オーロラを見るなら絶対に泊まりたい!憧れの北欧「ガラスイグルー」 | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • オーロラを見るなら絶対に泊まりたい!憧れの北欧「ガラスイグルー」

    2020.01.26

    私が書きました!
    ノマドトラベラー
    みずき じゅり
    2014年から約5年かけて103ヶ国旅した旅女子!現在もフルリモートで旅行業界およびメディアで働かせていただきながら旅を継続しています。趣味はスキー・キャンプ・山登りなどのアウトドアをはじめスポーツ観戦、美術鑑賞など幅広いですが基本的には国内外問わず自然が豊かなところへ足を運ぶことが多いです。「アウトドア」をより多くの方々に楽しんでいただける様ジャンルに偏らない様々な情報を配信しています

    地球で最も美しい自然現象の一つ、オーロラ

    突然ですが、皆さんオーロラを見たことがありますか?

    漆黒の夜空に突如として現る美しい光のカーテン「オーロラ」。緯度60〜70度辺りで観測される神秘の現象で、「この地球で最も美しい自然現象の一つ」ともいわれる憧れの存在です。

    今回はそんな憧れのオーロラ体験にオススメな宿泊施設『ガラスイグルー』を紹介したいと思います。

    Photo by Arctic Snow Hotel &Glass Igloos

    オーロラはどこに行けば観測できるか

    この地球が私たちに見せてくれる壮大な天体ショーの一つ「オーロラ」。

    一体どんな国や都市で観測することができるのでしょうか?観測にオススメな国や都市を以下でいくつか紹介したいと思います。

    ・フィンランドのラップランド地方およびノルウェー、スウェーデン北部

    ・アイスランド

    ・カナダ(イエローナイフ、ホワイトホース)

    ・アメリカ合衆国のアラスカ地方

    これから紹介するガラスイグルーは主に北欧にあるため、上に挙げた国々はあくまでオーロラを観測できる場所として捉えていただけると幸いです。

    イグルーとは何か?

    Photo by Arctic Snow Hotel &Glass Igloos

    「イグルー」はカナダのエスキモー系民族、イヌイットの言語で「狩猟に出掛けた先の風や寒さから一時的に身を守るためのシェルター」という意味をもちます。

    一般的には圧雪ブロックを用いた、私たちが住む日本でいう「かまくら」の様なドーム状の構造ですが、地域によりその建築材料は異なると言われています。

    最近では、ドーム型の建造物を含めて「イグルー」と総称する様に変化しました。その種類は圧雪ブロックで構成されるオリジナルなものから、グランピング施設で見かけるようなビニール製のドーム式テントまで多岐にわたります。

    今回紹介する「ガラスイグルー」は、そんなイヌイットの知恵と工夫を利用して生み出されたガラス天井の現代版シェルターです。

    オーロラ鑑賞なら絶対にガラスイグルー!3つの魅力

    1 開放感たっぷりのガラス天井から楽しむ満点の星空やオーロラは最高

    Photo by Arctic Snow Hotel &Glass Igloos

    ガラスイグルーが持つ最大の魅力は、なんと言ってもガラスでつくられた開放感たっぷりの天井です。

    オーロラが観測できる時期は一般的に多くの国や地域が冬のシーズンにあたるため、特に子連れや高齢の方は寒さ対策をしっかりとしていく必要があります。

    実際に私がはじめてオーロラを観測しに出掛けた時も外の気温は氷点下10度と寒く、長時間外でオーロラの出現を待ち続けるのはとても厳しかったので、最終的には暖かいコテージに避難してホットワインをいただいていました。

    残念だったのは、室内で暖をとっている間にオーロラが現れてしまったことでした。オーロラはあくまでも自然現象の一種に過ぎないため、その出現のタイミングや観測可能時間の長さはなかなか予想出来ないもの。

    後日オーロラはしっかりと観測することが出来ましたが、出来れば滞在中は一度も見逃したくないですよね。

    ガラスイグルーに泊まれば、寒い中我慢して外でその出現を待ち続ける必要もなければ、風邪をひく心配もありません。

    オーロラが現れるまでは暖かいお部屋で満点の星空を楽しみながら、思い思いの時間を過ごしてください。ベッドに寝そべりながら見上げるオーロラは格別の美しさを誇ります。

    まるでオーロラを独り占めしているかのような気分に浸る体験が出来るのは、ガラスイグルーならではでしょう。 

    2 それぞれの客室が独立しているから子連れでも安心して過ごせる

    Photo by Arctic Snow Hotel & Glass Igloos

    小さいお子さんを連れての旅行は何かと心配事が付きもの。飛行機や新幹線での長時間の移動はもちろんのこと、滞在先で周囲に迷惑を掛けないかどうかなど色々と気になってしまいますよね。

    ガラスイグルーの魅力2つ目は「それぞれの客室が独立しているから子連れの方でも安心して過ごせる」ということです。ホテルの客室では大きな声や足音がどうしても周囲の客室に伝わってしまうもの。

    ガラスイグルーに泊まれば、そんな悩みからも解放されて心ゆくまでくつろいで頂けます。それぞれのプライバシーがしっかりと守られているのはとても嬉しいポイントです。

    3 中は意外と広々としているからグループ旅行にも◎

    Photo by Arctic Snow Hotel & Glass Igloos

    3つ目の魅力は、意外と広々としているその内部構造です。ガラスイグルーの最大宿泊可能人数は一棟あたり4〜5人と見た目の割に広く、家族やお友達と一緒のグループ旅行でもゆったりと利用できるという特徴があります。

    特に4人以上での旅行の場合、各自ベッドが備えられているというのは嬉しいですね。

    天井が360度ガラスでつくられたイグルーに泊まれば、全員が平等に満点の星空やオーロラを楽しむことが出来ます。

    感動のオーロラはガラスイグルーで楽しもう!

    Photo by Arctic Snow Hotel & Glass Igloos

    いかがでしたか?今回は冬の今だからこそ楽しみたい自然アクティビティーである「オーロラ観測」を楽しむために最適な宿泊施設「ガラスイグルー」を紹介しました。

    寒い時は氷点下30度近くにも及ぶ極寒の環境で出現を待つオーロラ観測は、小さい子供や高齢者をはじめ、多くの方々にとって体力的に厳しいと思います。

    ガラスイグルーに宿泊すれば、誰でも暖かいところで安心して天体観測を楽しむことが出来ます。

    ガラス製の天井の大きさは宿泊する施設により異なり、写真のように天井全体がガラスで出来たものもあれば、ベッドに寝そべった時に目に入る景色部分のみガラスで出来たものなど様々なので、宿泊予約を行う際はいくつかのホテルを施設設備や値段と共に比べてみることをオススメします。

    皆さん、この冬は是非ガラスイグルーに泊まって感動のオーロラ体験を楽しんでくださいね。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    憧れの「氷河特急」に乗る冬のスイス旅!ツェルマットからサンモリッツへ

    2023.01.31

    崖とアートが好奇心をくすぐる!オーストラリア・ブリスベンのリバーウォークめぐりの楽しみ方

    2023.01.30

    リバーウォーキングがエンターテインメントになった!オーストラリア・ブリスベンの楽しい仕掛け

    2023.01.28

    佐藤ジョアナ玲子、2023年最初の旅はアウトドアのパラダイス・ニュージーランドへ!

    2023.01.27

    マングローブ遊歩道にアボリジナルアート も!ブリスベンのリバーウォークは見どころがいっぱい

    2023.01.24

    オーストラリアの川の街・ブリスベン「摩天楼ボードウォーク」と植物園を歩く

    2023.01.24

    z