軽キャンピングカーのおすすめレンタル店8選。魅力や選び方も紹介 | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2023.10.21

    軽キャンピングカーのおすすめレンタル店8選。魅力や選び方も紹介

    巨大なキャンピングカーを運転する自信がない人には、軽キャンピングカーがおすすめです。軽キャンピングカーをレンタルするメリットや、おすすめのレンタルサービスを紹介します。キャンピングカーデビューをしたい人は、ぜひチェックしましょう。

    軽キャンピングカーをレンタルするメリットって?

    『軽キャン』の愛称で親しまれている軽キャンピングカーをレンタルする利点には、どのようなものがあるのでしょうか。軽キャンピングカーならではのメリットを二つ挙げて解説します。

    通常サイズよりも運転しやすい

    軽キャンピングカーなら、通常サイズのキャンピングカーよりも運転がしやすくなっています。通常のキャンピングカーもほとんどが普通免許または準中型免許で運転が可能ですが、サイズが大きく不安に思う人は少なくありません。

    しかし軽キャンピングカーなら、ほとんどのサイズは通常の軽自動車と同じため、初めてキャンピングカーを運転する人でも扱いやすいといえます。市街地や細い道も走りやすく、駐車場に困ることもほとんどありません。

    車中泊場所を見つけやすい

    軽キャンピングカーはサイズが小ぶりなため、車中泊場所を見つけやすいでしょう。通常のキャンピングカーの場合、車中泊をするには広いスペースが必要です。

    特にフリーサイトの場合、繁忙期は混雑するため、場所取りに苦労する可能性があります。しかし軽キャンピングカーなら、狭いスペースでも駐車ができるため、車中泊場所には困らないでしょう。

    ただし、道の駅やサービスエリアに駐車する際は、マナー違反をしないよう注意が必要です。道の駅やサービスエリアは休憩のための施設であり、仮眠が認められています。仮眠と車中泊の線引きはあいまいですが、調理・椅子・テーブルを広げて長期滞在目的で連泊するといった行為は基本的にNGです。長時間の駐車は他の人の駐車スペースだけでなく、施設の営業機会を奪うことを意味します。常識と良心に従った行動を心がけましょう。

    軽キャンピングカーレンタル店の選び方

    軽キャンピングカーをレンタルしたい人に向けて、レンタル店の選び方を解説します。スムーズにレンタル・返却ができるよう、ポイントを見ていきましょう。

    利用する人数をチェック

    軽キャンピングカーの乗車人数は、例外もありますが2~4人程度が基本です。『軽バンコン』と『軽キャブコン』という種類によって、乗車できる人数が異なります。

    軽バンコンとは、軽のワゴンやバンをキャンピングカー仕様に改造したタイプです。見た目ではキャンピングカーとは分からず、あまり目立ちたくない人にも適しています。軽バンコンの乗車人数は原則4人までです。

    軽キャブコンとは、軽トラックをベースにシェルと呼ばれる居住空間を設置したタイプです。シェル(居室)は後付けのため、軽バンコンより居住空間が広く、ポップアップを利用すればさらに広くスペースを確保できます。

    見た目は小さいキャンピングカーのようなので、よくも悪くも周りの目は引きやすいでしょう。

    料金体系をチェック

    軽キャンピングカーのレンタル料金の相場は、平日1日あたり約5,000~2万円です。多くのサービスで、土日・祝日・ハイシーズンは平日よりも料金が高く設定されています。

    土日やハイシーズンに借りるなら、24時間で1万円以上はかかると思っておきましょう。また、車種によっても料金が異なり、軽バンコンより軽キャブコンの方が料金が高い傾向にあります。

    料金体系は日帰りか24時間ごとに分かれているのが基本です。中には24時間のレンタルのみの店舗もあります。日帰りプランは約8~9時間と店舗によって異なり、加えて1時間ごとの遅延料金が設定されています。

