クイックキャンプのチェアはリラックス度満点!大人も子供もくつろげる厳選3脚 | チェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    チェア

    2024.06.09

    クイックキャンプのチェアはリラックス度満点!大人も子供もくつろげる厳選3脚

    日本発のアウトドアブランド「QUICKCAMP(クイックキャンプ)」のチェア特集。アウトドアでゆったりと過ごすのにおすすめのチェアをBE-PALが厳選紹介。快適な座り心地のチェアをぜひ体験してほしい。

    防災加工と快適な座り心地の「焚き火チェア」

    QUICKCAMP(クイックキャンプ)
    焚き火チェア ローチェア 収束 難燃 QC-LLC20

    焚き火をより快適に堪能できるチェア。防災加工と快適な座り心地のシートが特徴。
    ●使用サイズ:約62cm×57cm×55cm(座面高約20cm)
    ●収納サイズ:約77cm×直径19.5cm
    ●重量:約3.1kg
    ●耐荷重:100kg
    ●構造部材:フレーム/スチール直径16mm(粉体塗装)、シート/600Dポリエステル(PVCコーティング)、座面クッション材/6mmウレタン

     

    防災加工と快適な座り心地のシート

    シートには、火の粉の燃え上がりを防ぎ、安全に使用できる防炎加工を施した。万が一火の粉が付着しても、化繊のようにすぐに穴が開く心配がない(ただし、完全防炎ではない)。

    また、座面や背面にはクッション材が入っており、体への負担を軽減。フィット感のあるシートが体を包みこんでくれ、リビングであぐらを組んでいるかのようなゆったりした座り心地を満喫できる。

    何よりロースタイル設計なので焚き火を身近に感じることができ、リラックス感がハイスタイルと比べて段違いだ。

    使い勝手の良い多彩な収納ポケット

    シート背面には、雑誌や小物入れとして使えるメッシュポケットを装備。アクセントと利便性を備えたリングもついており、カラビナなどを使用してフックとして活用することもできる。

    さらに、座面下にも収納スペースを設置。収納袋やブランケットを保管したり、焚き火グローブを入れるなど、アレンジの仕方によってチェアの活用方法が幾通りにも広がる。


    ▼参考記事
    冬キャンプのベストパートナー!火の粉に強く座り心地が抜群の「焚き火チェア」

    親子で安心して座れる「収束ローチェア&ベンチ」

    QUICKCAMP(クイックキャンプ)
    収束式ローチェア ワンラブチェア 一人掛け One Love chair QC-LFC75

    収束式には珍しい33cmのシートハイ(座面高)。一般的な収束式チェアよりも10cm以上低く、重心が安定して深く座り込んで休める。子供だけでなく大人もゆったりくつろげるのは嬉しい。
    ●使用時サイズ:約75(アームレスト含む)×48×70cm
    ●収納サイズ:約約70×20×20cm
    ●総重量:約3kg
    ●耐荷重:約100kg

     


    QUICKCAMP(クイックキャンプ)
    収束式ベンチ ラブソーシート 二人掛け Love so sheet チェア QC-LFC120

    ワンラブチェア同様、安心して座れるローチェア。ベンチの横幅は120cmで、小さめのツールームやタープ下でも問題なく使用可。またキャンプだけでなく、公園、庭、ベランダなど日常的に使うのもいいだろう。
    ●使用時サイズ:約120(アームレスト含む)×48×70cm
    ●収納サイズ:約73×27×15cm
    ●総重量:約4.5kg
    ●耐荷重:約180kg

     

    一番の特徴は、親子で座れる安心のシートハイ


    今回のチェアとベンチの共通点は、収束式には珍しい33cmのシートハイ(座面高)。一般的な収束式チェアよりも10cm以上低く、重心が安定して深く座り込んで休める。子供だけでなく大人もゆったりくつろげるのは嬉しい。


    シートが低くなると、焚き火がしやすくなったり空が広く見やすくなったりと、使い勝手が良くなる。ベンチの横幅は120cmで、小さめのツールームやタープ下でも問題なく使用可。またキャンプだけでなく、公園、庭、ベランダなど日常的に使うのもいいだろう。

    クッション付きで収納力も優秀


    シートと背もたれにはクッション材を挟み、快適な座り心地を追求。背もたれ部分には傾斜をつけ、長時間座っていても疲れにくいように工夫されている。


    高さ調節が可能な肘掛けには、間に仕切りを入れた大き目のドリンクホルダーを設置。小物入れとしても使えるので、サイドテーブルやサコッシュなどがなくても安心!


    背面のポケットは左右が縫い付けてあり、たたむ時にも邪魔になりにくい。背もたれのDカンには、ライトやグローブ、Bluetoothスピーカーなども吊り下げることができ、あれこれ必要なものを手の届く範囲に置いておくことができる。


    専用の収納袋がついているので、力に自信がない人でも収束して(脚を束ねて)コンパクトに持ち運ぶことができる。収納時の長さが約70~73cmと一般的な収束式のチェアよりも10cm以上短くなっており、車載にも便利だ。

    通常使用180日間の製品保証がついているので、安心して使えるのも魅力の1つと言えるだろう。

    ▼参考記事
    焚き火にも最適!クイックキャンプの「収束ローチェア&ベンチ」が登場

    あわせて読みたい

    QUICKCAMP (クイックキャンプ) / ダブルウォール キャビンテント

    QUICKCAMP (クイックキャンプ) / ダブルウォール ドームテント

    QUICKCAMPの折りたたみテーブル。軽くてカップルキャンパーにピッタリサイズ

    10万円以下!クイックキャンプが「お得な大型2ルームテント」を11月より先行予約販売開始

    10万円以下!クイックキャンプが「お得な大型2ルームテント」を11月より先行予約販売開始

    2分でマットの空気入れが完了。ランタンにもなる空気ポンプ「マイクロエアポンプ」の使い勝手は?

    インフレーターマット(インフレータブルマット)のおすすめと選び方

    NEW ARTICLES

    『 チェア 』新着編集部記事

    ローにもハイにも高さ調節可能!クイックキャンプ「2WAYチェア」の4つの魅力

    2024.06.22

    Alpen Outdoorsで見つけた機能的でおしゃれな「撥水ローチェア」「アルミグリドルパン」

    2024.06.08

    コールマンのヒーリングチェアの魅力をBE-PAL編集部レビュー付きで解説!

    2024.05.31

    ファミリーキャンプにあったらいいな!LOGOSの広々座れるアウトドア用ソファ

    2024.05.27

    コールマンの人気「レイチェアシリーズ」にメッシュ生地&長時間使用可能なモデルが追加

    2024.05.24

    ロゴスの大人気「あぐらチェア」に、水で洗えるモデルがあるって知ってた?

    2024.05.16

    時代を超える名デザインのチェアでキャンプ!CALMA STOREの折りたたみイス「HEKA chair」

    2024.05.11

    ヘリノックスのグラウンドチェアが人気の理由とは?アウトドアNo.1雑誌が解説

    2024.05.06