【南アフリカ探訪記】 サバンナを疾走するゲーム・ ドライブで出会った野生動物たち(前編) | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

【南アフリカ探訪記】 サバンナを疾走するゲーム・ ドライブで出会った野生動物たち(前編)

2015.12.02

 sa0704

ゲーム・ドライブの参加者の間でよく話題にされるのが、「ビッグ・ファイブ」と呼ばれるゾウ、サイ、ライオン、ヒョウ、バッファローのうち、何種類まで見ることができたか、という話です。ですが個人的には、「ビッグ・ファイブ」はアフリカの自然の魅力の一部分でしかない、と感じました。もっと小さな動物たちにも、個性豊かな魅力の持ち主はたくさんいます。上の写真は、夕闇の中で物憂げに座り込む、ブラックバック・ジャッカル。

 sa0705

僕たちが乗るサファリカーのすぐそばを、トコトコと駆け抜けていったイボイノシシたち。プリッとしたお尻と尻尾が何とも言えずかわいいです。

 sa0706

ピーランスバーグ国立公園でもっともよく見かける動物が、インパラです。ここでは雌のインパラたちが、全方位を見渡しながら周囲の様子に気を配っていました。

 sa0707

優美な形の角を生やした雄のインパラたち。何事かを鳴き交わしながら、夕闇の中を走り去って行きました。

 sa0708

夕暮れ時に草を食むスティーンボック。ちょこんと生えた角と、コンパクトな身体から伸びるすらりとした脚がきれいな動物です。南アフリカのサバンナには、他にもまだまだたくさんの野生動物が生息しています。

(後編に続く)

▼著者プロフィール
山本高樹 Takaki Yamamoto
著述家・編集者・写真家。インド北部のラダック地方の取材がライフワーク。2016年春に著書『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々』の増補新装版を雷鳥社より刊行予定。
http://ymtk.jp/ladakh/

▼取材協力クレジット
取材協力:南アフリカ観光局
http://www.south-africa.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外の旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。