学びの方法は無限!世界一周ヨット旅で子供たちの未来を育みたい | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 学びの方法は無限!世界一周ヨット旅で子供たちの未来を育みたい

    2022.11.23

    セーリングヨットSANTANAで世界一周中、前田家の麻裕です。

    今回は子連れヨット旅での経験と未来の可能性について書いてみたいと思います。

    今しかできない経験を

    現在停泊しているメキシコ本土の街マサトランのビーチ。

    前田家には、4歳と6歳の子供がいます。

    ヨット旅のアイデアが出た当初から、子供達にとっては良い経験になるだろうと確信していました。

    私自身は陸の生活を捨ててまでヨットで暮らす勇気は中々出ませんでしたが、最終的には白い砂浜とココナッツの映像に加え、家族で協力して生活しながら世界を旅したいという主人の言葉に心を動かされました。

    冷静になってみるとそれは船じゃなくてもできるじゃない!という気もするのですが…。

    ただ子供を連れて行くなら小さなうちに、というのが唯一の私の希望でした。幼少期は、偏見を持たずニュートラルな状態で世界を感じられる貴重な期間。デジタル化が進む世の中ですが、まずは自分で見て聞いて感じたことを大事にしてもらいたいと思っています。

    子連れの旅は、安全面の心配は尽きませんがそれ以上に得るものがあると感じています。

    前方確認中の娘、はな。小さな子でもできることは意外と多い。

    セドロス島のフレンドリーな子供達。まずは自分とは違う生活を知るだけでも十分価値がある。

    ボートスクールという選択

     息子の太郎は日本では来年小学生になる年ですが、今後数年は旅を続ける予定なので学校には通わず、家庭で学習を進める予定です。

    機会があれば現地の学校に短期間通うことも検討していますが、基本的にはホームスクールならぬボートスクールです。

    日本ではまだあまり一般的ではないかもしれませんが、前田家が生活していたニュージーランドでは、ホームスクールは選択肢の一つとして広く認知されていました。

    また、ホームスクールを実践する親へのサポートや、ソーシャルメディアのグループなども数多く存在していたため、事前に情報を得ることは難しくありませんでした。

    学校は素晴らしいシステムの一つですが、それ以外にも学びの方法は無限にあると思います。

    子供達が学校に通わないということは、自由度が増える分親の責任と負担は増しますが、幸い今はオンラインで授業を受けられたり教材を探したりできる便利な時代。船旅に限らず子連れ旅はかつてないほどやりやすくなっていると思います。

    船上生活でも心を豊かにしてくれる本はたくさん読んでもらいたいところですが、紙の本は重いので持てる数には限りが。デジタル本や読み聞かせ動画も活用して軽量化。

    ママ先生はあまり当てになりませんが、自然は一番の先生。ビーチ散策で海の生き物の不思議を学ぶ。

    シュノーケリングでカラフルな海の世界を見た日。子供達に日々の体験を絵で表現してもらうと、感じたことを共有できて楽しい。

    世界のボートキッズたち

     学習面の心配は当初からそれほどありませんでしたが、親よりも友達との関わりが大切になってくる年齢になってきた子供達の社会性をどのように養っていくのかという点は非常に不安に思っていました。

    しかし、世界を見渡してみると子連れでヨット旅をするファミリーは意外にも多く、船旅中でもボートを行き来して遊んだり、陸の生活と変わらず友達を作ることは可能だと分かりました。

    ボートキッズだけでなく、各地で出会う個性的なセーラーや現地の人々との交流も子供達の人間性を豊かにしてくれていると感じています。

    アメリカでは子連れヨット旅向けのガイドブックも出版されている。

    ラパスに停泊中、ご近所のボートから遊びに来てくれていた5歳の男の子。 大人顔負けにボート周りの作業を手伝ったりと、船の上で逞しく成長していた。

    新しい街に着くと恒例となっているのが、公園のチェック。大人が新しい場所を知るためにバーに行ったりするように、子供たちは公園を社交場のような感覚で仲間と出会う。

    子供と一緒に親も成長

     前回までの記事でお伝えしたとおり、私達夫婦はほとんど経験のないままヨット生活をスタートしました。そのため、子供達だけではなく私たち夫婦にとっても毎日が学びの連続です。

    子供達には、ママ達も知らないことばかりだから勉強中だと正直に伝えています。何でも完璧にこなすかっこいい親のイメージとは無縁の私達ですが、親の学ぶ姿勢が子供達の刺激になれば良いと思っています。今後も試行錯誤しながら、家族全員で協力して旅を続けていくことが目標です。

    車の運転すら上手にできない私がヨットを操縦する日が来るとは……。子供達に見守られながら練習中。

    生活自体が学びになることが、子連れ旅一番の魅力。

    私が書きました!
    旅する一家
    前田家

    4歳の娘と6歳の息子を連れて、セーリングヨットSANTANAで放浪中の4人家族。2022年3月、カリフォルニアを出航。寄り道をしながらゆっくりと世界一周を目指します。海の上でサステナブルな暮らしを模索中。Instagram #svsantanajp

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    チベット文化圏スピティの村で遭遇した、収穫祭と神託の儀式

    2022.11.29

    知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ

    2022.11.24

    マルチ冒険家 安東浩正さんに聞く「挑戦と無謀の境界線」【動画公開中】

    2022.11.22

    風光明媚な景色!スコットランドの天気用語をクイズ形式で解説

    2022.11.20

    豊かな森と清冽な渓流のある北インドの避暑地マナリで、つかの間の休息を

    2022.11.20

    一味違うロンドン水上観光!大都会の運河をパドルボードでスイスイ

    2022.11.19