【BE‐PAL×CAMP HACK連携企画 ママキャンパーに聞け!】第6回 | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【BE‐PAL×CAMP HACK連携企画 ママキャンパーに聞け!】第6回

    2018.03.10

    ママキャンプの達人に教わるお役立ち情報満載の、BE‐PAL×CAMP HACK連携企画。

    第6回目は「収納術」。ママキャンパーが実践しているアイデアや工夫を一挙公開。道具をどうやってコンパクトかつオシャレにまとめるか、どのように車に積載するか……。ぜひ、参考にしてくださいネ!

    【菅谷由理子さんファミリー】

    キャンプ歴15年以上の大ベテラン。年間8回、20泊程度しているそう。長年の経験から生まれた菅谷家オリジナルの収納の法則が決まっていて、チームワークよく設営&撤収!

    菅谷ファミリーのキャンプ道具一式。「ブルーシートはいちばん最後に積み、最初に取り出します。ブルーシート敷いたり、テーブルを組み立てて、その上に濡らしたくないものを置き、設営をはじめるといいですよ」と、由利子さん。

    【飯田みどりさんファミリー】

    6歳の男の子と3歳の女の子がキャンプを楽しめる年齢になったのを機に、2年ほど前から、ママ主導でファミリーキャンプ・デビュー。オシャレかつ実用的な収納ワザに注目!

    飯田ファミリーのキャンプ道具一式。「取り出す順番を考えて、車に詰め込んでいます。荷室を有効に使えるように、なるべく四角い収納BOXを利用しています。やはりブルーシートはいちばん最後に積みこみますね」と、みどりさん。

    車に積みこむ際は、まずは重たいボックスタイプの収納箱をレイアウト!

    キッチンツールや食器類、遊び道具など、こまごまとしたものは、コンテナなどのボックスに収納して、車へ積みこむ。四角い箱を多用すれば、隙間なく詰め込むことができる。

    ちなみに飯田家ではリンゴ箱を収納箱として愛用(自宅では本棚として使っているとか)。中身を取り出したあとは、テーブルに変身! 見た目もオシャレ♡

    リンゴ箱は、青森などのリンゴ屋さんからネットで購入したそう。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    徒歩キャンプしてる?自分の足を使って行く“不便な”キャンプが魅力的な理由

    2022.12.03

    「テントの入り口は風上にする」は正しい?間違い?風が吹く日の対策を徹底解説

    2022.11.24

    寝袋を上手にしまうコツと収納に便利なコールマンのアイデア商品を紹介

    2022.11.18

    「2ルームテントは初心者向け」というのは本当か?真偽を調べてみた

    2022.11.13

    ソロキャンプ初日の簡単ランチは、インスタントラーメン級の手軽さでレストランの味を楽しもう!

    2022.11.03

    キャンプデビューは3歳がいい!初心者が知りたい子連れキャンプの疑問3選

    2022.10.23