【レシピ】ココナッツの甘みが隠し味骨付きチキンのスパイスカレー | BE-PAL

【レシピ】ココナッツの甘みが隠し味骨付きチキンのスパイスカレー

2015.07.17

カレー

数々のカレーのレシピ本を手がける、「東京カリ〜番長」の調理主任、水野さんが提案するのは、骨付き鶏肉を使った豪快なチキンカレー。数種のスパイスが味の決め手だ。
「ポイントはカイエンペッパー。これを多めに入れればスパイシーな大人味に。減らしたり使わなかったりすれば、子供もOKな本格カレーになりますよ」
スパイスから作るカレーの場合、スパイスを炒め、油にその成分や香りを移すことがポイント(インドでは、この工程はタルカやテンパリングと呼ばれている)。その作業がプロっぽく、男心をそそる。
そうして調合したスパイスに、ココナッツミルクを投入。ほどよい甘みが加わって、サラリとしながらもコクがあるスパイスカレーの完成だ。

[材料](4人分)
サラダ油大さじ3、クミンシード小さじ1、タマネギ大1個、ニンニク小さじ1、ショウガ小さじ1、パウダースパイス(ターメリック小さじ1/2、カイエンペッパー小さじ1/2、コリアンダー大さじ1)、塩小さじ1、ホールトマト1カップ、鶏手羽元15本、水1カップ、ココナッツミルク1カップ、ニラ10本

[作り方]
[1]鍋にサラダ油を熱し、クミンシードを炒める。
[2]クミンシードの周りが泡立ってきたら、みじん切りしたタマネギを加え、中火~強火で黄金色になるまで12~13分ほど炒める。焦げそうになったらときどき水(分量外)を少しずつ加える。
[3]ニンニク、ショウガ(各すりおろしたもの)を加えて1分ほど炒める。
[4]火を止めてパウダースパイスを材料の項目に書いてある順に1種類ずつ混ぜ合わせる。
[5]塩を混ぜ合わせ、ホールトマトを加えて強火で加熱し、水分が飛ぶまで炒める。
[6]鶏肉を加えて表面の色が変わるまで炒め合わせ、水を加えて煮立てる。
[7]ココナッツミルクを加えてふたをし、弱火で45分ほど煮込む。
[8]ふたをあけて1cm幅に切ったニラを加えて混ぜ合わせ、火を止める。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。