シースナイフ特集!編集部おすすめの逸品

2018.06.23

鞘(シース)に刃を収めるタイプのシースナイフ。折りたたみ機構が無く、ブレードとハンドルが一体になっているため、シンプルで扱いやすいのが特徴です。キャンプをはじめとしたアウトドアで包丁のかわりに料理に使うのも良し、斧や鉈のかわりにちょっとした薪割りに使うにもとても便利です。このページでは過去BE-PALの誌面で取り上げた逸品を一挙紹介!お気に入りの一本を見つけよう!

モーラナイフ(MORAKNIV)

コンパニオン ヘビーデューティー MG

ブッシュクラフト向けに開発された大定番。厚めのブレードに長めのストレート、カーブ、鋭いポイントを配置。切る、削る、穴を開けるなど、野外でのあらゆる作業をサポート。


モーラナイフ(MORAKNIV)

エルドリス ネックナイフキット

ポケットサイズのシースナイフ「エルドリス」に首下げ用パラコードと落下防止のセカンダリーロック、ファイヤースターターを同梱したキット。鋼材はステンレス鋼(サンドヴィック12C27)。ハンドル材はポリプロピレン+TPEラバー。峰は付属のファイヤースターターを削れるように角を立てた仕上げ。焚き火周りでちょっとした作業に活躍する。


モーラナイフ(MORAKNIV)

ガーバーグ レザーシース

3.2m厚の鋼材がハンドル末端まで通じたフルタング仕様。バトニングやハンドルでの打撃などラフな使用に。


モーラナイフ(MORAKNIV)

カンスボル マルチマウント

根元を厚く、先端側を薄くした独特のブレード形状。耐久性が求められる作業を繊細な作業を一本でこなせる。


モーラナイフ(MORAKNIV)

クラシック オリジナル1

モーラナイフの全ラインナップ中、唯一積層鋼をブレードに使用。無着色の樺材のハンドルとレザーシースは、古い時代のモーラナイフの姿を留める。


バックナイフ(BUCK KNIVES)

863 セルカーク

ナイフで木を削ってすぐに火おこしできる、ホイッスル機能付きファイヤースターターが付属。キャンバスを芯に樹脂加工したマイカルタという耐久性に優れたハンドルを採用。


バックナイフ(BUCK KNIVES)

104 キャンプナイフ

デザインはオーソドックスなキャンプナイフだが、ブレードには赤いパウダーコーティングが施され、ブッシュや落ち葉の中でも見つけやすいようになっている。本国では同時に赤いコーティングがされたハンドアックスや鉈もリリースされ評判になった。


ジー・サカイ(G・SAKA)

キャンパー炎カスタム

ステンレスでありながら、炭素鋼同様の超硬度が特徴の特殊粉末鋼材ZDP-189を使用。さらに超低温処理「クライオフォージ」を施して、刃持ちの長さを格段に高めた究極のブレード。


トヨクニ

晶之作 槌目剣鉈

海外で和包丁の人気が高まっており、外国人観光客の購入が増えた剣鉈。山で生活してきた猟師、山師が愛用してきた、土佐鍛冶が作る万能刃物。


BE-PAL BOOKS

アウトドアズマン養成BOOK 正しいナイフの使い方

アウトドアナイフの正しい使い方をマスターすることで、あなたのアウトドアライフは何倍も楽しくなります。フィールドで役立つナイフの実践法から、カスタマイズ、メンテナンスまで、アウトドアの初心者から上級者まで幅広くお役に立てる情報が満載です!!

 

おすすめ関連記事

シースナイフ関連

初めに持つべき刃物は、大ぶりの「シースナイフ」だ!

ナイフの使い方をイラストで解説

基本の握りを覚える

基本の切り方を覚える

割る&穿つ

木を削ってみよう

簡易メンテナンスで切れ味をキープ

ナイフの正しい使い方 一問一答

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

第10回

第11回

第12回

最終回

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナイフ・刃物 』新着ユーザー投稿写真

『 ナイフ・刃物 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』