袋が自分にはちょうどよいのか検証してみてはいかがだろうか。

    アウターもインナーも封筒型なのでファスナーを開いてシート状に広げることができるから、車中泊のときにも便利だ。インナーのほうは頭を覆う部分が付いていないが、そのかわり首まわりに綿がつめてあって、首が寒くないように設計されている。

    アウター(デザートタン色)とインナー(オリーブ色)を重ねた状態。両者をファスナーで接着できる。インナーの首まわりには綿が詰めてあり、首が寒くならない。

    アウターのファスナーを開いてシート状に広げたところ。上に載っているインナーも同様にして広げることができる。つまり敷布団と掛け布団(もしくは掛け布団2枚)として使うことができる。

    アウターもインナーもひとつの収納袋に入れられる。ストラップを締めて圧縮するコンプレッションタイプなので、コンパクトに収納できる。

    ▼参考記事
    ソロキャン初心者が最初に買うならコレ。2in1のレイヤー式寝袋

    キャンプ飯を楽しむおすすめの【調理系ギア】

    SOTO(ソト)
    レギュレーターストーブ ST-310

    外気温が低下しても火力が落ちにくいSOTOのレギュレーターストーブ。ボンベの冷却に影響されることなく高出力を発揮するので、連続した調理も可能。コンパクトなので持ち運びにも便利だ。

    ●サイズ:幅166×奥行142×高さ110mm(本体)
    ●収納サイズ:幅140×奥行 70×高さ110mm(本体)
    ●重量:330g
    ●発熱量:2.9kW (2,500kcal/h)

     

    新開発のマイクロレギュレーターを搭載し、連続使用によるドロップダウンの影響を受けにくいストーブ。生ガスの発生を抑え、外気温25℃~5℃の環境下でも常に一定の火力を発揮。外径130mmの大きめなゴトクで安定した使用感が実感できる。

    大きなゴトクを装備すれば大人数の料理もこなせる。

    収納ケース付きなので持ち運びやすい。

    朝晩の冷え込みが激しい時でもすぐに着火が可能。

    ▼関連記事
    SOTO(ソト)/レギュレーターストーブST-310


    Snow Peak(スノーピーク)
    アルミパーソナルクッカーセット

    開口部が広い浅型クッカー。浅い分、お皿としても使いやすい。内壁には耐摩耗性が高まるアルマイト加工が施されている。セットで485g。スターターセットとしてオススメ。

    ●容量:(クッカーL)1L(クッカーS)700ml、(フタL)500ml、(フタS)350ml
    ●収納サイズ:直径155×高さ10cm
    ●総重量:485g
    ●素材:本体/アルミアルマイト加工、ハンドル/ステンレススチール

     

    焚き火調理もOK。じっくり煮込む料理にもおすすめ。

    すべてのツールをコンパクトにまとめられる。

    ▼関連記事
    Snow Peak(スノーピーク)/アルミパーソナルクッカーセット

    ▼参考記事
    クッカーのベストバイを徹底調査したら…飯盒人気が本格化してた!

    快適なキャンプ時間を過ごす【テーブル・チェア】のベストバイ

    全国のアウトドアショップの店員さんが選ぶ"本当に推したいキャンプギア"からテーブルとチェアを紹介。プロの目で選出されたベストバイをチェックしよう。


    Coleman(コールマン)
    バタフライテーブル/120

    落ち着いたウッド調の天板を開くだけと組み立てが容易。高さも3段階に調節でき、幅広いスタイルに対応する。メラミン樹脂製のため、約5.7kgと見た目よりも軽量。

    ●サイズ:約70cm×120cm×70cm/60cm/44cm(高さ)
    ●収納時サイズ:約36cm×120cm×9cm(高さ)
    ●総重量:約5.7kg(耐荷重:約30kg)

     

    44cm、60cm、70cmと高さ調節可能。子供の成長に合わせて変更可。

    推しのコメント

    「テーブルにフチ加工がなくスタイリッシュ。軽量で組み立て、収納も簡単で扱いやすい」(スーパースポーツゼビオ ビバモールさいたま新都心店)

    ▼関連記事
    Coleman(コールマン)/バタフライテーブル/120

    ▼参考記事
    機能+αの逸品!全国人気ショップが推すキャンプテーブルのベストバイ


    ogawa(オガワ)
    3ハイ&ローテーブルⅢ

    アルミ天板ながらウッド調プリントで自然な風合い。汚れに強いのも特徴。高さは33.5cm、49cm、57.5cmと脚の伸縮で簡単に3段階に変えられる。ロック機能付きで移動も安心。

    ●サイズ:幅81cm×奥行70cm×高さ33.5cm/49cm/57.5cm
    ●収納時サイズ:幅70cm×奥行40.5cm×高さ9.5cm
    ●総重量:4.5kg/天板耐荷重:40kg

