“海上のキャンピングカー”セーリングヨットの船内はこうなっている | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2022.10.18

    “海上のキャンピングカー”セーリングヨットの船内はこうなっている

    セーリングヨットSANTANAで世界一周中、前田家の妻・麻裕です。そもそもヨットの中って一体どうなってるの?と気になる方は多いはず。

    そこで今回は、船内をご案内。実際に乗船した気分でお楽しみください。

    ようこそSANTANA

    SANTANAは、1998年式のフランス製「CATANA411」、長さは約12.5m。カタマランと呼ばれるタイプのヨットです。このタイプのヨットは一般的に、スペースの広さと航行中の安定性が魅力と言われています。

    子供達の遊び場と化しているデッキ。他の船からゲストがやってくるときは、ここでお酒を飲んだり食事をしたりと社交スペースに変身します。

    デッキを抜けると、リビング(サロン)、キッチン(ギャレー)があります。食事や作業、子供達のホームスクールなど1日の多くを過ごす場所です。

    キッチンにはガスストーブ、オーブン、冷蔵庫がありほぼ陸の生活と一緒ですが、揺れる中で調理するのは船ならでは!?

    船室(キャビン)が3つあります。ロフトベットのように下に収納が付いています。

    船室の奥を進んでいくと、トイレ(ヘッド)、シャワーがあります。 トイレは陸と同じ真水を使う水洗タイプ。(他に、海水を手動もしくは自動で汲み上げるタイプがあります)。マリーナで水と電気が自由に手に入る間は便利で最高と思っていましたが、一旦海に出ると貴重な電気と真水を消費するトラブルメーカーになることを、この時は知る由もありませんでした…。

    船体の前方には大型のトランポリンがついています。ただの丈夫なネットなので、下が丸見え! 海の様子を観察したり、寝転びながら星を眺めたり、いろいろと使えるスペースでもあります。

    この他に、壁や床など至る所に収納がついており、限られたスペースを生かすための工夫が随所に見られます。このあたり、キャンピングカーにも通じるところがあるように思います。

    そして、間違いなく一番のセールスポイントはこれ! もれなくついてくる広い庭(海)です。

    前田家と行くオックスナード一日観光

    それでは、本題に。

    ヨットの購入地であるカリフォルニア州オックスナード市へやってきた前田家。SANTANAが停泊していたチャンネルアイランドマリーナ周辺を一緒に散策してみましょう!

    まずは移動のために、ディンギーと呼ばれる小型の船に乗り込みます。

    ディンギーを繋いで置く場所(ディンギードック)で降ります。

    まずは地元の方おすすめのシーフードレストラン「H.C.seafood 」へ。港に隣接していて、ヨットからのアクセスは良好!

    大地の感触が懐かしく、本当によく歩きます。それでもなかなか痩せないのは、行く先々で美味しいものを見つけてしまうからでしょうか(笑)。写真のお店では良心的な値段で新鮮な海の幸をいただくことができます。前田家のお目当ては、カニ!!

    生簀にはカニ達がぎゅうぎゅう状態。

    少し心が痛みますが、カニは大好物なのでありがたくいただきます。ロッククラブとスパイダークラブの二種類から選び、調理してもらいます。

    美味しくいただいたところで、お次は名物のいちごを求めてチャンネルアイランドファーマーズマーケットへ。オックスナードは農産物の生産が非常に盛んな場所ということで、期待は高まります。

    アメリカで大きいのはハンバーガーだけじゃない! 名物のいちごは、春の観光の際のおすすめ。カリフォルニアは全米で生産されるいちごの約8割以上を供給している場所。なかでもオックスナードはいちごの街と言われ、例年5月にはいちごづくしのフェスティバルが開催されているほど。

    小さな宝石のように色鮮やかなベリー。街歩きのお供に。

    コーヒー好きさん必見。ワイルド系イケメンのお兄さんが少量ずつ焙煎しているスペシャリティコーヒーは、味はもちろんパッケージも素敵でお土産にぴったり。

    この他にも感度の高い手作りアクセサリーやアート、キャンドルなど、見て回るだけでも楽しいところです。調子に乗ってしまい、主人や子供たちとはぐれてしまい、よけいに歩くことになりましたが…。

    そしてファーマーズマーケットで生産者との交流を楽しんだ後は、ビーチで思い切り体を動かして1日を締めくくります。

    南カリフォルニアの見どころは、なんと言っても個性的なビーチの数々!

    オックスナードも例外ではなく、美しい砂浜が延々と続く海岸線は圧巻です。マリーナ周辺には安全に遊べるビーチがいくつかありますが、その中でもハリウッドビーチは桁違いの広さ。砂のきめ細かさも素晴らしく、時間を忘れて一日中転がっていられそう。カリフォルニアの他都市のビーチと比べて混み合っていないところも高ポイントです。

    落ち着いた雰囲気が魅力のオックスナード市の港周辺1日観光、お楽しみいただけたでしょうか。

    次回は、ついに世界一周旅へ向けて海へ。

    どうぞお楽しみに!

    *2022年3月の情報です

    私が書きました!
    旅する一家
    前田家

    4歳の娘と6歳の息子を連れて、セーリングヨットSANTANAで放浪中の4人家族。2022年3月、カリフォルニアを出航。寄り道をしながらゆっくりと世界一周を目指します。海の上でサステナブルな暮らしを模索中。Instagram #svsantanajp

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    カリフォルニアの砂漠に花が咲く「スーパーブルーム」は再来するか…2冬連続大雨で高まる期待

    2024.04.18

    オーストリアで最も急勾配なラック式シャーフベルク登山鉄道と絶景山歩きの乗り鉄旅

    2024.04.15

    サファリ観光でもそう出会えない絶滅危惧種と贅沢な時間を!アフリカ・タンザニア秘境のワイルドな旅

    2024.04.11

    湖畔の移りゆく季節の風景を感じる公園「グリーン・レイク・パーク」【アメリカ西海岸・シアトルで絶景街ハイク(2)】

    2024.04.09

    工場跡の廃墟がまるでアート!観光にもおすすめのガスワークス・パーク【アメリカ西海岸・シアトルで絶景街ハイク(1)】

    2024.04.08

    探検家・フンボルトも絶賛!ドイツで最も水の綺麗なクーニッヒス湖(ケーニヒス湖)で優雅なひと時を

    2024.04.07

    トロッコ列車で鉱山探検!山歩きだけじゃない、子供も大人も大興奮のイタリア「南チロル地方」のアクティビティとは

    2024.04.06

    アフリカ・タンザニアにスイスと呼ばれる街があった!一味違った牛の乳しぼり体験旅行

    2024.04.05