    数は多くないものの、サブスク型のサービスを展開しているサービスもあるため、どの形態がよいか思案してからレンタルしましょう。

    レンタル・返却方法をチェック

    レンタル方法や返却方法が便利かどうかも重要です。店舗が自宅の近くにないときは、キャンプ場の近くやアクセスのしやすい場所にあるか、確認する必要があります。

    具体的には、電車で向かうなら駅から近いか、近くまで車で行くなら乗り換えやすいかどうかをチェックするとよいでしょう。

    店舗で自家用車から軽キャンピングカーに乗り換えられるところだと、より便利です。中には店舗近くのアクセスしやすい場所で、レンタル・返却できるサービスもあります。

    「東京」軽キャンピングカーのおすすめレンタル店

    東京にある軽キャンピングカーのおすすめレンタル店を5店舗紹介します。東京から発着するなら、できるだけ近隣の店舗の方が便利です。駅からのアクセスにも注目しながら見ていきましょう。

    オフィスアムズ

    東京で唯一『バグトラ』『ブギーライダー』が借りられるレンタル店です。バグトラは軽キャブコン、ブギーライダーは軽バンコンにルーフテントを付けたタイプです。

    店舗は新宿駅から電車で約10分の、東京メトロ丸ノ内線方南町駅から徒歩2〜3分と駅近にあります。レンタルと返却は原則店舗または方南町駅出口で行ないますが、1,100円(税込)を払えば新宿駅西口での譲渡も可能です。

    料金は9時間と24時間で分かれており、バグトラは9時間で3,773円(税込)からとリーズナブルに借りられます。お試しで軽キャンピングカーに乗ってみたい人におすすめです。

    軽キャンピングカーレンタルならオフィスアムズ

    ゴールデンピッグ

    新宿駅から電車で約10分のところにあるレンタル店です。人気アウトドアブランドのギアもレンタルでき、キャンプ初心者でも気軽に軽キャンプを楽しめます。店内にはキャンプギアのショールームもあるため、実際に手に取って借りたいギアを選べます。

    ラインアップはスタンダードな軽バンコンの『ストロー(N-VAN)』と、ルーフテント付きの軽バンコン『ツリー(N-VAN)』の2種類です。料金はストローの場合で、平日8時間7,700円(税込)からとリーズナブルに利用できます。

    さらに、3日以上借りると10%OFF、2回目以降の利用で5%OFFのリピーター割引があるのが魅力です。学生であれば、10%OFFで利用できる学割もあります。

    ゴールデンピッグ|軽キャンピングカーレンタルショップ

    けやきWORKS

    スズキの『エブリイバン4w』をレンタルできるサービスです。店舗は東京都小平市にありますが、受け渡しは基本的にJR中央線立川駅で行うため、アクセスはしやすいでしょう。別料金で他の場所を指定することも可能です。

    料金は平日(月~木)1日8,800円(税込)からです。1週間(6泊)や1カ月(30泊)など、長期でも借りられます。

    さらに、毎月2日・3日・5日間(平日)借りられる『軽キャンレンタル定期プラン』も用意されています。定期プランは、都会の騒がしさを離れてリモートワークをしたい人にもおすすめです。

    東京都で軽キャンピングレンタカーするなら軽キャン・カーワーク|リモートワーク・親子キャンプにおすすめ

    サードプレイスキャンパー

    4人が就寝できる軽バンコンを借りられるレンタル店です。店舗はJR山手線・東急目黒線・都営三田線の目黒駅から徒歩約7分のところにあり、23区に住んでいる人はアクセスしやすいでしょう。

    料金は『エブリイ 給電くん』であれば、平日(月~木)1日24時間で9,790円(税込)から利用できます。チェアとランタン・インフレータブルマット・寝袋のレンタルも可能です。『エブリイ 給電くん』はサブバッテリーに充電もできる車種のため、長期で借りるときも安心です。

    通常のキャンピングカーは不安だけれど、軽よりは大きい車種を借りたいという人には、ハイエースワゴンもレンタルできます。

    サードプレイスキャンパー – キャンピングカーレンタル東京

    MASAKI

    数少ないサブスクサービスを提供しているレンタル店です。サブスク料金は、平日5日間で2万5,000円(税込)と、1日あたり5,000円(税込)のリーズナブルな価格で利用できます。

