山にキャンプに!シェラカップで作る『味噌玉ポリッジ』 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山にキャンプに!シェラカップで作る『味噌玉ポリッジ』

    2021.03.05 小牧由美

    3種類の味噌玉から気分でチョイス!

    手軽に完全食!”味噌玉”と”ポリッジ”を持って出かけよう!

    山やキャンプに『ポリッジ』取り入れてみませんか?

    ポリッジ(porridge)とは、イギリスやアメリカなどで、主に朝食として食べられているオートミールを柔らかく煮たお粥のことをいいます。日本でよく見かけるオートミールは、オーツを蒸して食べやすく平らに加工した”クイックロールドオーツ”という種類のオートミールですが、このタイプのオートミールが苦手な方も多いようですね。

    おすすめのスティールカットオーツのオートミール。

    和食にも合うオートミールがあります!

    オートミールのなかでも、オーツ麦のもみ殻だけを取り除いたオーツ麦の挽き割り”スティールカットオーツ”がおすすめです。プチプチっとした食感やつぶつぶ感が和のテイストにもよく合います。今回は、味噌玉を使って作るポリッジレシピを紹介します。

    【スティールカットオーツポリッジのレシピ】

    前回、”スティールカットオーツ”で作るフルーツを使った『甘いポリッジ』のレシピを紹介しました。その際には、鍋で作る方法を紹介しています。
    鍋で作る場合の詳しいレシピは、こちらの記事を参考にしてください。

    今回は、手軽に炊飯器を使って作る方法を紹介します。
    ※炊飯器は「おかゆモード」が設定できるものを使用しています。

    炊飯器で炊く場合は、水加減に注意が必要です。水の量を間違えると吹きこぼれる可能性があるので、くれぐれも注意してください。水の量はオートミール1に対して水4の割合です。3合炊きの炊飯器で340gのポリッジが作れます。

    【材料】

    ・スティールカットオーツ 1合
    ・水 4カップ
    ・塩 少々

    【レシピ】

    1)スティールカットオーツは軽く洗い、ひと晩浸水します。
    2)(1)の水を捨て炊飯ジャーへ移し、水4カップを注ぎます。
    3)おかゆモードで炊きます。炊き上がりは水っぽいですが、冷めると固まります。
    4)炊きあがったポリッジは、冷めたら小分けにして冷凍保存しておくと便利です。

    甘くないポリッジを作る場合は、豆乳などは使わず味のアレンジがしやすい水で炊くのがおすすめです。

    【味噌玉のレシピ】

    【材料】

    ・好みの味噌(米味噌、豆味噌、白味噌など)
    ・好みのだし(昆布、やさいだしなど)
    ・おすすめの具(わかめ、おぼろ昆布、干し野菜、ねぎ、梅干し、麩、海苔など)水分が出ないもの。
    ・ラップフィルム

    3種類の味噌玉。上から「①米味噌ベース」「②白味噌ベース」「③豆味噌ベース」。持ち運ぶ際は、容器に入れずにラップに包んだままでOKです。

    【レシピ】

    1)好みの味噌に好みのだしを混ぜ合わせます。一人分で味噌の量はだいたい10g~です。
    2)味噌とだしを混ぜ、具を適量加えてラップを使って丸めれば味噌玉のできあがりです。

    ※一人分の味噌玉の分量は、適量よりも少し多めに作っておくのがおすすめです。その日のコンディションによって味が薄く感じたり、濃く感じたりするため。

    ここでは、3種類の味噌玉を作りました。
    1:米味噌(赤)は、野菜だし+ねぎ+白ごま
    2:豆味噌には、昆布だし+ねぎ+
    3:白味噌には、おぼろ昆布+黒ゴマ+ねぎ

    3種類あると、どれにしようかな?と選ぶ楽しさがあったり、ちょっと小腹がすいたとき用の味噌汁として、仲間へおすそ分けにできたりといろいろ使えます。味噌玉を数種類持って行く!はおすすめです。

    事前に準備しておいた味噌玉とポリッジがメインの材料です。

    【味噌玉ポリッジレシピ】

    1)シェラカップにポリッジを入れほぐします。

    自分好みのとろみ加減にします。この日は豆乳を使いました。豆乳を入れるとクリーミーに、寒い日にはおすすめです。

    2)(1)に豆乳もしくは熱湯を注いでポリッジを温めます。
    3)味噌玉を入れたらできあがりです。

    味噌玉は一気に崩さず徐々に溶かしながら、豆乳やお湯をちょっとずつ注ぎ食べるのもおすすめです。味噌が残ったら最後は味噌汁として。

    糸唐辛子をトッピングして辛味もプラスしました。

    『ポリッジ×ドライフード』でも

    ”味噌玉ポリッジ”いかがでしたか?最近では、無添加のドライフードなども見かけるようになりました。ポリッジにドライフードという組み合わせもいいですね。ポリッジ自体に味はないのでアレンジも自由自在です。高たんぱく・低カロリー・低GI食品でアスリートにも人気のポリッジは、不足しがちなカルシウム、鉄分、食物繊維も豊富に含まれています。アウトドアのごはんリストに“ポリッジ”メニューも加えてみてはいかがですか?

    私が書きました!
    料理研究家
    小牧由美
    東京を拠点に食に携わる仕事で20年以上活動。その間、ヴィーガンカフェの店長を務め、レシピ・商品開発から体調改善に特化したメニューを考案し、カウンセリングにも従事。現在は、一人一人のライフスタイルに合わせた食やカラダのセルフケアの提案、オリジナルレシピの創作、商品開発をおこなっている。http://yamabon.jp/

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    キャンプでカニ玉が作れる時代に!?フリーズドライで作る「シェラカップ中華」

    2023.02.02

    豪快に蒸し焼き、がおいしい!旨味たっぷりの牡蠣と白子の昆布締めホイル焼き

    2023.01.30

    たこ焼き…じゃなくてシュウマイ!? 大人も子供も楽しめるキャンプ飯の作り方

    2023.01.27

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    無印良品のサムゲタンがキャンプ飯に便利だった。韓国風薬膳スープを作ろう

    2023.01.20

    z