【ロープワークの基本】もやい結びの結び方と用途 | ロープワーク 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

PR

ロープワーク

2023.05.27

【ロープワークの基本】もやい結びの結び方と用途

テントやタープを張ったり、ランタンや食器を吊り下げたり、自分の体の安全を確保したり、ロープワークはアウトドアのあらゆるシーンで僕らを助けてくれます。今回はキャンプから犬の散歩まで、いろんなことに役立つ基本のロープワーク「もやい結び」の用途と結び方を紹介します。

もやい結びとは

r-29その名のとおり船を「もやう」(舫う=岸につなぎとめる)ときに使われる。英語ではBowline knot(ボーライン・ノット。Bow とは船首のこと)。

すばやく結べて、強度が高く、そのわりにほどくのが簡単なことから「キング・オブ・ノット」と呼ばれる。

結び方

1.輪を作り、末端をそこに通すr-30-12. 末端を矢印のほうにまわすr-30-2

3. 末端を矢印のように輪に通すr-30-34.この形になっていれば正解r-31-4
5.結び目を締めれば完成r-31-5

「引き解け」にすればほどきやすくなる

r-31-6

手順3 〜4 のときに末端をU字状にして輪に通すと、いわゆる「引き解け」になる。末端を引っ張れば、するりとロープがほどける。

もやい結びの用途

輪を作って杭状のものに引っ掛けるのが基本の使い方だが、モノを対象物に結びつけるときにも使える。

バケツで水を汲む

たとえば、川や池からバケツで水を汲むときに役立つ。また、水の入ったバケツにロープをくくりつけて、ペグが打てないときに張り綱を固定するのにも役に立つ。r-32-1

犬を木につなぐ

犬を木や杭につなぐときにも、もやい結びで結びたい。

r-32-3

カヌーを岸につなぎとめる

カヌーを岸につなぎとめるときにも役に立つ。「もやい」の語源的な使い方。r-32-2

もやい結びは、加重がかかったり抜けやすかったりする場合に、巻き結びやふた結びより強度がある。強い力がかかる状況下で絶対にほどけないようにしたい場合は、もやい結びで結ぶべし!

動画はこちら

イラスト/田中斉、長谷川弘 構成/DOCO(大塚真)、大澤竜二

PICK UP
高評価な「ロープワークの本」

NEW ARTICLES

『 ロープワーク 』新着編集部記事

棒結びの結び方!手順や注意点から活用方法まで解説!

2024.06.20

パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

2024.06.08

スネークノットの結び方を解説!細かな手順から実際の使用例まで紹介

2024.05.21

テグスの結び方は?キャンプでも使える手順を解説!

2024.04.26

ロープで輪っかを作る結び方!キャンプで活躍する結び方をこれでマスター

2024.04.20

柱へのロープの結び方8選!キャンプで活躍するスキルを身に付けよう

2024.02.20

南京結びって知ってる?トラック荷台の結び方だけどキャンプでも便利だぞ!

2024.02.06

ガイロープのおすすめ8選!パラコードとの違いや選び方も解説

2023.11.20