ハッカ油のシーン別使い方を紹介!キャンプでの活用方法から作り方まで解説 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドア雑貨・小物

    2024.04.16

    ハッカ油のシーン別使い方を紹介!キャンプでの活用方法から作り方まで解説

    メントールの爽やかな香りが特徴的なハッカ油は、アウトドアでも活躍するアイテムです。

    リラックス、虫除け、花粉症対策など様々な効果があり、一度その良さを知ってしまえば手放せなくなるかもしれません。

    今回は、ハッカ油の使い方やアウトドアでも使えるハッカ油スプレーの作り方を詳しくご紹介します。

    ハッカ油はキャンプでも大活躍?

    そもそも、ハッカ油とは「ハッカソウ」を乾燥させて抽出したものです。

    天然の植物から作られているハッカ油には虫除けやリラックス効果があるとされており、その他にもさまざまな効果が期待できます。

    とくに嫌な虫から守ってくれるハッカ油は、暖かい季節のキャンプで大活躍します!

    ハッカ油の主な使い方

    日常生活やキャンプなどさまざまなシーンで活躍するハッカ油。

    ハッカ油にはさまざまな効果が期待でき、多様な使い方ができます。

    虫除け

    ハッカ油のメントールの香りは虫が嫌がる香りなので、ブユや蚊などを寄せ付けない効果があるといわれています。

    ハッカは、市販の虫除けスプレーにも香料として使用されることも多いです。

    ただし、ハッカ油には殺虫効果はなく、あくまで「虫を寄せ付けないアイテム」として活躍します。

    ハッカ油を使った虫除け効果の持続時間は短いので、こまめに塗布することで虫の被害を最小限に抑えられるでしょう。

    清涼スプレー

    ハッカ油は水に数滴垂らしたものを皮膚にスプレーすると、メントール効果で清涼感も感じられます。

    キャンプでは汗をかく設営や撤収前に、ハッカ油スプレーを首筋や脇の下などひと吹きしておくと、スーっと涼しくなるのでおすすめです。

    花粉対策

    花粉対策にはマスクにハッカ油を垂らすと鼻づまりが和らぎ、呼吸が楽になります。

    ただし、マスクに垂らすときは1滴で十分効果が期待できるので、つけすぎに注意してくださいね。

    喉がイガイガするときにはお湯に数滴ハッカ油を垂らした湯気を吸い込むことで、スーっとスッキリするので花粉症の方は一度試してみてはいかがでしょうか。

    消臭

    ハッカ油には消臭効果もあるといわれており、消臭スプレーとしても使用できます。

    嫌なにおいが溜まったゴミ箱やシューズボックスなど、気になるところにシュッとするだけで爽やかな香りとともに消臭完了です!

    リラックス効果

    ハッカ油にはリラックス効果もあり、緊張しがちな方などはハンカチに数滴垂らして香りを嗅ぐと気分が落ち着くことも。

    夜はアロマストーンに垂らしてベッド近くに置いてみるとリラックスして、寝つきをよくする効果も期待できます。

    入浴剤

    ハッカ油はお風呂に1滴垂らしてかき混ぜると清涼感のある入浴剤に。

    とくに夏場は熱がこもった体をクールダウンしてくれるのでおすすめです!

    ハッカ油スプレーの作り方

    ハッカ油スプレーの作り方をご紹介します。

    無水エタノールを使用した作り方

    無水エタノールを入れることで、虫除けはもちろん、消臭効果も期待できます。

    準備するもの

    今回は揮発性の高いアルコールにも対応しているポリプロピレン(PP)素材のスプレーボトルを使用しています。

    • ハッカ油 3~4滴
    • 無水エタノール 10ml
    • 水 90ml
    • スプレーボトル(ガラス容器、もしくはアルコール対応)

