ハッカ油を活用した4つの虫除けレシピ!使用の注意点も | アウトドアの知識 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアの知識

    2024.04.30

    ハッカ油を活用した4つの虫除けレシピ!使用の注意点も

    ハッカ油は、自然素材で作る虫除けの材料として注目されています。そのハッカ油を使った、4種類の虫除け剤の作り方を紹介します。使用する上での注意点や代用できる素材についてもまとめたので、虫除け作りの参考にしましょう。

    ハッカ油の虫除け効果と持続性

    わずらわしい虫を追い払うためには、ハッカ油が効果的です。いったいどういう作用で虫除けができるのでしょうか。その効果と持続性について、見ていきましょう。

    ミントの香りを虫が嫌がる

    ミントの爽やかな香りは人間にとっては心地よいものですが、ゴキブリ・カメムシ・アブといった、いわゆる『害虫』にとっては避けたい香りの一つとされています。

    ハッカ油には、害虫が不快だと感じるにおい成分が入っているため、ハッカ油の香りがする場所には近づこうとしません。化学物質を使用しない、自然派の虫除け対策として有効です。

    しかし、ハッカ油に殺虫効果はないため、あくまで虫が嫌がる『虫除け』であることは念頭に置いておきましょう。

    1週間を目安に使い切ろう

    ハッカ油を使った虫除けは、作ったその日から徐々に香りが薄れていきます。薬剤による虫除けのように、何十日も効果が持続するわけではありません。

    一般的に、ハッカの香りを感じられる期間は約1週間です。香りがなくなると虫除け効果もなくなるため、定期的に新しいものに入れ換える必要があります。

    一度に大量の虫除け剤を作っても、使い切れずに余らせてしまいます。無駄なくハッカ油を利用できるよう、1週間で使い切れる量を把握しておきましょう。

    ハッカ油虫除けの種類と作り方

    ハッカ油を使った虫除けは、自宅で簡単に作れて、香りを楽しみながら虫から身を守ることができます。ここでは、ハッカ油を使用した虫除けの種類とその作り方を紹介します。

    虫除けスプレー

    虫除けスプレーを作る手順は、以下の通りです。

    1. スプレー容器を用意する
    2. 水・無水エタノール・ハッカ油を用意する
    3. 容器に無水エタノールを約10mL入れる
    4. 容器にハッカ油5~10滴と水約90mLを入れる

    水・無水エタノール・ハッカ油を混ぜ合わせるだけで、簡単に作れます。外出時にも携帯しやすいため、一つ作っておくととても便利です。

    肌に吹きかけるだけでなく、衣類や寝具にも使用できます。しかし、原液での使用は避け、必ず希釈してから使うようにしましょう。

    初めて作る場合は、ハッカ油の濃度を低めに設定し、肌への影響を様子見ながら調整していくことをおすすめします。

    ハッカ油バーム

    ハッカ油バームを作る手順は、以下の通りです。

    1. 密封容器・ハッカ油・ワセリンを用意する
    2. 容器にワセリン約10gを入れる
    3. ハッカ油を3~4滴入れてよく混ぜる

    ハッカ油バームは、汗ばむ夏のアウトドアに最適です。汗や水で落ちにくいため、長時間の外出でも効果を発揮します。スプレーよりもいくらか揮発しにいため、ハッカの香りを比較的長く楽しめるでしょう。

    バーム状になっているため、肌の特定の部分にピンポイントで塗布できます。手首・足首・首元など、肌が露出する部分にすり込んでおくと効果的です。

    虫除けキャンドル

    虫除けキャンドルを作る手順は、以下の通りです。

    1. キャンドル用の容器・紙コップ・鍋・ロウソク・ハッカ油を用意する
    2. カッターで削ったロウソクを紙コップに入れる
    3. ロウソクの芯は取っておく
    4. 鍋を火にかけ、弱火の湯煎でロウを溶かす
    5. ハッカ油を約10滴加えて混ぜる
    6. 容器の中央にロウソクの芯をセットし、ロウを流し入れる
    7. 固まるまで放置する

    溶かしたロウにハッカ油を数滴加えるだけで、ハッカの香りのアロマキャンドルになります。虫除けキャンドルは、夏の夜のリラックスタイムにぴったりなアイテムです。

    ゆらめく炎は、キャンプサイトのデコレーションにも一役買ってくれます。泊まりがけのキャンプに持っていくと、虫除けにインテリアにと大活躍するでしょう。

    置き型防虫剤

    置き型防虫剤を作る手順は、以下の通りです。

    1. 容器・重曹・ハッカ油・ガーゼ・輪ゴムを用意する
    2. 容器に重曹約100gとハッカ油約10滴を加えて振り混ぜる
    3. 容器の口にガーゼを当てて輪ゴムで留める

    虫除け効果を長時間持続させたい場合は、置き型防虫剤がおすすめです。作り方が簡単で、場所を選ばずどこにでも置くことができます。

    虫が侵入しやすい窓際やベランダのほか、玄関・トイレに置けば消臭効果も期待できるでしょう。香りが弱まったら、ハッカ油を追加すると再び効果を発揮します。

    ハッカ油の虫除け作りにおすすめの商品

    天然成分で虫除けを作るのであれば、素材の品質にも注目したいところです。ハッカ油を使用した虫除け作りに適した、おすすめの商品を2点紹介します。

    株式会社 北見ハッカ通商「ハッカ油 ボトル」

    直接肌に触れるスプレーや、寝具・マスクなどに使用する場合は、天然成分がおすすめです。こちらの商品は、品質の良さに定評がある、北海道北見産のハッカ油を使用しています。

    北見地方は国内有数のハッカの産地であり、その土壌と気候によって高品質のハッカが育てられます。天然成分100%にこだわり、化学的に合成された成分は一切含まれていません。

