出た、野生のムース!カナダ「インターナショナル・アパラチア・トレイル」を歩く旅。 | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2017.02.20

    出た、野生のムース!カナダ「インターナショナル・アパラチア・トレイル」を歩く旅。

    【その先のアパラチアン・トレイルへVol.7】
    モントサントニピエリからマンタン自然保護区へ

    町を通過する舗装路、その後現れるダートロードの繰り返しでした。
    しかも、地図、ガイドブック、案内板の3つが違うルートを示している。その不安と戦いながら、現地の案内板を信じて歩くしかなかったので、道のりはまったく予定が立たず、しばし無理をして歩くことがありました。

    予想していたとおり、ハイカーに出会うことはありません。

    ヤムナスカマウンテンツアーズさんからの補給は、モントサントニピエリ・モンルイスの10日間以上補給が難しいエリアに、2か所を残していました。

    本来は、郵便局留めで食料を送るので、心配はないのですが、そのころ郵便局のストライキがあり、残り2か所はキャンプ場に送っていました。

    念のため、日本にいる時に、食料を送ったことをメールしていましたが、キャンプ場からの返事はなし。
    果たして、食料は預かってもらえているのだろうか?

    モンサンピエリとモンルイスの管理人は同様に英語が出来ずに、食料を預かっている返事が出来なかったそうです。

    もちろん、このころのやり取りは、僕が英語、相手はフランス語です。ゼスチャーや知っている単語を並べて話していました。

    11年前アパラチアン・トレイルを歩いた時のように、言葉が通じていませんでした。それでも、お互いに理解しようとする気持ちがあれば、なんとか通じるのかもしれないと思いました。

    送っていただいた10日分の食料送ってもらった10日分の食料

     

    アップダウンが激しく、雨が多い。そして言葉が通じない状況は、11年前の記憶を思い起こさせてくれました。

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    探検家・環境活動家 山田高司さんに聞く「活動の原点」とは【動画公開中】

    2024.05.24

    “世界一のパリピ島”スペインのイビサ島でマラソン大会参戦!クラブ音楽で難コースを乗り切れるか!?

    2024.05.23

    メキシコでリアルなジャングルクルーズを体験して出会えた動物は…!?

    2024.05.22

    ユーラシア大陸最西端!ポルトガル・ロカ岬で味わう‟地の果て”感

    2024.05.21

    タイ在住ライター直伝!アウトドア料理が楽しくなるタイ屋台料理アレンジレシピ

    2024.05.20

    ヒマラヤツーリング、さらに過酷なのは3日目からだった…【38歳女芸人・橋爪ヨウコの爆夢旅その7】

    2024.05.13

    青い海とサトウキビ畑の中を滑走!南アフリカ・ダーバンで行われた20kmのMTBレースに挑戦

    2024.05.11

    海外キャンプ達人の「もう一度行きたいランキング1位」!世界の絶景キャンプ場8選

    2024.05.10