    無水エタノールを使って作る場合は、この他に混ぜるときに使う容器を用意しておきましょう。

    別容器で混ぜ合わせたほうが、直接スプレーボトルで作るよりもこぼれにくく安全です。

    ハッカ油はプラスチックを変形させる可能性があるため、破損しないように、ガラス容器かアルコール対応のスプレーボトルを使用してください。

    作り方

    1.無水エタノールを入れた容器にハッカ油を3~4滴垂らします。

    ハッカ油はお好みの量でも構いませんが、3~4滴を目安に入れすぎないように注意してください。

    2.水を加えて混ぜ合わせたらスプレーボトルに入れて完成です。

    スプレーボトルに直接入れて混ぜ合わせても構いませんが、注ぎ口のついた容器で作るとこぼさずにハッカ油スプレーが出来上がります。

    ハッカ油の香りを少なくしたい場合は、お好みで量を減らしてください。

    ラベリングをしておくと何が入っているかわかるので安心して使えます。

    スプレーボトルが完成したら、ラベリングをして何が入っているのかわかるようにしておきましょう。

    無水エタノールを使用しない作り方

    無水エタノールなしでもハッカ油スプレーは作れます。

    準備するもの

    アルコールアレルギーの方やお子さんに使う場合は、無水エタノールなしの作り方がおすすめです。

    • ハッカ油 3~4滴
    • 水 50ml
    • スプレーボトル(ガラス容器、もしくはアルコール対応)

    水だけで作る場合は、塩素消毒されている水道水を使用してください。

    作り方

    1.スプレーボトルに水を入れて、ハッカ油スプレーを3~4滴垂らします。
    2.キャップを閉めたら、よく振ってください。

    水とハッカ油だけで作る場合は、毎回振ってから使用します。

    水だけでハッカ油スプレーを作る場合は混ざりにくいので、毎回振ってから使いましょう。

    手作りのハッカ油スプレーは、安全に使うためにも1週間以内に使用してください。

    ハッカ油スプレーを使う際の注意点

    ハッカ油スプレーを使う際の注意点は以下の4つです。

    ポリスチレン製のスプレー容器を使用しない

    先ほどもお伝えしたように、ハッカ油はポリスチレン製の容器を溶かす可能性があります。

    安全に使用するためにもガラス容器か、アルコールに対応しているスプレーボトルを使用してください。

    また、容器の変形や液漏れを避けるためにも長期間使用しない場合は、中身を空にしておきましょう。

    目や鼻などの粘膜に直接吹き付けない

    ハッカ油は目や鼻に入ると痛みが強く出て、非常に危険です。粘膜には直接吹き付けないでください。

    屋外で使用する場合は、風向きによって近く人に吹き付ける可能性もあるため注意しましょう。

    ペットなどの動物に対して吹き付けない

    ペットは少量でもハッカ油が体に影響することがあり、下痢になったり、内臓を傷つけてしまったりする可能性があります。

    1滴のハッカ油でもペットには毒になる場合があるので、吹き付けないようにするだけでなく、触れさせないように十分注意してください。

    小さな子どもや皮膚の弱い人は注意が必要

    ハッカ油は小さな子どもには、勝手に触れさせないように注意しましょう。

    皮膚の弱い人も炎症を起こしてしまう可能性があるため、使いたい場合はスプレーにするハッカ油の量を1滴から試すなど、影響がないことを確認してから使用してください。

    おすすめハッカ油スプレー

    アウトドアでも手軽に使える、おすすめのハッカ油スプレーをご紹介します。

    北見ハッカ通商|ハッカ油スプレー 10ml

    爽やかなミントグリーンのパッケージをドラッグストアで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

    爽やかなミントのパッケージが特徴のハッカ油スプレーで、ハッカの香りがしっかりします。

    内容量は10ml。超コンパクトで手のひらに収まるサイズ。

    ポーチにも入れられるサイズです。

    バッグに入れてもすぐに見つけられるのも、おすすめポイントです。

    北見ハッカ通商
    ハッカ油スプレー

    内容量:10ml


    ペパーミント商会|天然ハッカ油スプレー20ml

    ナチュラルカラーなパッケージのハッカ油スプレー。

    熊がハッカを持っている可愛らしいパッケージでキャンプ中、ひと吹きでも虫よけ効果を感じられるハッカ油スプレー。

    添加物製造業の許可を取得して製造されているので、マスクにも安心して吹きつけられます。

    ペパーミント商会のハッカ油スプレーも手のひらサイズで、ミニバッグやポケットにも収納できます。

    こちらも手のひらサイズで、インテリアにしてもおしゃれに飾れそうです。

    ペパーミント商会
    天然ハッカ油スプレー

    内容量:20ml


    Mentha Oil 100|天然ハッカ油(エクセレントメディカル)

    ハッカ油スプレーには見えないパッケージがおしゃれです。

    医師が監修し、天然の和種ハッカを使用したハッカ油スプレーで、遮光容器で品質が長持ちするのが特徴。

    内容量は20mlですが、スリムで長さがあります。

    内容量は20mlで手のひらよりはやや大きいですが、中栓付きで液漏れの心配もありません。

    Mentha Oil 100
    天然ハッカ油(エクセレントメディカル)

    内容量:20ml


    ハッカ油スプレーを正しく使用し快適にキャンプを!

    ハッカ油はさまざまな使い方ができます。虫除けからリラックスまで、生活のシーンごとに活躍してくれます。

    ご紹介したように適量・適切な使い方を忘れずに、生活やキャンプに取り入れて、快適なひとときを過ごしてくださいね。

     

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ゆるりえ
    毎月の夫婦キャンプが楽しみな転勤妻。かっこよくてお得なものが大好きで、頑張りすぎないキャンプがモットー!コスパ重視のキャンプギアレビューなど多数のアウトドア関連の記事を執筆。現在は九州でフリーライターとして活動中。

    あわせて読みたい

    アウトドアの虫除けにオススメ!暑さ対策もできる万能ハッカ油スプレーの作り方

    自作ハッカ油スプレーをシュッしてみない?酷暑を乗り切る冷んやりグッズ&アイデア5選

    「アロマ虫除け」を手作りしてみないか?

    「アロマ虫除け」を手作りしてみないか?

    【好日山荘「おとな女子登山部」イチオシ通信】暖かくなってきました! 虫除け&リフレッシュしませんか?

    【好日山荘「おとな女子登山部」イチオシ通信】暖かくなってきました! 虫除け&リフレッシュしませんか?

    あのソープのお得な限定品も!キャンプ・アウトドアで便利なアイテム5選

    キャンプ中のお風呂はどうすればいい?入れないときの5つの方法も紹介

    夏キャンプの蚊除け対策グッズ3選。実際に使って、虫に対抗した結果も紹介。

    夏の車中泊では暑さ対策が重要。おすすめの対策やグッズを紹介

    山の中で寄ってくるメマトイを撃退できるか?身近なもので作れる防虫液の効果を試してみた

    虫除け効果も!DIYキャンドルでキャンプの夜を楽しもう

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    キャンプに必携!マダニに噛まれたら…電気ショックで気絶させる「エレクティック」

    2024.05.19

    約175gと軽量かつ丈夫!晴雨兼用の折りたたみ傘はトレッキング仕様がおすすめ

    2024.05.18

    「SNS映えする」と人気上昇中!キャンプに連れていきたくなる萬古焼の「蚊やり豚」

    2024.05.17

    100均のセリアで発見した「香りで虫除けシリーズ」を屋外で試してみた

    2024.05.16

    ダイソーの「圧縮バッグ」にどれくらい入るのか検証してみた!

    2024.05.13

    浮く、大容量、暗闇で光る…!? 使い方に合わせて選べるおすすめ防水スマホケース6選

    2024.05.12

    軽量で丈夫なモンベルの傘が優秀すぎる!おすすめモデルを8個紹介

    2024.05.07

    「カメラホルスター」を活用すれば、アウトドアで最高の一枚を狙えるぞ!

    2024.05.04