    食品に加えても問題ないため、お菓子や紅茶の香り付けにも利用できます。

    • 商品名:株式会社 北見ハッカ通商「ハッカ油 ボトル」
    • 公式オンラインストア:商品はこちら

    株式会社 北見ハッカ通商
    ハッカ油 ボトル

    サイズ (幅×奥行×高さ) :直径66×172mm 内容量:250ml


    生活の木「青色ガラススプレー」

    ハッカ油の虫除けスプレーには無水エタノールを使用するため、容器選びには注意が必要です。こちらの容器はガラス製で、ガラスは無水エタノールの影響を受けません。

    50mL・100mLの2サイズから選べます。コロンやフレグランス用として販売されているもので、吐出量は約0.15mLと控えめです。携帯しやすく、小まめな使用に適しています。

    青色のガラスには遮光性能もあるため、透明ボトルに比べて中身の劣化を抑えられるでしょう。

      • 商品名:生活の木「青色ガラススプレー」
      • 公式オンラインストア:商品はこちら

    生活の木
    青色ガラススプレー

    内容量:100ml サイズ:直径42*150(mm)


    ハッカ油の使用に関する疑問

    ハッカ油を使用する際、いくつか気にかけておきたいことがあります。安全・快適にハッカ油を使用するため、注意点についても目を通しておきましょう。

    子どもやペットへの影響は?

    ハッカ油は、小動物に対して有害であることが知られています。特に猫はハッカ油の香りに敏感で、摂取した成分を分解できないといわれています。ペットの健康を考えると、使用を控えるのが賢明です。

    子どもに対する影響については、ハッカ油を薄めて使用すれば大きな問題はないとされています。ただし、念のため使用前にパッチテストを行うことをおすすめします。

    なお、原液は刺激が強いため注意が必要です。特に乳幼児や妊婦は肌が敏感なので、十分に希釈してから使用しましょう。

    使用できない場面や材質は?

    ハッカ油の虫除けスプレーに使用される無水エタノールには、触れると変質させてしまう素材があります。使用できる素材と、使用できない素材を確認しておきましょう。

    • 使用OK:ガラス・PP(ポリプロピレン)・PE(ポリエチレン)
    • 使用NG:PS(ポリスチレン)・PVA(ポリビニルアルコール)・PET(ポリエチレンテレフタレート)・AS樹脂・ABS樹脂・アクリル樹脂・ナイロン・革

    場合によっては、無水エタノールによって容器が破損したり、中身が変質したりする可能性があります。ガラス製品以外のボトルを購入する際は、ボトル本体とスプレー部分に使用不可の素材が使われていないか、必ず確認しておきましょう。

    ハッカ油に代用できるものはある?

    「天然成分で虫除けを作りたいけれど、ハッカの香りが苦手」という場合は、ハッカ油の代わりに次のような精油が使えます。

    • レモングラス
    • ゼラニウム
    • ヒノキ

    これらの香りも、ハッカ油と同様に虫除け効果が期待できます。レモングラスはレモンの爽やかな香りがする精油で、すっきり爽快な気分になれるでしょう。

    バラを思わせるフローラルな香りのゼラニウムは、浮き沈みする気分のサポートに効果的です。ヒノキはくせのない爽やかな香りで、抗菌効果もあります。

    まとめ

    ハッカ油はミントの香りを利用して、効果的な虫除けとして活用できる精油です。ハッカ油を使った虫除けは、簡単に自作できます。

    手軽に使うならスプレータイプ、しっかり付けたいならバーム、アロマのようにくゆらせるならキャンドル、家のあちこちに配置するなら置き型が便利です。

    ただし、容器の素材や、ペット・子ども・妊婦への影響などは、十分な注意が必要です。環境に問題がないことを確認した上で、ハッカ油の虫除けを取り入れてみましょう。

    あわせて読みたい

    ハッカ油のシーン別使い方を紹介!キャンプでの活用方法から作り方まで解説

    自作ハッカ油スプレーをシュッしてみない?酷暑を乗り切る冷んやりグッズ&アイデア5選

    「アロマ虫除け」を手作りしてみないか?

    「アロマ虫除け」を手作りしてみないか?

    【好日山荘「おとな女子登山部」イチオシ通信】暖かくなってきました! 虫除け&リフレッシュしませんか?

    【好日山荘「おとな女子登山部」イチオシ通信】暖かくなってきました! 虫除け&リフレッシュしませんか?

    キャンプ中のお風呂はどうすればいい?入れないときの5つの方法も紹介

    夏の車中泊では暑さ対策が重要。おすすめの対策やグッズを紹介

    夏キャンプの蚊除け対策グッズ3選。実際に使って、虫に対抗した結果も紹介。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアの知識 』新着編集部記事

    雨キャンプの楽しみ方6選!必需品とテント設営・撤収のコツも紹介

    2024.05.28

    安全&快適に過ごすために…登山で気をつけるべき5つの心得

    2024.05.26

    初心者向け!日帰り低山ハイクでこれだけははずせない登山の持ち物8つ

    2024.05.25

    失敗しない「ファミリーキャンプの楽しみ方」って?

    2024.05.05

    ハッカ油を使って虫除け対策!簡単な虫除けスプレーの作り方から注意したい点まで紹介

    2024.05.02

    ポーラテックはキャンプなどアウトドアに必須?おすすめの素材と商品を解説!

    2024.04.12

    ソト遊びへは車か電車か…どっちが早い?どっちが楽?移動手段の最適解を徹底検証

    2024.03.30

    キャンプには?登山には?アルファ米・パックご飯・生米のアウトドアでの使い分け方

    2024.03.28