はじめてのキャンプ~テント設営のポイント~ | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • はじめてのキャンプ~テント設営のポイント~

    2015.09.16

    はじめてキャンプをするときに、いちばん心配なのがテントが上手に建てられるのか?ということ。とくにファミリーで泊まれる大型テントは、見るからに設営が難しそう……。シルバーウィーク前にそんな不安を取り除くべく、テント設営ポイントを伝授いたします!

    コールマン1.ポールを組み立て、テントのスリーブ(ポールを通すトンネルのような場所)にポールを入れる。自立式のテントなら2本が多いが、前室を作るために3本になっていたり、カタチが特殊なタイプは本数が増えることもある。そのときはスリーブの場所がわかりづらいので、ポールを入れる前にまずはテントを広げて、それぞれの長さを合わせてみるといい。

    コールマン2.ポールを立ち上げて、テントの4つ角にある穴にポールの先を入れる。2人以上いるときは、協力して同時に立ち上げると楽だ。

    コールマン3.スリーブの延長線上にポールをテントと接続するフックが付いているので、それをポールに引っ掛ける。

    コールマン4.テントにフライをかけ、テントの4つ角と接続する。

    コールマン5.ペグを地面に打つ。テント本体の4つ角を対角線上に打ち、その後にフライの4つ角、前室の順番に打つと、キレイに張れる。このとき、地面に対して垂直ではなく、少し斜めから打ったほうが外れにくく、フライがピンとなる。

    【カナヅチがないときは】
    コールマン脚で押し込んだり、石を使って打つと、しっかりとペグを地面に刺せる。

    あっという間にテントが完成です!
    次回は、撤収のポイントをご紹介します。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    おすすめのペグケース11選!タイプ別に特徴とメリットを解説

    2023.02.05

    今、再評価されている湯たんぽ!冬キャンプでの魅力と注意点を徹底解説

    2023.01.06

    「ガースヒッチ」はどう結ぶ?【すぐわかる!基本のロープワークその8】

    2023.01.05

    「固め止め結び」はどう結ぶ?【すぐわかる!基本のロープワークその7】

    2023.01.05

    「片輪結び」はどう結ぶ?【すぐわかる!基本のロープワークその6】

    2023.01.05

    「巻き結び」はどう結ぶ?【すぐわかる!基本のロープワークその5】

    2023.01.05

    z