夏キャンプは暑さが最大の敵?対策法からおすすめのグッズまで紹介! | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプのコツ

    2024.06.26

    夏キャンプは暑さが最大の敵?対策法からおすすめのグッズまで紹介!

    夏キャンプに行きたいけど、暑さが心配……。そんな不安があり、夏キャンプへ行くのをためらう人も多いはず。でも大丈夫。暑さ対策や必需品をしっかり準備すれば、夏キャンプも快適に過ごせるのです。ここでは、夏キャンプを快適に楽しむための暑さ対策法やおすすめのグッズを紹介します。ぜひ参考にして、今年の夏はキャンプを存分に楽しみましょう!

    暑さが最大の敵となる夏キャンプ

    川遊びをする子ども

    夏キャンプの楽しみといえば、川遊び!

    夏キャンプは、川遊びや海水浴、虫取りに花火など、夏ならではのアクティビティが満載です。さらに陽が長いのも嬉しいポイント。自然の中で、家族や仲間とゆったりキャンプ時間を楽しめます。

    しかし言わずもがな、真夏のキャンプで最大の敵となるのが「暑さ」。炎天下のもとのテントの設営、エアコンのない環境での衣食住は、想像以上に過酷です。

    夏キャンプを台無しにしないためにも、暑さ対策は徹底して行いましょう!

    夏キャンプの暑さ対策法

    では、暑さに負けないキャンプを楽しむために、具体的にどのような対策が必要なのでしょうか。

    ここでは夏キャンプの暑さ対策法を5つご紹介します。

    対策法①テントの設営は日陰や風下に

    木陰とテント

    暑い時期のキャンプ場選びは、木陰の有無がとても重要なポイント。

    テントを設営する際は、日差しを避けて木陰や風通しの良い場所を選びましょう。

    直射日光の当たる場所にテントを張るとテント内がサウナ状態になってしまい、とてもじゃないけどテントで寝泊まりするなんてできません。

    日陰や風下に設営することで、テント内の温度上昇をかなり抑えられます。つまり、夏キャンプではサイト選びがとても重要なのです。

    どうしても日陰のないサイトでテントを張らなければならない……という事態になってしまったら、タープで日陰を作り、その下にテントを張るようにしましょう。

    対策法②通気性のいいテントを準備

    コールマンツールームカーブの内部

    メッシュ素材で、風の流れを考えたテントなら暑い夏でも快適です。

    夏キャンプ用のテントは、通気性の良いものを選ぶことが大切です。

    メッシュ素材の窓や通気口が多いテントは、空気の流れが良くなり、テント内の熱がこもりにくくなります。

    通気性のよいテントでさらに扇風機で風の流れを作れば、テントの中が劇的に過ごしやすくなりますよ。

    ベンチレーション(空気の流れ)が計算されたテントもたくさんあるので、夏キャンプ用にテントを選ぶ際のポイントにしましょう。

    対策法③保冷剤など冷たいものを忘れずに

    冷感タオルとネッククーラー、保冷剤

    自宅にある冷え冷えアイテムは総動員しましょう!

    温暖化の昨今、クールリングや冷感タオルなど、バリエーション豊かな冷感グッズが販売されています。これを街中だけでなく、キャンプでもどんどん活用しちゃいましょう。

    冷たいものを身に付けるだけでも、大きく体温を下げる効果があります。

    クーラーボックスの保冷剤も、他のシーズンより多めに入れておきましょう。アウトドア用の強力な保冷剤の使用がおすすめです。

    対策法④日焼け対策も万全に

    ラッシュガードを着た子ども

    どんなに暑くても、炎天下の川遊びはラッシュガードなどで紫外線をガードしましょう。

    夏のキャンプでは、日焼け対策も欠かせません。露出が多くなる季節でもあるので、特に気を付けたいポイントです。

    日焼け止めクリームやUVカットの服、帽子などを駆使して、紫外線対策を万全にしましょう。

    特に子供の肌は大人より敏感なので、こまめに日焼け止めを塗り直し、肌を守ってあげることが大切です。

    対策法⑤寝具も暑さ対策を忘れずに

    扇風機と少年

    アウトドア用の扇風機は昼も夜も大活躍!

