【南アフリカ探訪記】 本物のライオンたちと一緒に散歩? ライオン・ウォークに挑戦してみた | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2015.11.25

    【南アフリカ探訪記】 本物のライオンたちと一緒に散歩?  ライオン・ウォークに挑戦してみた

    sa0505

    少しずつライオンたちの挙動に慣れてきたかなと思っていても、不意にこんな風に尖った牙をむき出しにしてあくびをされたりすると、いやいや油断ならないぞ、と思い直します。

     sa0506

    後ろからライオンの歩く様子を眺めていると、大きな足先をぽてぽてと運びながら歩いていく様子が、ちょっとかわいらしく思えてきます。ああいう足運びを実際に見ると、チーターなどに比べてライオンはそれほど足が速くないという説明にもうなずけます。

    sa0507
    sa0508

    保護施設内で飼育されていて、ある程度人間の存在に慣れているライオンたちではありましたが、それでも、何にもつながれていない状態のライオンたちと自然の中をともに歩くという経験は、自然との関わり方をあらためて考える上で良いきっかけになりました。もし機会があれば、この地を訪れて、自然の中でライオンたちとひとときを過ごしてみてはどうでしょうか。

    ▼著者プロフィール
    山本高樹 Takaki Yamamoto
    著述家・編集者・写真家。インド北部のラダック地方の取材がライフワーク。2016年春に著書『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々』の増補新装版を雷鳥社より刊行予定。
    http://ymtk.jp/ladakh/

    ▼取材協力クレジット
    取材協力:南アフリカ観光局
    http://www.south-africa.jp/

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    辺境ノンフィクション作家 高野秀行さんに聞く「結果としての冒険」【動画公開中】

    2024.02.23

    ニューイングランドトレイルを半分残し、今季は終了!【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.16】

    2024.02.21

    いよいよ最後のキャンプ地ウィンザーロックス・テントサイトへ【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.15】

    2024.02.18

    メキシコのコロナド島で体験した「灼熱ハイキング」をご紹介!

    2024.02.15

    ハロルド・アーキー・キャンプエリアで何もしない1日を過ごす【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.14 】

    2024.02.15

    真下は海!断崖絶壁を渡る「ヴィア・フェラータ」にポルトガルで挑戦してきたよ

    2024.02.14

    アメリカをのんびり歩いたのは初めて!いよいよコネチカット州へ【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.13】

    2024.02.12

    東京湾に潜んでいた要塞&秘密基地!「猿島」探検に行ってみた

    2024.02.09