ザトウクジラ、ラッコ、パフィン…インサイドパッセージで出会った極海の動物たち | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ザトウクジラ、ラッコ、パフィン…インサイドパッセージで出会った極海の動物たち

    2017.02.08 アラスカ山本高樹

    南東アラスカの旅6

    南東アラスカの街シトカから、船で40分ほどの場所にある無人島、クルーゾフ島。島の岸辺には、米国の森林局が管理している丸太小屋が1軒建っています。その小屋を数日間借りる手続きをした僕は、シトカの街のグローサリーストアで食料や水を調達し、あらかじめ手配しておいた水上タクシーに乗って、クルーゾフ島を目指すことにしました。

    水上タクシー「エッシャー・G」号の船長、ダベイさんと愛犬のジョージ。数人が乗れば満杯になるほどの、とても小さな船です。準備も整い、いよいよ出発。

    シトカのクレセント・ハーバーを出港し、沖合に出ます。穏やかに凪いだ海をしばらく進んでいると、ダベイさんが「あそこにクジラがいるよ」と教えてくれました。見ると、ちらりとのぞく黒い背中から、潮を吹き上げているザトウクジラの姿が。

    海面に浮上して潮を吹き上げ、呼吸を整えたザトウクジラは、やがて、ぐうっと身体をたわめ、尾びれを振り上げて、海中深くに潜っていきます。一度潜ると、約7分間、潜りっぱなしだそうです。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    リバーウォーキングがエンターテインメントになった!オーストラリア・ブリスベンの楽しい仕掛け

    2023.01.28

    佐藤ジョアナ玲子、2023年最初の旅はアウトドアのパラダイス・ニュージーランドへ!

    2023.01.27

    マングローブ遊歩道にアボリジナルアート も!ブリスベンのリバーウォークは見どころがいっぱい

    2023.01.24

    オーストラリアの川の街・ブリスベン「摩天楼ボードウォーク」と植物園を歩く

    2023.01.24

    家族でヨット世界一周中!クルーザーフレンドリーな街、サンディエゴへ到達

    2023.01.23

    登山家 服部文祥さんに聞く「冒険とアートに相通じるもの」【動画公開中】

    2023.01.23

    z