2018.03.14

タルキートナから、ヘリで空へ。冬のアラスカの原野を飛ぶ

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

アラスカ 冬の旅2

アラスカ鉄道のオーロラ・ウインター・トレインでアンカレジを発ってから、約3時間。タルキートナという小さな町の停車場で、列車を降りました。この町の人口は800人ほど。いかにもアラスカというノスタルジックな佇まいの家々が、雪に半分埋もれるようにして建ち並んでいました。

今回の僕の目的地はこのタルキートナではなく、さらに離れた場所にあります。まずは、タルキートナの飛行場へ。飛行場のチェックインカウンターで手続きをしてもらって、体重も計測してもらいます。

僕が乗せてもらうのは、ヘリコプター。助手席に座り、ヘッドセットをつけ、シートベルトを装着。ローターが加速して唸りを上げると、ふわりとあっけなく、機体が浮き上がりました。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket