スキレットにシーズニングが必要な理由とは?やり方から注意点まで解説! | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2024.03.18

    スキレットにシーズニングが必要な理由とは?やり方から注意点まで解説!

    アウトドアの調理器具で人気の高いスキレット。スキレットを使う際には「シーズニング」と呼ばれる作業が必要になります。

    今回は、スキレットにシーズニングが必要な理由、そしてそのやり方から注意点までを解説します。

    スキレットのシーズニングとは?

    鋳鉄製の調理器具に油を塗り込んで焼き付けることを、「シーズニング」と呼びます。

    最近ではシーズニング不要のスキレットも多数販売されていますが、シーズニングは継続してスキレットを使用していく上では欠かせない工程です。

    一度覚えてしまえば簡単にできるので、スキレットを育てる楽しみを味わっていきましょう!

    シーズニングが必要な理由

    シーズニングが必要は理由は、主に以下3つの理由があります。

    サビを防止する

    スキレットは鋳鉄製です。

    鋳鉄製のものは水との接触によりサビが発生しやすいため、シーズニングによってその表面を保護する必要があります。

    焦げ付きを防止する

    適切にシーズニングされたスキレットは、その表面が滑らかになります。

    調理の際、食材がくっつきにくくなりストレスフリーに!

    料理の風味をよくする

    シーズニングによってスキレットの表面に油が浸透すると、料理に深い風味を与えてくれます。

    スキレットを愛用していく上では、料理の質を向上させるためにも欠かせないのがシーズニングなのです。

    シーズニングのやり方

    特別な道具は不要!

    必要なもの

    • スキレット
    • 自宅用コンロ(カセットコンロ)
    • キッチンペーパー
    • 植物油(サラダ油・オリーブオイル)
    • 食器用洗剤(中性)
    • たわし
    • 耐熱グローブ
    • クズ野菜

    家庭用のガスコンロでは、安全装置がついているためシーズニング途中で火力が弱まってしまうことがあります。

    スムーズにシーズニングを行うためには、カセットコンロを使用するのがおすすめです。

    クズ野菜は、キャベツなどの外側の葉や、人参やジャガイモの皮など普段捨ててしまう部分で十分です。

    使用する油は、香りが強くないサラダ油・オリーブオイルなどがスキレットに香りが残らないのでおすすめです。

    1.スキレットを洗う

    流水でしっかり洗います。

    まずはぬるま湯でスキレットを洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

    新しいスキレットを使用する場合は、ここで中性洗剤を使用して洗います。必要に応じて、たわしを使って、こびりついた汚れを落とします。

    たわしがない場合は、ナイロンスポンジでOKです。

    食器用洗剤を使用するのは、基本的には、錆止めコーティングがされている購入後すぐの1度だけです。

    通常のメンテナンスとしてのシーズニングには、使用しないので注意しましょう。

    2.スキレットを空焚きする

    火にかけます。

    続いて、中火でスキレットを加熱し、完全に乾燥させます。

    これにより、水分を完全に除去し、表面を均一な温度にすることができます。

    3.スキレットに油を塗る

    ツヤっとしてきます!

    スキレットの内外に油を塗ります。そして、余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。

    このとき、スキレットの表面が薄く油でコーティングされるように注意します。

    4.再びスキレットを空焚きする

    煙が出るくらい火にかけます。

    中火でスキレットを加熱し、油を焼き付けます。この工程により油がスキレットの表面に浸透し、保護膜を形成します。

    中華料理を作る時に鍋から煙が上がるようなイメージで、スキレットからうっすら白い煙が出るまで行いましょう。

    5.スキレットを冷ます

    スキレットを火から下ろして冷まします。十分に冷えるまで触らないようにしましょう。

    その後、スキレットの大きさにもよりますが小さじ1〜大さじ1程度の油を入れキッチンペーパーを使い、全体に塗りこんでいきます。

    多すぎるとベトベトしてしまうので、「少ないかな?」くらいの量を入れて、足りなかったら油を足すのがおすすめです。

    油を塗っていくと、スキレットが黒光りしてかっこよく見えてきますよ。

    6.油を塗って冷ますまでの工程を繰り返す

    油を塗り込んで冷ます、までの工程を2〜3度繰り返します。

    この工程を何度か繰り返すことで、スキレットの表面により油膜が厚くなり、丈夫な保護膜を形成してくれます。

    スキレットを使っていて「食材がこびりついて取れない!」と悩んでいる方は、特にこの工程を丁寧に行なってみてくださいね。

    7.野菜くずを炒める

    大根と、大根菜を使用。

    最後にスキレットを中火でしっかりと熱し油をひいたら、野菜くずをスキレットで炒めます。多少焦げ付くまで炒めて大丈夫です!

    これによりスキレットに残った余分な油を吸収してくれるので、スキレットの表面に油膜ができ、使いやすくなっていきます。

    8.油を塗り込んで冷ます

    シーズニング済みのスキレット

    クズ野菜を炒めた後は、油を塗り込んで冷ましましょう。最後に油を塗り込んでスキレットを冷ますことで、表面を保護してくれます。

    これでシーズニングは完了です。

    再度使用する際には、少量の油をスキレットに塗り込んでから調理を始めましょう。

    シーズニングをする上での注意点

    スキレットの洗い残しがないように

    洗浄後は十分に乾燥させ、水分を残さないようにします。

    また、洗剤を使用する場合は中性のものを選びましょう。

    空焚きしすぎない

    スキレットを加熱しすぎると焦げが生じる可能性があるため、適切な時間で加熱するようにしましょう。

    油を厚く塗りすぎない

    過剰な油は表面に滴り落ち、不均一な焼き付けを引き起こす恐れがあります。

    適量の油を使って、均一な薄いコーティングを目指しましょう。

    スキレットの保管方法

    新聞紙で包んでおきます。

    シーズニングしたスキレットは乾燥した場所に保管し、新聞紙などで包むことで、サビや湿気から守ることができます。

    保管前には、十分に冷えた状態で乾燥させることが重要です。

    シーズニングを適切におこないスキレットを長持ちさせよう

    スキレットを定期的にシーズニングすることで、長く愛用することができます。

    適切な手順と注意を守って、美味しい料理を作りながらスキレットを大切に保ちましょう。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ムスカリ
    経験ゼロスタートの2児の母キャンパー。アウトドアブログ“ブッシュクラフトLIFEWORK”を運営する傍ら、アウトドアインストラクターのアシスタントとしても活動中。アウトドアで人生が変わる!をモットーに子どもと一緒にファミリーキャンプ&ブッシュクラフトキャンプを満喫。焚き火とキャンプ飯、そしてモノづくりが好きで、アウトドアグッズを商品化するのが夢。

    あわせて読みたい

    「ニトリの激安スキレット」であこがれのフライパン・ステーキに挑戦!

    「ニトリの激安スキレット」であこがれのフライパン・ステーキに挑戦!

    【アウトドア料理】ブラックポットが最高の肉料理を仕上げてくれる! ~前編~

    【アウトドア料理】ブラックポットが最高の肉料理を仕上げてくれる! ~前編~

    【アウトドア料理】ブラックポットが最高の肉料理を仕上げてくれる! ~後編~

    【アウトドア料理】ブラックポットが最高の肉料理を仕上げてくれる! ~後編~

    【レシピ】鉄鍋で豪快に炊き上げるパエリア

    【レシピ】鉄鍋で豪快に炊き上げるパエリア

    100円ショップのスキレットって使えるの?実際にキャンプで料理してみた!

    100円ショップのスキレットって使えるの?実際にキャンプで料理してみた!

    25年品質保証!100%風力発電で製造されるスウェーデンのスキレット

    25年品質保証!100%風力発電で製造されるスウェーデンのスキレット

    IH対応で日常使いもOK !食卓を彩りたくなる王道、鋳鉄スキレット7選

    LODGE6インチスキレットでオムライス[読者投稿記事]

    lodgeのスキレットを使った「きのこのバター炒め」[読者投稿記事]

    アメリカではスーパーでも買えちゃう!キャンプの超定番「LODGE」(ロッジ)のスキレットが人気の理由

    キャンプの鉄板ギア!? お肉が超絶おいしく焼けるLODGEの『10.25インチスキレット』

    キャンプの鉄板ギア!? お肉が超絶おいしく焼けるLODGEの『10.25インチスキレット』

    QUMO(九雲)/鉄のフライパン 22

    Snow Peak(スノーピーク)/コンボダッチデュオ

    Turkの約1/4の値段で買える無印の鉄フライパン

    Turkの約1/4の値段で買える無印の鉄フライパン

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    キャンプでのコーヒー時間がリッチに!ゼブランからアウトドアで使うガラスサーバーが登場

    2024.04.12

    アウトドアの食器問題を解決!原料は紙と漆でわずか14gと軽量、かつ丈夫な新感覚漆器はいかが?

    2024.04.11

    人気のライスクッカー5選|キャンプで簡単に美味しいご飯を炊こう!

    2024.04.09

    アウトドアで至福の料理が楽しめるおすすめ調理器具11選!自然に優しいテーブルウェアも紹介

    2024.04.05

    カルディで買えちゃう!小型で便利なアウトドア用クッカーが数量限定で登場

    2024.03.31

    スタッキングとは?キャンプで活躍する道具を一挙紹介!

    2024.03.23

    PRIMUS(プリムス)/キンジャ 

    2024.03.18

    FORE WINDS(フォアウィンズ)/LUX CAMPSTOVE

    2024.03.18