SではなくWがポイント! 川辺のバーベキューで実践したい「やな場の料理人さんに聞く川魚の串打ち術」 | BE-PAL

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • SではなくWがポイント! 川辺のバーベキューで実践したい「やな場の料理人さんに聞く川魚の串打ち術」

SではなくWがポイント! 川辺のバーベキューで実践したい「やな場の料理人さんに聞く川魚の串打ち術」

2015.07.17

川魚の串打ち

炭のまわりに等間隔で並べられた魚は、それだけで美しい。これも計算された串打ちの技があってこそ。川辺のバーベキューでも実践したい「川魚の串打ち術」を川口やな場 男山漁場の綱和彦さんに聞いた。

【串打ち2つのコツ】
●大きなウグイ
魚の頭を手前にして口から串を入れたら、背骨の左の身からW字型に串を刺す。串は皮一枚でひねり、魚から出さないのが川口やな流。

川魚の串打ち

1尾打ち

●小さなウグイ、カジカ
肛門から背中に対し垂直に刺した串を、背骨にそってひねり、頭の後ろに抜く。尾を大きく反らせることで魚の生きの良さを演出する。

川魚の串打ち

(左)小物の2尾打ち、(右)カジカの3尾打ち

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • SではなくWがポイント! 川辺のバーベキューで実践したい「やな場の料理人さんに聞く川魚の串打ち術」

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。