ハンモックをつるすには、どんなロープワークが必要?

超簡単ロープワーク
教えます。


 

野外でハンモックが、楽しい季節がやってきました。
第1回2回と、お店の紹介をしてきましたが、今回は、ハンモック専門店「すさび」の石原大輔さんに、ちゃちゃっと実践できる、簡単ロープワークを教わりましたヨ。

 

木にハンモックをくくるための結び方

 

ロープを選ぶポイントは、太さ、種類、素材の3点。

 

「ロープの種類は“ブレード打”と呼ばれる、16本の紐で丸編みしたロープが、よじれにくく見た目もきれいなので、おすすめです」

 

よく売られている“3ツ打”と呼ばれる3本の紐のロープは、よじれやすいので、選ぶ時にはしっかりチェック。

 

素材は綿よりもポリエステルの方が陽射しや湿気に強く、野外向き。

 

ロープを持ちます。長さは60cmぐらい。

 

半分に折ります。

 

さらに半分に折ります。

 

輪をつくって……。

 

キュッと結びます。

 

右の木ぐらいの太さがあれば大丈夫。木と木の間は、持っているハンモックの長さによって異なります。たゆんだ時に地面との距離が40cmぐらいあるように。

 

保護シートをつける。

 

輪にロープを通す。

 

ハンモックとの結び方

ハンモックの端とロープを手にする。

 

ロープを奥から手前に通す。

 

出てきたロープを後ろへ。

 

1周させる手前で、内側へ通す。

 

ギュッと引っ張って、完成! 縦に体重をかけるほど、どんどんギュッと締まっていく。

 

残りのロープが長く、気になってしまう人はねじってみても。

 

 

最後に、乗り方のコツも伝授します。

「手前に座って、足でぐいっとハンモックを広げるようにすると、いい感じにゆらゆらすしますよ」とのこと。やってみると、意外とココだ! という位置まで辿りつかず、難しいのですが、お試しあれ。

 

なお、ロケ地に使用した茅ヶ崎の「柳島キャンプ場」は、ほど良い距離に木が立っていて、良かったですよ~。

すさび
[住所]神奈川県小田原市栄町3-12-8 2F
[電話]0465-87-7923
[営業時間]13:00~18:00
[定休日]土曜・日曜・祝日 ※土曜日は予約により来店可。
http://www.rakuten.co.jp/auc-susabi/

 

◎構成=上浦未来