2018.05.09

街全体が世界文化遺産。ラオスの古都、ルアンパバーン

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

ラオスの旅1

東南アジア諸国の中でも内陸部に位置する国、ラオス。日本の本州とほぼ同じ面積の国土は、約8割が山岳地帯で、メコン川をはじめとする多くの河川と森からなる自然に恵まれています。今回、僕はラオスの北部で少数民族の村々を訪ね歩くトレッキングをしたいと考え、初めてこの国を訪れました。

最初に到着したのは、北部の街、ルアンパバーン。ラオスのみならず、東南アジア全体の中でも、今もっとも注目されている観光スポットの1つです。山合いにあるため陸路でのアクセスはやや不便ですが、タイやベトナムなど周辺国からの国際線も含め、空路でのアクセスは比較的整っています。

かつてラーンサーン王国の都として栄えたルアンパバーンは、古くからの仏教寺院と、フランスに植民地支配されていた頃の面影が混在しています。その景観の美しさと他にはない文化的・歴史的価値が認められ、1995年、ルアンパバーンは街全体が世界文化遺産に登録されました。

一年のうちでラオスを旅するのに一番適しているのは、11月頃から2月頃にかけての乾季。雨はほとんど降らず、気温もそこまで上がらないので、カラッとしていて過ごしやすい時期です。ただ、特にルアンパバーンなどの北部では、朝晩はかなり冷え込むので、長袖の上下と、薄手のダウンやフリースなどの防寒着は必要です。

どこに行っても、ゆったり、のんびりした雰囲気の、ルアンパバーンの街。特に目的もなくぶらぶら散歩するだけで、日本でのせわしない日々できつく巻き上がっていたネジがスルスルとゆるんでいくような、穏やかな気分になれます。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket