ファミリーキャンプは準備が命!帰宅後にバタバタしない3つのコツ | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプのコツ

    2023.07.18

    ファミリーキャンプは準備が命!帰宅後にバタバタしない3つのコツ

    ファミリーキャンプに出かけたい季節!

    ファミリーキャンプ前日や、当日の帰宅後は、何かとバタバタしてしまいがち。

    事前にやることリスト・持ち物リストを作っておいたり、車にできる限り荷物を積んでおいたりしても、いざとなるとなぜか慌ただしくなってしまいますよね。

    そんな一連の慌ただしさを解消するために、2児のママキャンパーである筆者が、キャンプ前後に実践していることをまとめました。

    子どもを連れてファミリーキャンプに行く予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

    パパママキャンパーが意識したい3つのポイント

    ファミリーキャンプの準備や片付けをスムーズにするためのポイントは、以下の3つです。

    • 事前準備は子どもも含め役割分担をする
    • キャンプ当日の朝にすべきことを極力減らす
    • 帰宅後にやらなければならないことをあらかじめ想定し、出発前に準備しておく

    今回は、週末を利用してファミリーキャンプへ行く、という設定で、それぞれのポイントについて解説します。

    (1)事前準備は役割分担が必須

    キャンプの準備をスムーズに行うためには、家族内の役割分担が欠かせません。

    パパ、ママ、子どもたちがそれぞれすべきことを、話し合って明確にしましょう。

    我が家の場合、主にパパは車への荷物の積み込み、ママは調理の準備を担当。そして小学生の子ども2人には、各自の支度を担当させています。

    そうすることでパパママは余裕ができ、子どもには責任感が生まれます。

    さらに、キャンプ当日に着る服をあらかじめ用意しておいてもらえば、出発当日の朝にパパッと家を出ることが叶いますよ。

    忘れ物がないよう紙に書いてチェック!

    とはいえ、初めてキャンプに行く時は、親が子どものサポートをしてあげましょう。

    紙に持ち物を書いて渡し、子どもが1つずつチェックしながらバッグに入れられるようにしてあげると、漏れがなく安心です。

    支度ができたら、中身を最終チェックしてあげましょう。

    はじめはうまくできなくても、キャンプの回数を重ねるごとに、びっくりするほど支度が上手になっていきますよ。

    キャンプに慣れて子どもたちに余裕ができてきたら、効率的な荷物の詰め方を教えてあげてもいいでしょう。

    キャンプ2日目の着替えをリュックの一番下に入れて、その上にパジャマを乗せるなど、荷物を使う順番を意識して詰めておくと、現地で荷物がぐちゃぐちゃになってしまうことを防げます。

    子どもはあっという間に知識を吸収するので、次の回からはさっそく覚えたことを実践してくれるはずです。

    (2)キャンプ当日の朝にすることを極力減らそう

    キャンプ当日の朝は、思わぬアクシデントに見舞われることもあります。

    そんな場合に備えて、洗濯などは前日の夜に済ませておきましょう。

    食材は冷蔵庫の中でひとまとめにしておきます。

    キャンプで使う食材の準備も、前日の夜に行うことをおすすめします。

    以下のような準備をしておくと、キャンプ場での調理がスムーズに進みますよ。

    • 食材をカットして袋に小分けする
    • お米を、炊く分だけファスナー付き袋に入れ、飯盒の中に入れておく
    • お肉に下味をつけて冷凍しておく

    食材を小分けにしておけばトレーなどのゴミを現地で出さなくて済み、冷凍したお肉は保冷剤代わりになります。それぞれ、一石二鳥と言えますね。

    加えて、当日の朝食は時短を意識するとGood。グラノーラやサンドイッチなど、火を使わずにパパッとできるものにすれば、時間にも心にもゆとりが生まれます。

    (3)帰宅後のことを想定して先回りする

    一番に気になるのは帰宅後の食事

    キャンプから疲れて帰ってきた夜、さっそく直面する問題が、夕飯の支度です。

    ヘトヘトの中でキッチンに立つのは、いくらパパママであってもつらいですよね。

    そんな時に備えて、我が家ではあらかじめ、パン、納豆、もずく、お豆腐など、調理不要ですぐ食卓に出せるものを用意しています。

    蕎麦やうどんなどの乾麺を常備しておいてもいいですね。キャンプからの帰り道で食材を買う必要もなくなり、気持ちがグッと楽になりますよ。

    子どもの学校の準備も忘れずに

    キャンプに出発する前夜、すなわち金曜日の夜に月曜日の学校の準備をしておくと、帰宅後にゆっくり過ごせます。

    子どもは、なかなかキャンプ後のことにまで気が回らないもの。ここでも、親のサポートの出番です。

    「明日からキャンプだから、今日のうちに宿題を頑張ろうね!」「月曜日の持ち物を確認しておくと、帰ってきた時にゆっくりできるよ!」と言うと、積極的に月曜日の準備に取り組んでくれますよ。

    キャンプ前後の時間を有効に使おう

    キャンプ前後もゆったりしたいなら、先回りした準備が重要!

    初心者パパママキャンパーがキャンプ前後に行っておくべきことをご紹介しました。帰宅後の状態まで想定しておくだけで、家庭でのバタバタ度合いがグッと下がりますよ。

    気持ちにもゆとりができ、キャンプを心から楽しむことができるようになります。

    家族で協力して、準備の段階から楽しめるようになると、もう上級者の仲間入り!ぜひ回数を重ねて、コツをつかんでいってくださいね。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ムスカリ
    経験ゼロスタートの2児の母キャンパー。アウトドアブログ“ブッシュクラフトLIFEWORK”を運営する傍ら、アウトドアインストラクターのアシスタントとしても活動中。アウトドアで人生が変わる!をモットーに子どもと一緒にファミリーキャンプ&ブッシュクラフトキャンプを満喫。焚き火とキャンプ飯、そしてモノづくりが好きで、アウトドアグッズを商品化するのが夢。

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    柱へのロープの結び方8選!キャンプで活躍するスキルを身に付けよう

    2024.02.20

    南京結びって知ってる?トラック荷台の結び方だけどキャンプでも便利だぞ!

    2024.02.06

    冬キャンプで失敗しないために必携の持ち物とは?経験者が明かす三大失敗談も

    2024.01.30

    スノーキャンプの魅力と持ち物を解説。女子キャンプで挑戦した冬遊びや防寒具も!

    2024.01.15

    アウトドアこたつで寒さを吹き飛ばせ! 夜の長い冬キャンは星空観察に絶好だ

    2024.01.05

    冬キャンプの必需品13選!テントから防寒着・防寒アイテムまで紹介

    2023.11.21

    ガイロープのおすすめ8選!パラコードとの違いや選び方も解説

    2023.11.20

    冬バーベキューの魅力は?おすすめ料理や寒さ対策・注意点を解説

    2023.11.17