    1,000円(税込)の年会費を払って会員になれば、平日1日8,000円(税込)のところ、6,000円(税込)でレンタルが可能です。1回利用するだけでも費用を抑えられるので、会員になるほうがお得といえるでしょう。

    アクセスは、東武東上線・下板橋駅から徒歩約4分のところにあります。車種はスズキのエブリイで、内装は木を基調としており雰囲気は抜群です。

    軽キャンピングカーレンタル 東京 – 安い・安心「MASAKI」

    「東京以外」軽キャンピングカーのおすすめレンタル店

    地方に住んでいる人や、軽キャンピングカーを現地調達したい人におすすめのレンタル店を三つ挙げて紹介します。遠方へのキャンプを考えている人はチェックしましょう。

    キャンプレンタカー

    岡山・香川・愛媛に9店舗を展開しているレンタル店です。事前予約をすれば、岡山空港・高松空港・松山空港の3カ所で、店舗までの無料送迎サービスを利用できます。

    軽キャンピングカーでレンタルできる車種は、軽キャブコンの『INDY727』です。キッチンやシャワーが付いている本格的なキャンピングカー仕様になっています。

    料金は通常1日24時間で1万3,200円(税込)からとなっており、2回目以降はリピーター割引で10%OFFで利用できます。

    レンタル軽キャンピングカー INDY727|キャンプレンタカー(岡山/香川/愛媛)

    ガッツレンタカー

    軽バンコンを借りられるレンタル店です。全国展開されている通常のレンタカー店ですが、軽キャンピングカーは本店・名駅店・ナゴヤドーム前矢田店の、名古屋3店舗でのみ取り扱いがあります。

    車内はきれいなだけでなく、Bluetoothで音楽再生もできるため、キャンプの雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。料金は、平日1日・1万780円(税込)で、支払い方法は店舗でのクレジット決済のみです。

    キャンピングカー|【公式】格安レンタカーのガッツレンタカー|24時間 2,200円(税込)

    軽キャンレンタカー

    福岡にある、軽キャンピングカーを専門に取り扱うレンタル店です。車種はいずれも本格的なキャンピングカー仕様の軽キャブコンで、すべての車種で4人の就寝が可能です。内装もきれいで、快適なキャンプをサポートします。

    料金は1日9,900円(税込・保険料込)で、連続8日間までレンタルできます。アクセスは、福岡空港駅から路線バスやタクシーに乗るとよいでしょう。空港から近いため、九州を巡る軽キャンピングカーの旅をしてみたかった人にもおすすめです。

    【いつでも1日9900円】軽キャンレンタカー|福岡の軽自動車キャンピングカー専門レンタカーサービス

    まとめ

    軽キャンピングカーは、気軽にキャンピングカーを利用したい人におすすめです。ほとんどが軽自動車と同等のサイズのため運転がしやすく、駐車場所にも困りません。

    通常のキャンピングカーと比べて、安価に利用できるリーズナブルさも魅力の一つです。今までのキャンプに変化を付けてみたい人にもおすすめです。『軽キャン』で新しいキャンプの形を探してみましょう。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    【キャンピングカーでヨーロッパ周遊旅行】夢のためにすべてを手放し夫婦で人生最大の冒険へ

    2024.05.14

    キャンピングカーの内装に注目!バンや軽、DIYスタイルまで一挙紹介

    2024.04.14

    新型キャンピングカー「ベルーガ」は普段使いもイケる!フレックスのハイエースがベース 

    2024.04.13

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02

    日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー!

    2024.03.24

    キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ!

    2024.03.13

    winpy-jijiiさんが夫婦で改造したキャンピングカーがすごい!製作期間2カ月半、改造費30万円以下

    2024.03.04

    キャンピングカーの中でなに食べてる?子連れ車中泊旅のリアルな食事事情をご紹介

    2024.02.18