     

    折りたためばコンパクトに。持ち運びやすい収納袋付き。

    推しのコメント

    「木目調がオシャレで大きさの割に軽く、ファミリーに好まれている。3段調整が可能で、手持ちのチェアに合わせられるのも◎」(sotosotodays)

    ▼関連記事
    ogawa(オガワ)/3ハイ&ローテーブルⅢ

    ▼参考記事
    機能+αの逸品!全国人気ショップが推すキャンプテーブルのベストバイ


    Snow Peak(スノーピーク)
    ローチェア30

    座面高30cmで足を投げ出してゆったり座れ、ソファへ腰かけた気分に。アームレストも竹集成材で肌触りが優しい。安定感も抜群で、在宅ワーク用のホームチェアとしても人気。

    ●サイズ:W58×D65×H86cm
    ●収納時サイズ:W16×D18×H101cm
    ●重量:3.6kg
    ●素材:(フレーム)アルミニウム合金、(肘掛け)竹集成材、(金具)ステンレス、(シート)ポリエステル

     

    コンパクトに収納でき、専用収納ケース付きで持ち運びやすい。

    同社「ワンアクションローテーブル竹」などとの相性も抜群。

    推しのコメント

    「安定感のある座り心地が好まれ、子供が座る際も倒れにくい点がポイント高し。焚き火スタイルから食事までオススメ」(sotosotodays)

    ▼関連記事
    Snow Peak(スノーピーク)/ローチェア30 カーキ・ブラウン

    ▼参考記事
    キャンプ、庭BBQ、リモートワークにも!アウトドア用チェアの最新ベストバイ10


    Helinox(ヘリノックス)
    チェアゼロ

    同社の代表モデルを軽量化したハイスペックタイプが堂々の第2位。コンパクトな収納サイズからは想像できない快適な座り心地。抜群の強度と柔軟性を持つ軽量合金製ポールと超軽量シートを採用。

    ●サイズ:幅52cm×奥行き48cm×高さ64cm
    ●収納時サイズ:幅10cm×奥行き10cm×高さ35cm
    ●総重量:490g(スタッフバッグ込みの重量:510g)
    ●材質:(フレーム)アルミニウム合金、(張り材)ポリエステル、ナイロン

     

    足を前面に投げ出すことで、より安定感のある座り心地を実現。

    シートには薄手で丈夫なポリエステル・リップストップを採用。

    持ち運びやすい丈夫なスタッフバッグ付き。

    推しのコメント

    「超軽量コンパクト。軽さ重視のミニマムキャンパーから女子キャンパーまで根強い人気を誇っている」(エルブレス御茶ノ水店)

    ▼関連記事
    Helinox(ヘリノックス)/チェアゼロ

    ▼参考記事
    キャンプ、庭BBQ、リモートワークにも!アウトドア用チェアの最新ベストバイ10

    あわせて読みたい

    「2ルームテントは初心者向け」というのは本当か?真偽を調べてみた

    「アウトドア」「キャンプ」におすすめのバイク、教えます!

    「アウトドア」「キャンプ」におすすめのバイク、教えます!

    「ソロキャンとはロマンです」憧れを詰め込んだKENJI PERM CAMPさんの目指す先とは

    ソロキャンプにおすすめのキャンプ場113選【日本全国版】

    【最新】No.1アウトドア雑誌が選んだ全国のおすすめキャンプ場57選

    ファミリーキャンプにおすすめのキャンプ場はここ!子どもの楽しい!が散りばめられた「ACNあぶくまキャンプランド」

    ファミリーキャンプにおすすめのキャンプ場はここ!子どもの楽しい!が散りばめられた「ACNあぶくまキャンプランド」

    NEW ARTICLES

    『 道具・ギア 』新着編集部記事

    真夏のテント泊には夏用の寝袋が欲しい!VASTLANDの「夏用封筒型シュラフ」はいかが?

    2024.05.29

    新色も登場!Bears Rockのかわいい「子ぐま寝袋」には工夫がいっぱい

    2024.05.29

    モンベルのソックオンサンダルが優秀!アウトドア好きが選ぶ理由とは

    2024.05.29

    GREGORYのロングセラーバックパックにコンパクトで機能的な新モデルが登場

    2024.05.28

    水陸両用サンダルは今季もトレンド!大注目のホカ「HOPARA 2」を試してみた

    2024.05.28

    キャンプ×スムージーを手軽に叶う、レトロかわいいミルクボトル型のブレンダーはいかが?

    2024.05.27

    ファミリーキャンプにあったらいいな!LOGOSの広々座れるアウトドア用ソファ

    2024.05.27

    山岳テント最強はどれ?ベストバイアイテムを徹底解析

    2024.05.26