アラスカの原野に建つキャビン。カリブー・ロッジで過ごす日々 | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2018.03.21

    アラスカの原野に建つキャビン。カリブー・ロッジで過ごす日々

    アラスカ 冬の旅3

    カリブー・ロッジは、タルキートナから直線距離で南東に20数キロの場所にある、ウィルダネス・ロッジです。周囲には町も人家も何もなく、見渡すかぎり、アラスカの原野が広がっています。

    ■カリブー・ロッジ
    https://www.cariboulodgealaska.com

    タルキートナからカリブー・ロッジまで、道路などはつながっておらず、夏は水上飛行機でロッジの前の湖へ着水、冬はソリ付きの飛行機かヘリコプターで凍結した湖の上に着氷というのが、主なアクセス方法となります。雪のある時期はスノーモービルでも行き来できるそうですが、夏に森を抜けて歩いていくのは、相当きつい行程だそうです。

    このロッジはかつて、狩猟客用のキャビンとして建てられた後、長い間打ち棄てられていたそうですが、モンタナ州から移住してきたマイクとパム夫妻がレストアし、ウィルダネス・ロッジとしての経営を始めました。現在は新たなオーナーとして、ジョーとボニー、ザックとアリッサの兄弟夫婦がロッジを経営しています。メインキャビンには暖かな薪ストーブとソファ、見晴らしのいいダイニングルームなどがあります。

    宿泊客は、独立した小さなキャビンで寝泊まりします。寒さの厳しい冬でもガスストーブを使えるので、室内は暖かくて快適です。トイレは屋外にあるので、夜中に用を足したくなった時は、起き出すのにちょっと気合が必要ですが(笑)。

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    辺境ノンフィクション作家 高野秀行さんに聞く「結果としての冒険」【動画公開中】

    2024.02.23

    ニューイングランドトレイルを半分残し、今季は終了!【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.16】

    2024.02.21

    いよいよ最後のキャンプ地ウィンザーロックス・テントサイトへ【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.15】

    2024.02.18

    メキシコのコロナド島で体験した「灼熱ハイキング」をご紹介!

    2024.02.15

    ハロルド・アーキー・キャンプエリアで何もしない1日を過ごす【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.14 】

    2024.02.15

    真下は海!断崖絶壁を渡る「ヴィア・フェラータ」にポルトガルで挑戦してきたよ

    2024.02.14

    アメリカをのんびり歩いたのは初めて!いよいよコネチカット州へ【プロハイカー斉藤のアメリカ東海岸トレイル行状記 vol.13】

    2024.02.12

    東京湾に潜んでいた要塞&秘密基地!「猿島」探検に行ってみた

    2024.02.09