大メスティンでステーキのせ!トウモロコシと新ショウガの炊き込みご飯 | BE-PAL

大メスティンでステーキのせ!トウモロコシと新ショウガの炊き込みご飯

2021.08.09

季節ごとの食をdelivery華表由夏の子どもと作るキャンプ料理「大メスティンでステーキのせ!トウモロコシと新ショウガの炊き込みご飯」

夏の野菜といえばトウモロコシ!大人も子どもも大好きです。スーパーでも手に入りやすい値段になってきて、ちょこちょこ買ってしまします。

トウモロコシは、北海道から九州まで広い範囲で栽培されています。わたしの故郷、青森にもそれはそれは美味しいトウモロコシがあるんですよ~。
その名も、「嶽きみ(だけきみ)」。「きみ」とは津軽弁でトウモロコシのこと。津軽富士と親しまれている、岩木山ふもとにある高原「嶽地区」で育ったプリっと甘いトウモロコシです。昼夜の寒暖差があるので美味しく育つんだとか。夏休みに叔父の家に遊びに行くと、必ず用意していてくれた思い出の味。おいしいものを食べさせようと、あっちへこっちは車を走らせ用意してくれていたんだなー、とありがたく感じています。思い出していたら、食べたくなってきました!今年は取り寄せて、楽しもうと思います。

収穫時期は8月中旬からとゆっくり。ぜひ皆さんにも食べてほしい!機会があればお試しくださいね。

材料

米2合
新ショウガ 1かけ
トウモロコシ 1本
塩 小さじ1/2
オリーブオイル 適量
ステーキ肉 1枚
ニンニク 1かけ
塩コショウ 適量
醤油 小さじ1
みりん 小さじ1
酢 小さじ1

作り方

新ショウガは千切り、トウモロコシは芯から外す。写真のように、安定するように短めの長さにしてから、まな板に立てて、包丁でそぎ切りにするとよい。芯からも、おいしい出汁が出るのでとっておく。

メスティンに、浸水しておいた米、水360cc(分量外)、塩を入れざっと混ぜる。新ショウガ、トウモロコシ、芯をのせたら中火にかける。沸騰したら火を弱め、15分程火にかけたら火をとめて蒸らしておく。

炊いてる間にステーキを焼きましょう。フライパンにオイル、薄切りにしたニンニクを入れ香りがたったら塩をしたステーキを入れて、両面焼く。

オイル、ニンニクの残ったフライパンに醤油、みりん、酢を入れて、ひと煮立ちさせる。フライパンにこびりついたあとも旨味になるので、こそげとるようにする。

トウモロコシの芯を外し、食べやすくカットしたステーキ、タレをかけたら完成!ぺろりと食べちゃいますよ。
おうちの炊飯器でつくる場合は、炊飯器の目盛りに合わせて水を入れたあとに、トウモロコシを載せて炊飯してください。

撮影/西山輝彦 https://www.plog.tokyo/blog

料理家
華表由夏(とりい ゆか)
青森生まれ、東京育ち。地図好きがこうじて世界の郷土料理を出すお店を営む。その後、飲食店のレシピ開発や広告のスタイリング、料理教室などに携わる。『こどもDIY部』で子ども向けの教えない料理教室“タベルノクラス”を開催している。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。