    キャンプ場の立地によっては、夜も暑く寝苦しさを感じることも。そんな時は、寝具の選び方を工夫してみましょう。

    夏用のシュラフや冷感素材の敷きパッドを使うと、寝苦しさが和らぎます。コットも地面との通気が保てるので熱帯夜対策にぴったりです。

    扇風機やサーキュレーターも持参すれば、就寝時の暑さ対策はバッチリ。電源サイトを選ぶ、もしくはポータブル電源を持参する等、電源の確保もお忘れなく。

    そのほか夏キャンプで気をつけたいポイント

    暑さ対策以外にも、夏キャンプで気をつけたいポイントがあります。これらを怠ると大きな事故にもつながりかねないので、しっかり対策をとりましょう。

    熱中症対策も必須

    スポーツドリンクと子ども

    水分だけでなく塩分も重要。夏キャンプにはスポーツドリンクが最適解です。

    夏キャンプでは、熱中症のリスクが高くなります。

    こまめな水分・塩分補給と休憩を心がけ、体調の変化に気を配りましょう。

    少しでも体調に違和感を感じたら決して無理をせず、涼しいところで身体を休めてください。

    虫対策を忘れずに

    ハッカ油と蚊取り線香

    ハッカ油も虫除けには効果的。薬剤に抵抗のある人には特におすすめです。

    蚊やブヨ、ハチにハエ……夏は虫の活動も活発になる季節です。

    虫除けスプレーや蚊取り線香などといった虫除けグッズを活用しましょう。ハッカ油などのハーブも効果的です。

    虫さされ用の外用薬も忘れずに。ハチやムカデなど毒のある虫に刺されたときに備え、ポイズンリムーバーもあれば安心です。

    肌の露出を控えめにすれば虫に刺されるリスクを減らせるので、服装にも工夫するといいですね。

    夏キャンプは万全の準備をして楽しもう!

    花火をする子どもたち

    花火も夏キャンプならでは。暑さ対策をしっかり取つつ、夏の思い出をつくりましょう。

    夏キャンプを快適に楽しむためには、暑さ対策や虫対策など、万全の準備が欠かせません。

    暑さに負けないよう、テントや寝具、日焼け対策グッズなどをそろえておきましょう。子供と一緒のキャンプなら、熱中症予防や虫刺され対策にも十分気をつけてくださいね。

    準備を整えたら、あとは夏の自然を思い切り楽しむだけ。家族や仲間と過ごす夏キャンプの思い出は、きっと一生の宝物になるはずです。

    暑さに負けず、夏キャンプを満喫しましょう!

    profile
    私が書きました!
    フリーライター
    ナカヤマナツコ
    会社員の傍らライター業を行う3児の母。独身時代キャンプにハマり、それが高じてテントを担いで山を登るのが趣味に。現在は、休日に子どもたちとキャンプに行くのが楽しみ。アウトドアこそ一番の知育。子供たちとテント泊をしながら山々を歩き渡る日を夢見ています。

    あわせて読みたい

    【ソーラークッカー】は、これからの夏キャンプの必需品かも!?[読者投稿記事]

    「夏のキャンプの必需品」コンテスト結果発表!

    キャンプデビューに必要な道具一式とは?春~初夏キャンプのメリット

    クーラーボックス、虫対策、暑さ対策…夏キャンプの必需品まとめ

    THERMOS(サーモス)/真空断熱ジョッキ600ml

    これが1万円台で買えるの!? コメリの洒落たクーラーボックスを試してみた

    キャンプ×絵日記はメリットだらけ!子どもとコミュニケーションを取る最高の方法だ

    キャンプ飯のレシピ38選!おつまみや簡単にできる時短料理などプロのおすすめを厳選

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    バーベキューで使う炭には種類がある?必要な量から火の付け方まで解説!

    2024.07.18

    ギアレンタル0円、宿泊0円…キャンプにまつわる無料トピック集めました!

    2024.07.03

    このキャンプギアすべて0円!愛媛・松山市青少年センターの無料レンタルがすごっ

    2024.07.03

    キャンプの語源はラテン語から?目的別のキャンプの楽しみ方も合わせて解説!

    2024.06.23

    棒結びの結び方!手順や注意点から活用方法まで解説!

    2024.06.20

    パラコードを使う際の結び方!キャンプで活躍する7つの方法を紹介

    2024.06.08

    キャンプに行く際の服装は?最低限必要なものとおしゃれなコーデまで解説!

    2024.06.03

    ソロキャンプ女子必見!安全に楽しむための防犯対策とは

    2024.05.31